漫画『生徒会探偵キリカ』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『生徒会探偵キリカ』とは

講談社から発行されている少年誌『月刊少年シリウス』にて2012年6月号から2015年5月号まで連載していた作品で、ジャンルはミステリー要素を含んだ学園ラブコメディである。原作は杉井光、作画はYUI、キャラクター原案はぽんかんで単行本はシリウスKCより刊行されている。

MEMO
『 生徒会探偵キリカ』はeBookJapanで1巻から最新巻である9巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年11月29日確認)

『生徒会探偵キリカ』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
何でもできる秀才な姉と比較され続けて来た主人公・牧村ひかげは現状を打破すべく親元を離れ、中高一貫のマンモス校である白樹台学園に高等部から編入します。中等部からエスカレーター式で進学する学生が多い同校において、編入3日目にしても友達すらできていないひかげを見かねた担任の千早先生は、授業に一切顔を出さないクラスメイト、聖橋キリカの進路調査票を届けるように依頼。彼女のいる生徒会室へ行こうとすると、今まで話したこともないクラスメイトが次々にひかげの周りに集まり、生徒会室へ行く際は気をつけるようにと次々念を押してくるのです。恐る恐る生徒会室の扉を開けるひかげですが、扉の先には絢爛豪華な部屋があるだけでした。ホッと胸をなでおろすひかげでしたが、あたりを見渡すと、会長、副会長、会計など、役職に応じた個室が設けられていることに気付きます。キリカの担当である会計個室の扉をノックし、進路調査票の話をすると、キリカは自身が担当している8億円もの運営費について話し出します。役割を持って学園に寄与しているキリカを目の当たりにしたひかげは会計として活動しているキリカを称賛するのですが、これがキリカの心を開くきっかけとなるのです。頑なに閉ざしていた会計個室の扉を開けたキリカは進路調査票に生徒会役員と書くようにひかげに指示を出すのですが、そこにちょうど生徒会長と副会長が戻ってきて…。

『生徒会探偵キリカ』2巻のあらすじ・見どころ

新任教師の春川先生から、音楽資料室で発見したという二十二万円の不明金が生徒会に届けられます。口止めするものの音楽科の学生にはすでに周知のようで、多数の部活が不明金の所有権を主張して押しかけてきます。ひかげは音楽科棟へ、春川先生の口止めの念押しと、不明金の調査に向かいます。不明金の出所を確認するために各部長に帳簿の提出を求めるも、顧問に一任していて帳簿はないといいます。しかしそれら複数の部活の顧問を兼任していて、部費も管理していた東村先生は退職してすでに学園にはおらず、確認することはできません。東村先生に疑惑を抱きつつも確信のもてないひかげに、キリカが再度――学生寮窃盗事件からひかげを救ったときのように、生徒会探偵として真犯人を指し示します。

『生徒会探偵キリカ』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

牧村ひかげ

本作の主人公。黒髪の至って普通の男子高校生。2人姉弟で、頭脳明晰・容姿端麗な姉、牧村ひなたと比較され続ける毎日に嫌気が差し、寮が完備されている白樹台学園へ高等部から編入する。普通科1年F組に在籍しており、担任の千早先生からの依頼がきっかけで総務執行部の面々と関わることになる。

聖橋キリカ

本作のヒロイン。頭につけた白と黒の大きなリボンと首に巻き付けられた腕章が特徴的な女性。外見は小柄で髪はボブとセミロングの中間。ひかげと同じ普通科1年F組に在籍しているが基本授業には出ず、総務執行部の会計個室に引きこもっている。ひかげに自身の役員業務を称賛されたことで心を開く。幼い見た目を非常に気にしており、バストサイズの話となると急に怒り出すほど。実は総務執行部会計役員の他に特務役職である「探偵」の一面も持っており、学園内で起こる様々な事件の解決も行っている。

天王寺狐徹

生徒会総務執行部の会長で「狐徹」という名前だが性別は女性である。黒髪ツインテールとDカップの豊満なバストが特徴的で自称レズ。生徒会長を異例の中等部1年時から務めており今年で4年目の高等部2年生で全校生徒からライオンの異称で恐れられながらも親しまれている。

竹内美園

生徒会総務執行部の副会長で高等部からの編入者。ひなたと同じ中学校に通いお世話になっていた過去があるため、ひかげの生徒会執行部入を歓迎する。ブロンドのロングヘアと青い瞳が印象的なハーフの女性で、モデル体型も相まって学園のマドンナとされている。

2巻

春川

高等部音楽科の新任女教師。第四音楽資料室に白樹台高校生徒会と書かれた二十二万円入りの封筒を発見し生徒会に届ける。実習生時代に学生と恋愛して失敗した。思い込みがはげしく、ひかげのちょっとした言葉から恋愛沙汰と勘違いした。

久米田郁乃

監査委員会委員長。ウェリントン型の眼鏡。右のサイドテール。関西弁。監査と称して、副会長の美園に強引にスキンシップしたり、服を脱がしたりとセクハラをする。ひかげを監査委員のスパイとなるように勧誘する。狐徹に敵対心を持つ。音楽科生の間に不明金の情報を流して騒動を作った。

石崎凉介

弦楽部部長。ナイロールの眼鏡。白樹台弦楽部のマエストロ中央音楽コンクール弦楽部門三連覇。二十二万円の不明金の所有権を主張する。

北沢絵里奈

ウインドオーケストラ部部長。螺旋状のツインテール。白樹台ウインドオーケストラのコンサートミストレス全日本高校音楽コンクールオーボエ部門二連覇。二十二万円の不明金の所有権を主張する。

東村紀男

昨年度末に退職した白樹台学園の教師。複数の音楽系の部活の顧問を兼任し、その部費も管理していた。退職理由は、ドイツの楽団のオーディションに合格したため。

葉山

ひかげのクラスメイトの女子。クラス委員長。セミロングにヘアピン。六月の生徒総会でチアリーディング部のパフォーマンスを手伝う。

『生徒会探偵キリカ』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

白樹台学園

全校生徒8,000人を収容する中高一貫のマンモス校。校内の豪華な設備が表しているように運営資金が潤沢で、年間の学園予算は8億円という規格外の学校である。高等部からの編入も非常に数は少ないが受け入れており、ひかげや美園もこの制度を利用して編入した。14にも登る学科と300を超える部活動を有しており、多くの部活は全国大会の常連となるほどの強豪校である。

総務執行部

白樹台学園での生徒会機能を持つ団体の名称。年に1回会長と副会長を選挙で選出し、会長・副会長によって会計・書記・広報それぞれの執行役員を選任する。基本的には上記5名で執行部を運営しており、それぞれに個室も与えられているが、役員にはそれぞれ補佐役を任命する権限が与えられており、ひかげもこの権限によって総務執行部庶務を任命された。

特務役職

一般生徒には開示されていない総務執行部における裏の仕事。キリカは特務役職「探偵」を担っており、学園内における様々な事件の解決を求められている。

2巻

ヒカゲ

うさぎ。学生寮の管理人が、牧村ひかげが転校して入寮してくる前の空き部屋のベッドの下で密かに飼っていた。学生寮内で発生した窃盗事件の真犯人。名前をつけたのは狐徹。生徒会により正式に学生寮での飼育が許可された。一般生徒には、ひかげが生徒会に所属しているのは、ヒカゲの世話係が理由と思われている。

音楽科

音楽を学ぶ学科。白樹台学園の音楽科は全校生徒の5%にあたるおよそ四百人が在籍している。音楽系のサークルは大抵、音楽科の学生で作られる。音楽系の部活は林立状態で、吹奏楽部が三つ、合唱部は十二、軽音部は四つ、オーケストラ部は二つある。部活は数が多いので、弱小部は音漏れの激しい木造の旧校舎を使用している。音楽科棟は円柱をカットしたような特殊な外見をしているが、中は普通で、防音がされているぶん静か。

白樹台フィルハーモニー管弦楽団

音楽科生の有志を集めた白樹台学園の名物オーケストラだったが、三年前に弦楽と管楽にケンカ別れした。退職した東村が顧問をしていた。不明金騒動の結果、再結成することに。

生徒総会

全校生徒が集まって行われる会議。白樹台学園の生徒総会は、部活や委員会が、部員募集や予算増額のパフォーマンスを行う場所となっている。生徒総会が派手になったのは、狐徹が生徒会長になった三年前から。特撮のような生徒会プロモビデオを公開し、周囲を驚かせた。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。