漫画『デビルサバイバー』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『デビルサバイバー』とは

株式会社ATLUSにより発売されたゲーム「女神異聞録デビルサバイバー」をコミカライズしたもので、キャラデザをヤスダスズヒト、作画を松葉サトルが担当。ジャンルはタイトルにもある通りサバイバル。出版は講談社、連載雑誌はシリウスKCである。

MEMO
『 デビルサバイバー』はeBookJapanで1巻から最新巻である8巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年11月29日確認)

『デビルサバイバー』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
舞台は東京。プログラマーの従兄に呼び出されていた主人公と従兄を師匠と慕っている友人。しかし、やや遅れてついてきた幼馴染が、少し前にその従兄とすれ違った事、従兄が急に行けなくなった代わりに、主人公たちにこれを持っていってほしいと頼んできたと伝えてきて、3人分のゲーム機端末「COMP」を手渡します。でも従兄は幼馴染が来ることまでは知らないはずです。COMPにはプロテクトされたフォルダと「ラプラスメール」というタイトルの文面が一件入っており、その日の大きな事件や犠牲者、出来事の予言が時間まで指定して書いてありました。実際にメール通りの悲惨な状況が起きる中、プロテクトを最後まで外しきるとCOMPから悪魔が召喚されてしまいます。掴み切れない状況の中、なんとか悪魔と契約を交わし味方につけ状況を打破しようともがく3人ですが、新たに届いたラプラスメールの犠牲者に自分たちの名前が入っていることに気が付きます。

『デビルサバイバー』2巻のあらすじ・見どころ

1巻のラストでウェンディゴを退けたカズヤたちは、封鎖の出口を探して歩き回っていました。悪魔との戦闘と強い日差しにより疲労していた3人ですが、ユズが街中でライブを行うミュージシャン『ハル』を見かけます。ハルはいつもユズが聴いているバンドのボーカルで、人々を元気づけようとライブを行っていました。ライブに参加して元気を取り戻したユズに影響されてカズヤとアツロウも笑顔を見せますが、そこに悪魔が出現します。悪魔はカズヤたちに目もくれず、ハルの元に向かいます。『ゲンショノコトバアノカタヘノ』と言いながらハルに襲い掛かろうとした悪魔たちをカズヤたちは撃退しました。

ハルだけを狙っていた悪魔に疑問を持つカズヤたちですが、疑問の答えを得ぬままハルの働いているバーで一晩厄介になります。その後はアツロウの中学時代の友人ケイスケが仲間に加わり、ラプラスメールで予言された悪魔による50名以上の死傷事件を防ぐために行動します。予言された現場ではアイドルのライブが行われており、悪魔も大量に発生していました。アツロウのアナライズにより属性相性を突いて難なく悪魔たちを撃破しますが、そこに『ベル・デル』という悪魔が出現します。出現の際にその場にいた人々の命を吸い上げて大量虐殺を行ったベル・デルにカズヤたちは抗おうとしますが、どんな攻撃もベル・デルには通じず窮地に追い込まれます。

『デビルサバイバー』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

峯岸一哉

今作の主人公。猫耳のようなイヤホンをしている。常に落ち着いた雰囲気で異性からの人気も高い。それ以外はいたって普通の高校生だが、発想の意外性や状況を打破する為に考える力も持っている為、仲間からも頼られている。

木原篤郎

通称アツロウ。主人公の友人であり、コンピューター及びプログラムに精通し、プロテクト解除やハッキングもできる。ノートPCを常に携帯しており、その場でCOMPのプロテクトの一部を解除して見せた。主人公の従兄をプログラマーの師匠として尊敬している。インドア派。

谷川柚子

通称ソデコ。字面が似ているという理由でアツロウからつけられた。本人は納得していない。主人公とは幼馴染で好意を持っているがなかなか口に出せない。
主人公が渋谷に来るときいてついてきた。次々と起こる惨劇にパニックを起こしていたが、主人公の戦う姿を見て自身も覚悟を決めて立ち向かう姿を見せる。

ナオヤ

主人公の従兄でその筋では有名な天才プログラマー。数年前まで主人公の家で同居していた。黒と緑の柄の半纏を着ているのが特徴的である。未来を予知して行動している節があり、当初合流する予定の無かった幼馴染にCOMPを持たせ、主人公達に渡している謎の多い人物である。

2巻

ハル

DIVAというロックバンドのボーカルをしていた女性。現在はメンバーの一人であるアヤが抜けてしまったため、ソロで活動している。神谷の経営するバーの住み込み兼手伝いをしており、バーのステージで歌うなど活動を行っていたが、新宿に異変が起こったことにより活動ほぼ休止。活気がない新宿の人々を元気づけるためにゲリラライブを行っていたところで、ウェンディゴを退けた直後のカズヤたちと出会った。バンドを抜けたアヤとともに作っていた曲を完成させることを心の支えにしている。その歌声には悪魔を呼び寄せる力があり、その力を自覚してからは新宿に起こった異変は自分が原因ではないかと考えて思い詰めている。悪魔たちはハルの歌声を『ゲンショノコトバ』と呼ぶ。

神谷

ハルが手伝いをしているバーのマスター。知人からは親しみを込めてジンと呼ばれている。新宿の異変が起こる直前まで通常通りバーの経営をしていたが、現在は停電によってフルーツが全滅して氷が作れないため休業中。ハルに襲い掛かった悪魔を撃退したカズヤたちをお礼に一晩かくまう。バーの経営をしているためカクテルなど飲み物全般に造詣が深く、炎天下で脱水気味だったカズヤたちに特製のノンアルコールブレンドを振る舞った。

ケイスケ

アツロウの中学時代の友人。生来正義感の強い性格で中学時代はクラスの中心的存在だったが、高校ではその正義感が仇となりいじめの対象になってしまう。その経験により明るさが失われ人間不信になっており、人助けをする事に当初は迷いがあった。その後アツロウに現在のケイスケを肯定されて燻っている正義感を指摘されたことでアツロウたちと行動をともにし、積極的に人助けをするようになる。異変が起きる前にナオヤから改造COMPを受け取っており、初めに従えている悪魔は自在に風を操る『スパルナ』。

『デビルサバイバー』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

COMP

「コミュニケーションプレイヤー」の略で二つ折りの携帯ゲーム端末。メールやブラウザ機能も付いており、どちらかといえばけケータイに近い代物。主人公達はナオヤによって改造された特別なCOMPを持っており、悪魔を使役、召喚したりその悪魔に基づいた魔法を使うことができる。時折ラプラスメールと書かれたメールが届き、その日の出来事、場所、犠牲者、時間などが予言される。

マッカ

悪魔と契約・使役する際に必要な通貨。漢字で書くと魔貨。敵の悪魔を倒すことで手に入る。

悪魔召喚プログラム

本来悪魔を呼び出すには高度な霊力や魔法陣・生贄などの相応の準備が必要だが、それをプログラムを組んで簡略化したもの。これのおかげで全くの素人でも簡単に悪魔を呼び出せるようになっている。ただし、プログラムで悪魔を作り出したのではなく、「本物の悪魔を手軽に呼び出せるようになっただけ」であり、その後このプログラムを起動したまま倒されてしまった場合はただの悪魔の湧き出る装置となってしまう欠点がある。

2巻

翔門会

新宿で活動する宗教団体。作品冒頭で新宿の歩道を占拠しており、ネットの力で人々の心を一つにし、きたるべき試練に備えるようにと声明を発表している。声明の中には今夜から三日間神の試練が起こると発言しており、これから起こる新宿の封鎖や悪魔召喚などの異変を予言していた。異変の発生後は、信じる者を主上が救ってくれると説法を行い信者を増やしている。信者は改造COMPを所持しており、『ラクシュミ』などの神を召喚して悪魔を撃退し、悪魔に怯える人々の心を翔門会に向けさせている。翔門会は一丸となって神に管理されない人間の世界を作ることを目的に行動しており、信者を増やしたり改造COMPを制作したナオヤの協力を得ようと活動している。

新宿

本作の物語の舞台。突如発生した異変により爆発、停電、悪魔召喚などが次々に発生し、封鎖されることになる。新宿の多くの人が所持しているCOMP、新宿で活発に活動していた翔門会、ナオヤが制作した改造COMP、ベル神が物語の鍵となっており、主人公のカズヤたちは異変を解決するために奔走することになる。

ラプラスメール

時の観測者を名乗る人物から送信されてくるメール。カズヤたちの改造COMPでのみ受信することができ、その日の大きな出来事を事前に知ることができる。内容は悪魔による破壊行為や人命に関わることで、対策をしなければ予言のとおりの出来事が起きる。予言された時刻に現場に行き、悪魔と戦うなどで予言された運命を変えることもできる。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。