漫画『彼女がフラグをおられたら』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『彼女がフラグをおられたら』とは

2011年12月号より2016年6月号まで少年誌にて連載されていた学園ラブコメで連載終了までに3度の移籍を行っている。2011年12月号より2014年4月号までは『月刊少年ライバル』で連載。その後『月刊少年シリウス』へと移籍し、2014年5月号から2016年4月号まで連載した後に『水曜日のシリウス』へと移籍し、完結させた。作者は凪庵でキャラクター原案はCUTEGであり、講談社シリウスKCより単行本が発売されている。

MEMO
『 彼女がフラグをおられたら』はeBookJapanで1巻から最新巻である10巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年11月29日確認)

『彼女がフラグをおられたら』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
菜波はいつもどおり高校に通うべく通学路を歩いていたところ、大規模な交通事故に巻き込まれます。しかし、大型トレーラーが関わる大事故であったにもかかわらず菜波は無傷でした。菜波はその時居合わせた男子高校生がこの事故の鍵を握っていると考えながら登校すると、転校生として朝出会った男子高校生が目の前に現れたではないですか。男子高校生の名は旗立颯太。颯太が人と話すときに目ではなく頭上を見ていることに気づいた菜波は、颯太が何らかの能力を有しているのではないかと彼に問い詰めます。鬼気迫る菜波の詰問に閉ざしていた口を開いた颯太から彼自身の能力が語られるのです。それは「フラグ」というものを視認し、回避するというもの。人との関わりを避けてきた颯太ですが、菜波との出会いにより、これまでとは違った方向へと能力を使い始めるのですが…。

『彼女がフラグをおられたら』2巻のあらすじ・見どころ

他人の頭の上にある「フラグ」が見える主人公旗立颯太が夢を見ているシーンから2巻は始まります。乗船していたプレミアム・アンブリエル号の中で見かけた魔法ヶ沢財団のお嬢様をお茶に誘ってみるように姉から声をかけられた所で目を覚まします。現実世界では、颯太や菜波・K・ブレードフィールドが暮らす「クエスト寮」が廃寮の危機に陥ります。廃寮を防ぐために颯太達は体育祭で旗ヶ谷学園初の男女混合によるMVPを獲得する事を目標に掲げます。颯太達をMVPに導くために新たに「英雄崎凛」がクエスト寮に加入。最初は颯太を軟弱男と呼びキツく接していましたが、颯太が幼馴染の「ソーダ」である事に気付いてからは男子として意識するようになります。厳しいトレーニングの末、ついに体育祭当日を迎えたのでした。

『彼女がフラグをおられたら』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

旗立颯太

本作の主人公で私立旗ヶ谷学園高等部1年F組に通う男子高校生。人物の頭上に「フラグ」と呼ばれるマークを視覚的に認識することができ、今後その人物に起こる出来事を予見・回避する能力を有している。菜波に出会うまでは人と関わることを嫌い、視認できたフラグをすべて折ることで他人と関わることを避けてきた颯太であるが、菜波と出会い、すこしずつ人との関わりを見直していく。

菜波・K・ブレードフィールド

今作のヒロインで颯太と同じ私立旗ヶ谷学園高等部1年F組に通う女子高校生。颯太の転校初日に交差点の大規模事故に巻き込まれるも無傷で生還できたのは颯太が有している何らかの能力が起因していると考え、颯太に詰め寄る。押し問答の末、颯太からフラグ視認と回避能力のことを聞き、フラグをすべて折ってきた颯太に対し活を入れる。颯太の能力を知る数少ない人物のうちの一人。腰まで伸びた長い金髪とトップで結んだリボンが特徴的である。

召喚寺 菊乃

颯太の幼馴染で私立旗ヶ谷学園高等部1年F組に通う女子高校生。中学時代まで颯太と姉弟のように生活しており、颯太は菊乃のことを「お菊ねえ」と呼んで慕っている。菊乃も颯太のことを気に入っており、それが恋心であることはまだ自身は気づいていない。

2巻

英雄崎凛

クエスト寮の廃寮を回避するために三森が助っ人として呼んだ少女である。所属クラスは2年F組で1年生の時は留学をする前の菊乃とクラスメートだった。普段は中性的な口調で話し、クエスト寮のメンバーのツッコミ役となっている。幼少期の颯太と幼馴染であるが、旗ヶ谷学園で再会した時はお互い気付く事はなかった。颯太が幼馴染で気付くまでは「男嫌いフラグ」が頭上に表示されていたが、お互いが幼馴染だった事に気付くとすぐに「攻略済フラグ」に変わっている。

聖帝小路三森

旗ヶ谷学園の3年生で生徒会長を務めている。制服に肩アーマー、手に籠手と個性的な見た目が特徴である。整った容姿の美少女だが、普段の行動から男子人気がなく恋人が出来た事もない。男女混合のクエスト寮にジェラシーを感じている描写が様々なシーンで確認出来る。初登場時から颯太を意識していて、気に入られようと努力はしているが「あざとい」と言われ颯太へのアタックは失敗に終わる事が多い。体育祭週間特別番組「僕がやらねば、誰がやる」の司会を担当している。

竜騎士原月麦

颯太と同じ1年F組に所属している。見た目は幼女であるが、旗ヶ谷学園に古くから在籍していて体育祭週間特別番組では「生き字引的存在」と紹介され、昔は燃える町でバケツリレーのアンカーを務めたと自慢している。制服の上から和服の帯を締めたり、下を履いていなかったりと独特のファッションセンスを持っている。語尾に「~べ」を付けて話す事から「婆様」と呼ばれる事も多い。

『彼女がフラグをおられたら』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

フラグ

颯太が他人の頭上に視認できる出来事の予兆として現れる旗状のもの。友情フラグや姉弟フラグ、死亡フラグ、生存フラグ、勝ちフラグ、負けフラグなど数多く存在する。基本的にフラグがたった場合、フラグが意味する出来事が起こるのだが、颯太はこのフラグを視認するだけでなく、折る事もでき、フラグが予兆する出来事を回避させる能力も持つ。

旗ヶ谷学園

颯太や菜波が通うマンモス校。幼等部から大学まで一貫した進学ができるようになっているが、各部編入も受け入れている。学力よりは生徒の自立性や慈愛の心を育むことを基本理念としており、幡ヶ谷学園に対する地元からの評判は非常に高い。幼等部から大学までの施設を有しているため、敷地も広大で、モノレールによる移動が必要なほど。また、遠方からの修学者も多いため、学内には生徒用の寮も備えている。

耳かき

幼少の頃、菊乃が颯太にしてあげていた行為。颯太は菊乃の膝枕の上で耳かきをしてもらうことを好んでおり、小さい頃はよくしてもらっていた。

2巻

プレミアム・アンブリエル号

2巻冒頭で颯太が夢の中で乗船していた豪華客船だが、旗ヶ谷学園転校前に現実世界でも乗船していて事故により沈没したとされている。しかし、事故発生時に救難信号が発信されていなかったり、颯太のみが救命艇で発見されていたりと謎が多い事故である。颯太以外にも、茜やくるみ子の両親が乗船していたが茜自身は記憶がなく、くるみ子の両親は発見されていない。

クエスト寮

颯太達が暮らす寮であり、本作のメイン舞台の1つである。颯太が入寮した時には既に廃墟同然だったが、三森・茜・月麦達と学園の土木研究会によってリフォームが行われた結果、新築のような綺麗な寮に生まれ変わった。寮は学園の敷地内北東部の初台に近い場所にあり、颯太達が通う高等部とは距離がある事から寮生は学園内のモノレールを利用して登校している。

体育祭

一般的な高等部の体育祭とは異なり、1週間と長期に渡って開催され毎日24時間様々な場所で競技が行われている。体育祭週間特別番組も製作されていて注目度の高い競技をピックアップして放送している。競技には「無差別級猫寄せ競争」や「教師肩揉み競争」等、体育祭と関係がない競技も多く、月麦に『どんどん離れていっている』『これ、ただの慰労会だべ』とツッコミを入れられている。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。