漫画『悪舌のモルフォ』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『悪舌のモルフォ』とは

悪舌のモルフォは、講談社から発行している月刊少年シリウスで連載開始。作者は青辺マヒト、漫画のジャンルはヒューマンドラマ。この世に絶望を感じ死を選ぼうとしている小説家の前に現れたのは、少女のような美貌をもった芦川帝という少年。彼は小説家にある提案をする。

MEMO
『 悪舌のモルフォ』はeBookJapanで1巻から最新巻である2巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年11月29日確認)

『悪舌のモルフォ』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
雪の降る夜に庭で首吊り自殺を図ろうとする坂本久月という小説家の前に、大金を用意する代わりに玩具になれと提案する少年が現れます。桜が散り始めた頃、坂本久月は自殺未遂に終わった夜に出会った芦川帝という少年との契約を守り、下僕のような生活を強いられていました。生活費の心配が無くなり生き長らえることはできるけれども、芦川帝に好き放題振り回される毎日の中で、坂本久月は少しずつ小説家としての才能が枯渇してしまった自分にも価値があることを認識し始めます。そんな坂本久月を芦川帝も日常を通して認めていきました。何も聞かない何も干渉しない契約でしたが、ある出来事をキッカケに坂本久月は芦川帝の連絡先を教えてもらい他人の事を知る喜びに気がつきます。

『悪舌のモルフォ』2巻のあらすじ・見どころ

スランプに陥った小説家、坂本久月は、突如現れた謎の美少年、芦川帝によって主従契約を結ばされ、さらに帝自身の殺害依頼をされます。それから4ヶ月後、久月は帝のサディスティックな言動に翻弄されながらも、彼から刺激を受けて次の創作を始めようとしていました。

久月に対して歪んだ愛情を抱いた美少年、青井碧との出会いや、美少年服専門店「オータムローズ」のカタログ表紙に載るモデルの座を競うための水鉄砲大会を通して、久月は帝の事をもっと知りたいと思うようになります。

そして久月はついに、帝の家に連れて行ってもらいます。彼の家で、久月は、以前帝の身体を洗った時にちらりと見てしまった「蝶」の事を口にします。すると帝は、いつもの強気な態度とは打って変わって、動揺した様子を見せたのでした。
その帰り道、久月は帝と瓜二つの少年に出会います。

『悪舌のモルフォ』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

坂本久月

寝覚めは悪く体も重い上に目のクマも酷い憂鬱な朝を毎回迎える23歳の小説家。祖母が亡くなった時に家を引き継ぎ、そのまま仕事場も兼ねてその家に暮らしている。高校在学中、第84回文藝新人大賞を受賞した頃は美少年小説家と持てはやされ同級生の嫉妬からイジメのような事も受けていた。大賞受賞当時はそれでも小説の才能があると考え、それにすがることができた。やがて才能も生活費も枯渇してしまい人生に希望を見出せず木に縄をくくり首吊り自殺をしようとしていたところ芦川帝と出会う。三千万という大金を見せ、生活を保障する代わりに芦川帝が提案するいくつかの決まりを守るという契約を承諾し自殺を踏みとどまった。昔から血が苦手で見ると震えて意識が遠のいてしまう。人の血は勿論、鮭を捌くだけでも同様の症状がでる。

芦川帝

寸分ノ狂いなく切りそろえられた栗色の髪に、すらりとしなやかに伸びた手足を持ち、唇は微かに桃色艶めきを放ち、翡翠色の眼球に長い睫毛が何処か憂いを帯びている美少年。まだ子供ながら物怖じしない達観した物言いと振る舞いをする。浮世離れしている言動が目立つが、料理上手な一面も持ち合わせている。家族や友人恋人などの関係はいつ破綻するかわからない脆い関係と称し、主従という契約の上の関係を唯一完全なものと考えている。

2巻

青井碧

久月を訪ねて来た小説家志望の美少年。実は彼は、「久月の存在自体が自分の理想だ」という歪んだ憧れを久月に対して抱いていた。碧は、久月が今更小説を書いた所で、それが酷い出来であれば久月の名が汚れるため、もう小説を書かないで欲しいと言い、久月の腕を折ろうとバット襲いかかって来る。しかし、それは理想の押し付けだと帝に諭され、碧は自分の過ちに気付く。そして碧は、久月への気持ちを打ち明ける。それは、歪んでしまう前の、碧から久月への本当の気持ちだった。

ナツメグ兄弟

水鉄砲大会の前に、帝を挑発し、大会に対して参加意欲を見せていなかった帝を参加へと駆り立てた双子。兄はなつる、弟はめぐるという。一卵性で外見は瓜二つだが、前髪の分け目と武器を持つ手は左右対称になっている。服の色も、なつるが黒、めぐるが白と分けてある。なつるは昨年、めぐるとの共闘によってオータムローズ主催の水鉄砲大会で優勝しており、今年も同じ方法で優勝を狙っていた。帝はそんな彼らを「2人じゃなきゃ何も出来ない小童」だと言う。大会の終盤、帝はめぐるに、「そうやって ずっと お前の人生は兄ありきで決められていくのか?」と尋ねた事により、めぐるは自分の本当の気持ちと向き合う。

『悪舌のモルフォ』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

契約

坂本久月の自殺する理由となっている金銭面や生活面の援助に3千万を用意する代わりに芦川帝の玩具となる主従契約。契約書としては、1芦川帝に対して坂本久月は干渉してはならない。2坂本久月は芦川帝の為に生きるものとし、芦川帝の承諾無しに死んではならない。3芦川帝に対する返事は帝さまの戯れのままにと答えること。以上の条件を守る限り芦川帝は芦川帝に毎月の生活費を渡し、生活を保障するものとしてあるが、契約とは別に約束事として、それでも死にたくなった場合は先に芦川帝を殺すことを誓っている。

文藝新人大賞

坂本久月が高校二年生の時に大賞を受賞した小説の文学賞。当時の記者に昔から小説を書くのが好きだったかという質問をされたのに対し坂本久月は、小説を好きな理由として『嫌いな人も小説の中なら好きに殺せる』という発言をし脚光を浴びるが、今は才能が枯渇してしまいあの時の発言を後悔している。

オータムローズ

美少年服専門店、デザイナー兼オーナーのローズの店。規模は小さいが、頭の先から足元まで取り扱っている。

2巻

水鉄砲大会

美少年服専門店「オータムローズ」が主催する、オータムローズのカタログの表紙モデルを競う大会。色水の入った水鉄砲で撃ち合い、最後まで撃たれずに勝ち残った者が優勝となる。帝は2年前にも優勝しており、その時にはカタログの表紙モデルを務めた。昨年の優勝者はなつるである。また、参加者全員に、オータムローズの新品の服が一式、プレゼントされる。

以前、久月がお風呂場で帝の身体を洗った際に、ちらりと見えてしまったもの。このことについて、帝は触れて欲しくないようで、久月がこの言葉を口にした時には、普段は決して見せないような、激しく動揺した表情を見せ、コップを倒してしまった。

映画

帝の家で、久月は、好きなものは何かと帝に尋ねた。すると帝は、映画だと答える。その理由について「ここで こうして人が他の誰かになってるのを見るのが好きだ」と帝は語った。その後に、帝は何かを言いかけてやめた。

約束

久月と帝は、契約を交わした際、契約とは別に、久月が帝を殺すという約束をしていた。しかし、帝のことをもっと知りたいと思うようになった久月は、「今のまま、何も知らないまま 僕は 君を 約束通り殺すことは出来ない。」と告げる。これにより、帝は久月に、3回まで質問を認め、久月は、帝の家を知りたいと言った。

『悪舌のモルフォ』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

自分の価値が分かっている毒舌の美少年。この子は容赦がないです。が反面、脆さも持っている。とにかく帝くんは”それ好き”な人用のベタ揃いなキャラだけど、ただそれだけじゃ無く、ストーリーもちゃんと面白い。この子は何者なのか、なぜこんなに歪んでしまったのか、そんなこともちゃんと気になりつつ楽しんで読める作品。ややBLよりだけれど、ガチではなくほんのりなのも好ましいです。

 美門 さん(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)

久月と帝の関係、距離感がとても羨ましく思いました。そして小説のようなストーリーに引きつけられました。

 ケロロ さん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)

美少年への妄想を具現化したような作品です。素晴らしい!!おかっぱ、ピアス、膝小僧…など美少年好きな人ならグッとくるであろうものがちりばめられており、作者さん分かっておられるなぁと思いました。属性だけに留まらずキャラクターとしてもとても魅力的な帝くんです(表紙の男の子)。主人公とのやりとりの中ででてくる美少年哲学(名言?)も頷いてしまうものばかりです。毒舌で、自分の価値をわかっていて、でもどこかに脆さや暗さを潜ませているような美少年が好きな方はぜひ…いや、そうでなくともきっと帝君が好きになるのでぜひおすすします。

 まゆみチャン さん(30代/女性/公務員/独身)

めちゃくちゃ面白かったです。続きが気になります。

 わきを さん(10代/男性/学生/独身)

全体的に静かな雰囲気なところが小説化をテーマにした漫画っぽくて良かったです。帝と久月の微妙な関係性も気になってしまいました。

 nana さん(20代/女性/個人事業主/独身)

良い

読みごたえがあり、表情がほころぶシーンもあり、ついつい読み進めてしまう漫画でした。

 Chirin さん(30代/男性/正社員/既婚)

さまざまなジャンルのマンガを読んできましたがどのマンガとも違う1つのジャンルとして確立できそうなレベルのマンガでした。

 かふぇおれ さん(10代/男性/学生/独身)

表紙絵から独特な魅力を感じ、読み始めました。お金持ちの美少年がスランプに陥った小説家のパトロンになる話…と冒頭部分を読んで思いましたが、本当はもっと複雑な話なのだと、読み進めていて気付かされます。小説家の今後や、謎の多い美少年のこれからが気になり、先を読む手が止まりません。

 あいす さん(20代/女性/正社員/独身)

ふつう

惜しい作品だと思いました。小説家が設定で目を引きやすいし、キャラクター造型もきれいです。でも、今ひとつ閉じこもってる感じ。主人公と同じ。もっとぐいぐい作品世界に引っ張って欲しいです。

 カキツバタ さん(50代/女性/個人事業主/既婚)

なんか昔の美少年愛漫画を思い出す主人公キャラですね。内容が今一なのが残念です。

 トミー さん(50代/男性/経営者/既婚)

才能と金が無いのを苦に首吊り自殺しようとする売れない小説家、坂本九月の前に、髪型や服装からして美少女にしか見えない芦川帝が現れ、自殺を止めさせます。そこで、帝に提示された契約を受け入れた九月は、帝の申し出どおりの主従関係を結びます。主となった美少年に罵倒され続けることになる23歳の小説家が記す物語です。罵倒はされますが、心温まります。

 かのじ さん(60代/男性/無職/既婚)

悪い

独特の世界観がある・・・といえばそれまでですが、なんだか気持ち悪かったです。自分には理解できない世界でした。

 匿名花子 さん(20代/女性/無職/独身)

自分には毒舌美少年のキャラが好きになれないので。

 名無し さん(40代/女性/パート・アルバイト/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年02月18日~2019年03月18日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。