漫画『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』とは

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術は、講談社から発行している月刊少年シリウスで連載開始。作者は福田直叶、漫画のジャンルはファンタジー。引きこもりの青年が眠りから目覚めると、目の前には見慣れたゲームの世界と扱いなれたキャラクターになった自分がいた。

MEMO
『 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』はeBookJapanで1巻から最新巻である7巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年11月29日確認)

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
ファンタジーMMORPGクロスレヴェリ内で真の魔王と呼ばれるディアブロを扱っていた坂本拓真は、ネットワークゲームに明け暮れる毎日を過ごしていました。対戦者が減った深夜いつものように寝静まり朝を迎えると、そこには画面を通して見たことがある景色と面識の無い二人の女性が居ました。二人の女性はクロスレヴェリに存在する種族である豹人族とエルフで、互いに自分がディアブロを召喚した主であると主張します。ディアブロとして異世界に召喚された坂本拓真は状況を把握し異世界から召喚された魔王ディアブロとして二人に接しますが、装備している魔王の指輪の効力により隷従の首輪の魔術が反射してしまい、ディアブロが主で二人が奴隷という関係になってしまいます。

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』2巻のあらすじ・見どころ

ストーリーは、街が次から次へと破壊される場面から始まります。主人公のディアヴロが自身の能力を確かめるため、怪獣・サラマンダーと攻防を繰り広げていました。一切の傷を負うことなくサラマンダーを倒し、周囲が騒然としています。王室関係者はディアヴロの存在に脅威を感じ、処刑するために取り押さえようとしました。しかし、ディアヴロは高等魔術・エクスプロージョンを唱え、襲撃してきた面々を返り討ちにしています。その後、無意識の状況下で宿に帰っています。魔術を使い過ぎて体力を激しく消耗していたため、熟睡していました。目が覚めた時、シェラとレムに挟まれている状況に気付き、魔王の自覚を失ってしまいました。男性特有の欲望に負けそうになりながらも、冒険者として成長しようとします。

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

ディアブロ

坂本拓真が異世界に転生した姿、元々はMMORPGクロスレヴェリで坂本拓真が扱っていたキャラクター。その時に使用していた魔王の指輪などの装備やステータスを全て引き継いだ状態で召喚されているため、エクスプロージョンやフリージアなどの高等元素魔術を使用することができる。

シェラ

星降の塔で召喚呪文を使いディアブロを召喚したと主張する一人。従える予定だったはずのディアブロに逆に隷従の首輪をつけられてしまう。ディアブロの温情で召喚主として認められるが、実際には強制力がない主従関係が続く。

レム

豹人族の少女。7体の召喚獣と契約するほどの実力を持ち、辺境の都市ファルトラではちょっとした有名人。名が知れているので隷従の首輪をつけられた状況をあまり好ましく思っていない。強さを示し続けるため冒険者を目指し、最終的には魔王クレブスクルムの魂を消滅させることを目標にしている。

セレスティーヌ

街ごとに存在する国営の研究機関、魔術師教会の長を勤めている人物。街に結界を張り、魔族に関わる全てから守っている。レムを気遣い護衛をつけようと提案する。

メイ

宿屋安心亭の看板娘を自称する従業員の獣人。宿屋内では絶対的な権力を持っているが愛想はよく、迷惑をかけなければ高圧的な態度にはならない。

2巻

サラマンダー

サラマンダーは、5話の冒頭に登場し、街を壊滅的な状況に陥れた。見た目がトカゲに酷似しており、先端が二又になった長い舌を持っている。強さのレベルが30の怪獣だ。一旦のど元付近に炎を溜め込んだ後、大きき口を開いて一気に炎を放射する能力を持っている。炎による攻撃だけでなく、レベルが低い獣の召喚も行える。ディアヴロと対峙した際には、街の至る所で火事を発生させると共に、何体もの召喚獣を飛行させて混乱を巻き起こした。魔法を防ぐ能力は優れているものの、物理的攻撃に弱いため、ディアヴロの一撃を真正面から食らって倒れた。

愚者共

愚者共は、ディアヴロの凄まじい強さを目の当たりにして尻込みしながらも、彼を捕まえようとする王室関係者を意味している。

混魔族

混魔族は、人間と同様の風貌をしているものの、頭に角が生えている珍しい種族だ。エルフと一緒に行動するケースは殆どない。ディアヴロが冒険者協会を訪れたところ、『なんだあの混魔族』『何者だアイツ』と声が飛び交い、施設内がざわついた。

シルヴィ

シルヴィは、冒険者協会の会長を務めているキャラクターだ。ウサギと同様の耳が頭上に生えており、オフホワイトの布を纏っている。中性的な風貌だ。ディアヴロの活躍に期待しており、世界に安寧が戻ってくることを祈っている。

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

クロスレヴェリ

魔王の復活を阻止するのが目的のファンタジーMMORPG。坂本拓真が操るキャラクター魔王ディアブロは、このゲーム中で圧倒的な強さを誇っていた。ディアブロが召喚された異世界はこのクロスレヴェリの世界と設定が基準となっているため、移種族や地形も同じものがそのまま使われ、クロスレヴェリ最強のボスである魔王クレブスクルムもこの異世界に存在する。

星降の塔

召喚士が召喚獣を召喚するポイントとしてそびえ立っている塔。塔の高さは軽く見積もっても十数階以上あり、最上階の屋上が儀式を行なう祭壇フロアになっている。ディアブロが召喚され、隷従の儀式を行なった場所。

隷従の儀式

この儀式を行なうことで、召喚獣に隷従の首輪をかけ召喚者に絶対服従させることができる。本来は召喚されたディアブロに隷従の首輪が装着されるはずだったが、ディアブロが装備している魔王の指輪が持つ魔術反射の能力が発動したことにより、隷従の魔術を跳ね返しシェラとレムに隷従の首輪がつけられた。

2巻

俺の精神

俺の精神は、ディアヴロが日常生活を送る際の言動を制御する役割を担っている。しかし、暴走してしまう機会が少なくない。ある朝、俺の精神がシェラとレムのおっぱいから手を離すことを拒否し、ディアヴロは社会的地位を失いかけた。

火の元素魔術

火の元素魔術は、水属性の召喚獣に使用することによって、威力が激減する。ディアヴロは、サラマンダーを倒した後、王室関係者を威嚇するために火の元素魔術を唱えた。

おっぱい

おっぱいは、ディアヴロの理性が飛んでしまう要因の1つであると同時に、彼の大好物だ。ディアヴロは、サラマンダーと戦った翌朝、目覚めた時点で両脇に寝ているシェラとレムのおっぱいを触っていた。うろたえながらも、その場から離れることができなかった。シェラのおっぱいを触った感触を『モニュン』、レムを『ムニ』と表現している。

静かに怒るタイプ

静かに怒るタイプとは、激怒していることを口に出さないレムの性格を意味している。ディアヴロがレムに対して『レム堂々と胸を張るがいい膨らみかけも至宝だぞ』と言った日、しばらくの間レムは顰めっ面をしていた。

冒険者協会

冒険者協会は、自分自身が冒険者であることを申請・登録する場所だ。登録の手続きを済ませることによって、強さを測定できる。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。