漫画『Mourning Bride』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『Mourning Bride』とは

Mourning Brideは、講談社から発行しているマガジンエッジで連載開始。作者は森山大輔、漫画のジャンルはクライム・ミステリー。偉大なマフィアの祖父が残している遺産を賭けて4人の孫は、遺産継承の選定をする謎の少女と奇妙なやりとりを繰り広げる。

MEMO
『 Mourning Bride』はeBookJapanで1巻から最新巻である1巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年11月29日確認)

『Mourning Bride』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
各地に散らばり多忙な毎日を過ごすコルサーノファミリー直系の孫達は、偉大な祖父ドン・アローンの邸宅へ急遽召集されて集まっていました。ある者は西海岸のサンディエゴ沖のクルーズから、またある者はニュージャージー州の学校からと忙しい身の上、数年ぶりに孫だけを集めた理由を邸宅に勤める執事ロマーニに問いただすと、ドン・アローンは既に亡くなっていることを告げられます。亡くなったのは召集がかかる一日前、死因は心臓発作、以前から体調が優れず当人も死期を悟っていたようで遺体の埋葬も既に済ませられています。失意の念を持ったまま孫達は雨が降り注ぐ荒れた天候の中、祖父の墓石の前に移動すると生前ドン・アーロンと婚約したと申し出る女性をロマーニから紹介されます。

『Mourning Bride』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

アラン

コルサーノファミリー直系の長男。交友関係が広く召集がかかる前はクルーズの途中だった。腹の探り合いが得意。普段は抑えているが気性は荒い。

ベリーニ

コルサーノファミリー直系の次男。ファミリーの次期相談役として現在の相談役カルメーラに推されているインテリマフィア。組織と規律を重んじている。マリカのファミリーを冒涜するような行為に怒りを覚えている。

クリス

コルサーノファミリー直系の三男。血の気が多く腕っ節も強いが、手が先に出ることも多い。弟のディーノを庇い貧乏くじを引くことも多々ある。

ディーノ

コルサーノファミリー直系の四男。ニュージャージー州のブリンストン高校に通う学生。持ち前の甘いルックスで周囲を利用する。

ドン・アーロン

コルサーノファミリーのドン。心臓発作で亡くなり既に埋葬済み。亡くなる一ヶ月前にマリカを屋敷に招きいれ、その日のうちに婚約を結ぶ。コルサーノファミリーの殆どをエドガルドに継がせ表向きの資産分配も任せた。ファミリーとしてではないドン・アーロン個人の遺産がおよそ2億ドル相当存在し、継承権の選定をマリカに一任する旨をビデオレター越しに遺言として残す。

マリカ=オルランド

ドン・アーロンの婚約者。赤い瞳と髪の毛をしたイタリア系の自称16歳。遺産継承者を見定める選定人に任命されている。

『Mourning Bride』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

コルサーノファミリー

用地買収や土地利権、更には用心棒家業や恐喝、場合によっては暴力行為による取立てなどにより手広く裏社会を牛耳ってきた団体。ドン・アーロンが亡くなった今は叔父のドン・エドガルドがファミリーの実権を握っている。大きなシノギは再開発地区の運用地買収や、商業ビルの利権ビジネスなど。相談役のカルメーラに指示を仰ぎながらベリーニが動くことで大きな資金を得ている。アランとベリーニはファミリー以外にも顔を覚えられる程の人物だが、クリスはまだマフィアとしての凄みが無く、ディーノに関しては学生ということもありマフィア家業に従事していない。

アーロンの遺産

ドン・アーロンの残した遺産。コルサーノファミリーの殆どの利権は叔父のドン・エドガルドに継がせたが、ドン・アーロン個人に2億ドル相当の遺産があるという。

命題

アーロンの遺産を受け継ぐ条件として一年間毎週日曜日に朝食を共にし、その際にマリカから出されることになっている問題のこと。遺言となったビデオレターでアーロンは血を吐きながら、このルールを守る事を伝えた。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。