漫画『ゆらぎ荘の幽奈さん』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』とは

「ゆらぎ荘の幽奈さん」は、集英社の週刊少年ジャンプで連載している、ミウラタダヒロ原作の漫画である。主人公である男子高校生の冬空コガラシが、除霊もできる霊能力者として、さまざまな妖怪や悪霊と戦うというストーリーだ。バトル要素と同等に、女の子の幽霊やクラスメイトとのエッチなハプニングといった恋愛・アダルト要素があることも特徴である。

MEMO
『ゆらぎ荘の幽奈さん』はeBookJapanで1巻から最新巻である13巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年12月11日確認)

『ゆらぎ荘の幽奈さん』のあらすじ・魅力

ネタバレにご注意ください
あらすじ・魅力にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
冬空コガラシは高校生でありながら、どのような悪霊でも一発のパンチで除霊する肉体派霊能力者でもあります。そして、霊に憑依されやすい体質が災いし、借金を背負ってしまうのです。借金を背負って野宿をしていたとき、家賃が安い元温泉旅館の「ゆらぎ荘」を知ります。ゆらぎ荘の家賃が安い理由は学生の地縛霊が住みついているためですが、冬空コガラシは霊能力者であり、怖くはありません。さらに、大家からは「除霊したら家賃無料」と言われ、除霊を快諾します。しかし、冬空コガラシの前に現れたのは、湯ノ花幽奈と名乗る美少女の地縛霊でした。女性は殴れない冬空コガラシは、地縛霊とともに生活をはじめることになるのです。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』の印象的なエピソード

ネタバレにご注意ください
印象的なエピソードにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻1話:ゆらぎ荘での出会い

霊能力者である主人公の冬空コガラシは、のっぺらぼうに襲撃された「ゆらぎ荘」の大家夫妻を助けることとなり『揺らぎ荘に棲みついている霊を成仏できれば、家賃を無料にする』と提案されます。借金をしてホームレス同然の生活をしていた冬空コガラシは、生活を立て直そうと考え、ゆらぎ荘で住むことにしたのです。ゆらぎ荘での生活を開始すると、地縛霊である湯ノ花幽奈に出会います。湯ノ花幽奈は、害のない地縛霊として登場しますが、いずれは悪霊に変化するため、成仏させなければなりません。しかし、冬空コガラシが除霊をする方法は、幽霊を殴ることです。冬空コガラシは湯ノ花幽奈を殴れないため除霊できず、この世への未練を晴らす方法で成仏させようと決めます。

そして、湯ノ花幽奈と冬空コガラシは同居することになるのです。湯ノ花幽奈は性格もよく、誰にでも心を開き仲良くなれる、人当たりのよさが魅力のメインヒロインでもあります。直接物に触れることも可能であり、地縛霊ですが長距離を移動できる、ポルターガイストを起こすなど、強力な霊能力を持っているキャラクターです。ポルターガイストを起こすせいで女性の服がはだけるなど、冬空コガラシとのエッチなハプニングも多発します。一緒に暮らしはじめると、徐々に冬空コガラシの優しい性格と誠実さに好意をいだくようになるのです。2人の恋愛にも注目したい展開となります。

また、冬空コガラシは霊にとりつかれやすい体質であるため、問題行動を起こしてしまい、中学校までの学生生活によい思い出がありません。冬空コガラシは湯煙高校へ入学しますが、湯ノ花幽奈のいたずらでクラスメイトの宮崎千紗希のスカートをめくる、自己紹介で『霊能力者である』と言ってしまうなどの行動によって、周囲から浮いてしまいます。しかし、宮崎千紗希の家で起こる怪奇現象を解決したことで、宮崎千紗希は冬空コガラシに心を開くようになりました。

1巻では、冬空コガラシと湯ノ花幽奈の奇妙な同居生活の開始と、複数のキャラクターが登場し、賑やかな印象です。湯ノ花幽奈が霊能力者グループに襲撃されたことをきっかけに、ゆらぎ荘で暮らしている女性たちも登場します。1巻以降も起こる湯ノ花幽奈のポルターガイストが原因のエッチなハプニングでは、女性たちが冬空コガラシをおしおきするという定番の流れも楽しめるのです。 さらに、ゆらぎ荘の管理人として登場する座敷童子の仲居ちとせは、自分や他人の運勢をコントロールできる能力の持ち主であり、不運にも幸運にも変えられます。コントロールをする代償として、その後運勢が反転するケースもあるため、頻繁に利用できない能力です。仲井ちとせの能力を活用してトラブルを解決するシーンがあり、チェックしておきたい能力とキャラクターであると言えます。

2巻8話:湯ノ花幽奈が最強の敵にさらわれる

冬空コガラシの日常は、1巻からの定番にもなっているエッチなハプニングが多いです。霊能力者として、雨野狭霧と恋人同士のふりをして妖怪を撃退したり、伏黒夜々に憑いた猫神に対して焼き魚を出したり、少女漫画家の荒覇吐呑子の漫画作成をサポートしたりと活躍します。2巻の前半までは、雨野狭霧・荒覇吐呑子・伏黒夜々がそれぞれ主役となるエピソードが盛り込まれていることが特徴です。冬空コガラシは、クラスで浮いてしまったぶん、女の子たちに頼られている姿を描いていることで「孤独」が特徴の主人公ではないことが伝わるエピソードが多いです。

また、高校生活では、湯ノ花幽奈と宮崎千紗希が仲良くなるためのサポートもしています。キャラクターの人間性が描かれていたり、過去を知ったりと、それぞれのキャラクターをより詳しく知ることもできます。さらに、妖怪が寝ぼけて能力を使用したことによって、冬空コガラシがボディソープに変身してしまうエピソードも印象的です。ボディソープの泡も容器も冬空コガラシであるため、湯ノ花幽奈たちが使用すると、冬空コガラシへ感触が伝わります。作者ミウラタダヒロの、独特な感性が垣間見えるエピソードでもあるでしょう。

大きな事件も起こらず、平穏に暮らしている冬空コガラシですが、ある日信楽こゆずと一緒に買い物へ出かけた湯ノ花幽奈が、龍雅玄士郎という男に連れ去られてしまうという事件が起こるのです。実は、強力な霊力がある女性をお嫁さんにしたいと考えていた龍雅玄士郎が、たまたま見かけた湯ノ花幽奈を好きになってしまい、無理やり居城へ連れ去ったことが判明しました。冬空コガラシは、信楽こゆずから事件の内容を聞き、雨野狭霧とともに湯ノ花幽奈を助けようとします。

雨野狭霧は、龍雅玄士郎が「黒龍神」といわれる存在であり、誅魔忍が何人で襲いかかっても倒すことは不可能な相手であることを伝えるのです。最強の相手であることがわかり、冬空コガラシたちがどのように戦うのかが見どころであり、印象的なエピソードでもあります。冬空コガラシと雨野狭霧は捕まり、冬空コガラシが龍雅玄士郎に対して挑発的な言葉をいったことがきっかけで戦いがはじまるのです。冬空コガラシは、黒龍神と称され、強力な霊力を持っているとされた龍雅玄士郎を倒します。

湯ノ花幽奈を救い出すことに成功し、もとの生活に戻りますが、龍雅玄士郎の従者である朧が『龍雅家をより強くしたいから冬空コガラシの子を授かりたい』と言い、ゆらぎ荘を訪れるのです。朧は妖怪を退治する仕事をしている忍者「誅魔忍」の女の子で、ストイックで真面目な性格であり、エッチなハプニングによって冬空コガラシと密着したときには制裁を与えました。真面目な性格である一方、宮崎千紗希の女性らしさを羨ましく思っていたり、女性らしさに欠ける自分自身に悩んでいたりと、女の子らしい部分も持ち合わせています。表現と内面のギャップ、お風呂のシーンで描かれている94cmのバストなど、朧の魅力も注目したい部分です。

3巻17話:冬空コガラシと湯ノ花幽奈の強さの秘密

朧は、冬空コガラシと子作りをするため、ゆらぎ荘に住む女性たちに相談をしたり研究をしたりと努力をして、単純接触によって冬空コガラシに惚れさせることを思いつきます。冬空コガラシは、場所を考えず子作りをしようとする朧の積極的なアプローチにたじろぎながら、平和な日々を送っていました。そして、宮崎千紗希の友人からの依頼で、お嬢様学校「ラフィーネ女学院」で起こっている怪奇現象を見に行くことになるのです。ラフィーネ女学院の生徒会長である白露蓮華と、夜の学校で怪奇現象のリサーチをしていたところ、白露蓮華が動物の霊に憑かれました。動物の霊が現れるきっかけが印象的なエピソードです。

臨海学校のエピソードでは、冬空コガラシの能力が発揮されています。海水浴では、ビーチボートで遊んでいた冬空コガラシや女の子たちを妖怪が襲うのです。アナゴの妖怪は、女の子たちの水着を取ろうとしますが、冬空コガラシが水深300mまで潜水をして退治しました。また、宮崎千紗希は、冬空コガラシが本当に霊能力者であることをクラスの全員に信じてほしいと考え、湯ノ花幽奈や雨野狭霧たちと一緒に、肝試しを利用しようと考えます。計画は失敗に終わりますが、本物の妖怪が現れてしまうのです。霊石に閉じ込められていた妖怪が冬空コガラシの腕へ喰いつきますが、ケガひとつ追わずに解決します。龍雅玄士郎との戦いに続いて、なぜ冬空コガラシが強いのか、秘密をかかえている雰囲気も気になるエピソードです。

4巻26話:新たなライバル登場

臨海学校を終え、日常に戻った冬空コガラシたちは、期末試験も終えて夏休みに入ります。冬空コガラシと湯ノ花幽奈は荒覇吐呑子から誘われ、貸し別荘があるというリゾート地へ向かいました。貸別荘では、地縛霊になったカップルと遭遇します。カップルが、生前2人で駆け落ちしていたところで事故に遭ったことを知り、彼氏を説得して2人を成仏させました。カップルの生前の話の流れから、冬空コガラシは湯ノ花幽奈に対して自身の生前について聞きますが、湯ノ花幽奈は『記憶がない』と答えます。

リゾート地へ一緒に行った朧は、湯ノ花幽奈のポルターガイストの強さや移動できる距離の長さを見て『生前は相当強い霊能力者であったろうな』と口にしました。湯ノ花幽奈は生前、どのような生活をしていた人間だったのか、さらに疑問が深まるエピソードです。さらに、いつ悪霊へ変化するかも不明であることに不安を覚える冬空コガラシに対して、荒覇吐呑子が『霊は、孤独になると悪霊へ変化するのでは?』と言いました。冬空コガラシは、荒覇吐呑子の言葉を聞き、ずっと湯ノ花幽奈と一緒にいることを決意します。

そして、夏休み中は的屋のアルバイトで全国を渡り歩いていた冬空コガラシは、誅魔忍の里へ帰っていた雨野狭霧、狭霧のいとこである新しいキャラクター、雨野雲雀と遭遇するのです。雨野雲雀は、誅魔忍として劣等感を抱いており、恋愛だけは雨野狭霧よりもリードしたいと考え、冬空コガラシに『彼氏のフリをしてほしい』とお願いをします。雨野の屋敷に招待された冬空コガラシは、雨野狭霧に対して気まずいと感じつつ、恋人のふりを続けるのです。3人の様子を見ていた雨野狭霧の祖母が冬空コガラシを気に入り『婿にしてもよい』と言います。祖母の提案を受けた雨野雲雀は、雨野狭霧に対して『冬空コガラシはもらう』と伝えるのです。誅魔忍2人と冬空コガラシとの今後も気になるエピソードでした。

6巻44話:冬空コガラシ争奪戦

文化祭では、冬空コガラシのクラスの出し物として「人魚姫」の舞台を行います。舞台の最初は、湯ノ花幽奈の能力を活かした演出によって盛り上がりますが、観客の反応は徐々に薄くなってしまうのです。雨野雲雀が舞台袖で転び、気を失ってしまうなどのハプニングもありましたが、湯ノ花幽奈が雨野雲雀へとりつき、人魚姫の舞台を成功させました。文化祭のエピソードでは、冬空コガラシに対しする湯ノ花幽奈、宮崎千紗希、雨野雲雀の3人の恋愛感情が動きます。

湯ノ花幽奈は、冬空コガラシに好意を抱きつつも『自分のような幽霊ではなく、生身の人間と結ばれるべきだ』と考えているのです。宮崎千紗希から『冬空コガラシと雨野雲雀が付き合ったらどうするのか』と聞かれた際にも、祝福すると言いました。しかし、文化祭のエピソード内で、宮崎千紗希から『一人で勝手に諦めないで…!』と言われたことによって、自分のなかでの冬空コガラシに対する恋愛感情を認めます。再度宮崎千紗希から質問をされた際に、祝福するとは言いませんでした。そして『じゃあそれはきっと、恋だよ』と言われ、冬空コガラシへの好意を確信します。

湯ノ花幽奈の恋心が明らかになったあと、宮崎千紗希は大雪の降るなか偶然遭遇した冬空コガラシを家に泊めました。宮崎千紗希は男性からの視線に恐怖を感じていますが、冬空コガラシの視線に対しては恐怖を覚えず、反対に見てもらえないと寂しいと感じるほどです。宮崎千紗希も、冬空コガラシに好意を寄せていることを自覚しました。メインヒロイン2人の感情が一気に動く、印象的なエピソードです。その後、宮崎千紗希は湯ノ花幽奈と雨野雲雀に対して、冬空コガラシへの気持ちを打ち明けました。混乱した雨野雲雀は宮崎千紗希を責めてしまいケンカになりかけます。しかし、湯ノ花幽奈も自分の気持ちをはっきりと打ち明け、3人は友達でありライバルでもあるとして、6巻のエピソードは完結です。

7巻53話:イベント盛りだくさんでエッチなハプニングも?

信楽こゆずの力によって実体化できた湯ノ花幽奈とデートを楽しむ冬空コガラシは、占いで湯ノ花幽奈の生前の様子を見てもらうことにします。しかし、生前の姿は、現在の湯ノ花幽奈からは想像できない姿だったのです。いきなり事実が明らかになる驚きと、現在の姿とのギャップの2つが印象的なエピソードとなります。湯ノ花幽奈の未練を晴らせるかもしれないきっかけを見出せたため、2人は喜びました。そして、クリスマスパーティーやアルバイトなどイベントのエピソードが続き、アルバイトでは冬空コガラシと宮崎千紗希が同じ場所で働くことになります。お互いのことを知るきっかけにもなるエピソードであり、距離が縮まるのです。また、両親から「男は狼」と教えられたため、冬空コガラシで過激な妄想をしてしまうシーンもあります。

パーティーでは、宮崎千紗希とゆらぎ荘のメンバーで楽しんでいるなかで、宅配便で届いたクリスマスプレゼントがきっかけとなり、エッチなハプニングが起こるのです。クリスマスやお正月が過ぎて、冬空コガラシの誕生日のエピソードに進みます。ゆらぎ荘の住人たちや霊たちが祝ってくれたことで、恥ずかしさと喜びが隠せない冬空コガラシの姿が、にくめず印象的です。冬空コガラシの誕生日パーティーが行われるなか、鵺の巳虎神マトラと大天狗の娘である緋扇かるらが襲撃し、冬空コガラシをコケシに変えて連れ去ります。

緋扇かるらは、父の仇として冬空コガラシに恨みを持っている様子でした。実際には恨みを持っているふりをしていただけであり、冬空コガラシに近づき、結婚しようとしたのです。結婚宣言を受けた湯ノ花幽奈たちは、冬空コガラシを取り戻そうと緋扇かるらの屋敷へ向かいます。強力な巳虎神マトラと緋扇かるらを相手にして、湯ノ花幽奈たちはどのように戦うのか、黒龍神を思い出させる緊迫した展開も印象的なエピソードです。

8巻62話:冬空コガラシの男気に感動

湯ノ花幽奈たちは、冬空コガラシを助けようとして一生懸命に戦いますが、全員捕まります。湯ノ花幽奈たちの前で結婚式が行われることになり、加えて支離式の儀で冬空コガラシに呪いがかけられ、緋扇かるらの思いのままになってしまいました。しかし、結婚式が終わるころ、湯ノ花幽奈の強力なポルターガイストが発生するのです。呪いまで消してしまう強力なポルターガイストには、湯ノ花幽奈の秘められた能力の大きさを感じます。 冬空コガラシとの結婚計画に失敗した緋扇かるらの、冬空コガラシに対する気持ちも明らかにされることが見どころです。自分をさらった緋扇かるらに対しても、真摯に向き合おうという冬空コガラシの男らしさが印象的なエピソードとなります。

また、バレンタインの純愛エピソードも印象的です。バレンタイン編では、湯ノ花幽奈、雨野雲雀、宮崎千紗希の3人が、冬空コガラシにチョコレートを渡して気持ちを伝えるべく奮闘するエピソードが描かれています。3人それぞれに焦点を当てており、雨野雲雀がお決まりの空回りをみせるなかで、湯ノ花幽奈と宮崎千紗希は自分の気持ちを伝えられました。2人がそれぞれに気持ちを伝えるシーンでは、感動も味わえます。さらに、ほかのゆらぎ荘メンバーも冬空コガラシへチョコレートを渡しますが、独特な仕上がりのチョコレートが多いことも注目したいポイントです。

9巻71話:新キャラクター登場で賑やかに

冬空コガラシがアルバイトしているファミリーレストランで、緋扇かるらが働きはじめます。心配する冬空コガラシですが、緋扇かるらは初日から完璧な接客をしてみせるのです。当然、緋扇かるらの目的は冬空コガラシと距離を縮めることでした。しかし、いざアプローチをしようと動くと恥ずかしくなり、思うようにアプローチができない、不器用な緋扇かるらも印象的です。

9巻のエピソードでは、冬空コガラシたちは進級して学校のクラスメイトにも新しいキャラクターが登場します。宮崎千紗希の友達である柳沢の後輩、轟紫音が入学し、元不良だった自分を変えようと努力する姿が描かれているのです。自分を変えたいという思いとは裏腹に、不良の習慣が抜けずに空回りをします。また、高校デビューを手助けしてくれた宮崎千紗希にお礼をしようと、宮崎千紗希の恋愛を後押しするのです。自分の気持ちに気付いたばかりの宮崎千紗希が冬空コガラシとの距離を縮められるのという点も、注目したいポイントであると言えます。

さらに、新任教師の夢咲春夢も新しいキャラクターとして登場します。冬空コガラシのクラス担任であり、性格は控えめで人見知り、目が前髪で隠れていることも特徴です。夢咲春夢は半分妖怪であり、人間とサキュバスの血が流れています。夢咲春夢は、目を合わせた男性に対して「服を透視する呪い」をかけることが特徴です。新しいキャラクターによって、冬空コガラシの高校生活により活気が生まれ、エッチなハプニングにも拍車がかかります。

12巻102話:冬空コガラシを救え!

冬空コガラシは、トラブルに巻き込まれ悪霊に呪いをかけられてしまいます。冬空コガラシを守る朧を見た龍雅玄士郎は激怒し、最後の一撃を加えようとしました。さらに『冬空コガラシの命を救いたいのであれば』と、女の子たちはパンツを見せるよう強要されます。どのようにして冬空コガラシを救うのか、朧たちの戦いぶりが魅力のエピソードです。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

冬空コガラシ

ゆらぎ荘の204号室に住んでおり、自称肉体派の霊能力者である。悪霊でも神でも殴るが、女性だけは殴らないという男気が魅力だ。最強の霊能力者にとりつかれた際に、弟子として修行をさせられた結果、師匠を倒すほどの能力を手にいれる。加えて、冬空コガラシにとりついた師匠は八咫鋼と呼ばれ、神をも凌駕する存在であった。毎回、冬空コガラシを軸に、エッチなハプニングが起こることも特徴である。

湯ノ花幽奈

冬空コガラシと同じ204号室に住んでおり「ゆらぎ荘の幽奈さん」のヒロインである。幽霊であるため、霊感がない一般の人からは姿が見えない。写真撮影をしても真っ白に写ってしまうが、肉体に触れることは可能である。生前は身体の弱い黒髪の女の子であり、生前から霊能力も強い。

宮崎千紗希

冬空コガラシのクラスメイト。学校で1番の美少女だが、過激な妄想をする癖が特徴。妄想の相手は、冬空コガラシである。周囲からは『女子力の化け物』と称されるほど、性格もよく家事もこなせる。

雨野狭霧

ゆらぎ荘の202号室に住んでおり、妖怪を倒す誅魔忍の霊能忍者。幼稚園~中学校まで女子校に通っていたため、男性と接することが不慣れである。表面上はクールな性格を装うが、実は照れ屋というギャップが魅力だ。学校では、男嫌いに見えてしまう、腕っ節が強いなどの理由で、男子から距離を置かれてしまう。霊装結界という能力を持っており、悪霊からのさまざまな攻撃にも耐えられる。戦闘シーンでのコスチュームはボディーラインが強調されすぎていることも特徴である。

雨野雲雀

ゆらぎ荘の206号室に住んでおり、雨野狭霧のいとこである。誅魔忍であるものの、実力不足を自負しており、雨野狭霧を羨ましく思っている。実力不足によって、霊装結界を行った際に全裸にも見える状態になったこともある。

荒覇吐呑子

ゆらぎ荘の201号室に住んでおり、御三家の宵ノ坂の血を引いているため、怪力の持ち主である。常にお酒を飲んでいることが特徴で、お酒が入ると服を脱ぐ癖があり、服を着ていない描写が目立つ。お酒を飲む量が増えるほど力が強くなり、強くなるほど額の突起物も大きくなる。「ゆらぎ荘の幽奈さん」はバトル要素もあるため、主要登場人物の1人として活躍している。職業は漫画家で、純愛漫画を描いており、女性編集者の羽良嶋と行動することも多い。

神刀朧

ゆらぎ荘の205号室に住んでおり、龍雅玄仕郎という神に仕えていた。龍雅玄仕郎が冬空コガラシとの戦いに敗れたことがきっかけとなり、ゆらぎ荘に住みはじめた。「主人である龍雅玄仕郎を守るため」として、冬空コガラシとの子どもを授かろうと企んでいる。

伏黒夜々

ゆらぎ荘の203号室に住んでおり、猫耳が付いているが、妖怪や霊ではなく人間である。猫神にとりつかれているが、基本的に自分からアクションを起こすことはない。常に眠そうにしており、活躍する場面も少ないことが特徴である。

仲居ちとせ

ゆらぎ荘の管理人であり、見た目は幼く癒し系である。ゆらぎ荘住人のお母さんのような存在だが、実際には座敷童子として住みついている。学生生活に憧れているため、見た目が幼いことを利用して中学校に通いはじめる。

信楽こゆず

見た目は小学生の少女であり、化け狸だが能力を使いこなす実力がない。宮崎千紗希にいたずらをしようとするものの失敗してしまう。改心をして、ゆらぎ荘の管理人室に住むようになった。人を変身させる能力があるため、エッチなハプニングで活躍している。

緋扇かるら

大天狗の娘であり、変身や瞬間移動といったさまざまな能力を持つ。冬空コガラシに好意を寄せており、冬空コガラシをコケシに変えて胸に挟むという、いたずらをしたこともある。また、妖怪の鵺である己虎神マトラとタッグを組んでいる。

如月姫沙羅

テレビやインターネット番組に出演し、心霊ブームを起こした霊能力者である。テレビ局のスタッフを連れて、過激な企画を行うようになる。しかし、霊と交信するだけの能力であり、除霊はできずトラブルに巻き込まれてしまう。冬空コガラシに助けられたことをきっかけに、好意を寄せるようになる。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

ゆらぎ荘:冬空コガラシ

仲居ちとせが管理人として住む賃貸アパートであり、家賃数千円、初期費用0円、保証人不要、即日入居可、食費1万5,000円を支払うと朝食と夕食がつく。もとは「ゆらぎ庵」と呼ばれた温泉旅館である。しかし、湯ノ花幽奈の起こす怪奇現象が噂となり、廃業してしまう。しかし、事実は異なり、湯ノ花幽奈が居たからこそ、心霊旅館として知名度が上がり、賑わったのだ。女将は、心霊現象の有無に関わらずゆらぎ庵の営業を終了する予定であったため、湯ノ花幽奈の存在がきっかけで廃業したわけではない。ゆらぎ荘となった現在も、温泉は入り放題である。

魔の魔屈階段:冬空コガラシ

湯煙高校に伝わる七不思議である。階段の下に男子がいると、必ず女子のパンツが見えるという階段を指す。犯人は「ウワサ」そのものという設定で、霊気が原因で「ウワサ」が現実になるというものである。ウワサそのものの霊気を鎮めるため、冬空コガラシと兵藤、1年生の男子2人の合計4人で女装することになる。女装をした4人のパンツが見えたことによって、女装した男子のパンツが見える階段として語り継がれることになった。

ラフィーネ女学院:白露蓮華

お金持ちのお嬢様が通う女学院である。山頂にそびえる城にも似た校舎を構えている。生徒の一部が交霊術を行ったため、院内でポルターガイストやさまざまな怪奇現象が起こるようになる。原因は、交霊術で呼び寄せた悪霊ではないかと噂されている。

誅魔忍軍:雨野狭霧

妖怪に対して天誅をくだす、女性だけで構成された霊能忍者グループである。基本的に、誅魔忍になれるのは女性だけ。誅魔忍軍で倒せない霊は「神」と呼んでいる。誅魔忍の武器は霊気で形作られており、人間に刺さったとしても痛みはあるが傷は負わない。日本全土に誅魔忍軍の支部を設置できるほどの組織力と動員数特徴である。

御三家:冬空コガラシ

非常に強い霊的存在の家系として、天狐・宵ノ坂・八咫鋼を指す。御三家は、霊の天下統一を目標として1000年以上のあいだ、戦いを続けているといわれていた。しかし、いつからか「八咫鋼の血は途絶えた」といわれるようになった。

デザイアクエスト:冬空コガラシ

アマチュアのゲームクリエイターが作成したゲームであり、発売の直前に不摂生が原因でクリエイターが亡くなった。誰かにゲームをプレイして欲しいという未練から、ゲームに呪いがかかる。公開されていないはずのゲームは、プレイしてくれる人を求め、アマチュアゲームの配信サイトに現れる。ゲーム内で繰り出される技がエッチなものばかりという点が問題である。冬空コガラシ、兵藤、湯ノ花幽奈、雨野雲雀でゲームをしたところ、本人たちの能力や強さを使用できたことで魔王を倒すことに成功した。ゲームの呪いから脱出するまでには数十時間を要するが、4人とも楽しんでいた。

妖怪ウォーターガンサバイバルゲーム:女将

ゆらぎ庵の女将のコレクションである。「うぉぉたぁさばげぇ」と記載されたボックスを開くと、ゲーム開始となる。転倒してもケガをすることはなく、水に落ちた場合も溺れることはない、非常に安全なゲームである。
ゲームの中に入った男性は、水鉄砲へ変身する。水鉄砲の水は、身体に付いているものを溶かす性質があり、全裸になると負けである。最後の1人になるまで戦いが終わらないバトルロワイヤル方式。水鉄砲の中の水は無制限、時間にも制限はなく、優勝賞品として惚れ薬をもらえる。

妖怪双六:女将

ゆらぎ庵の女将のコレクションであり、1人でもゴールしなければ現実には戻れない、呪いの双六である。双六そのもののルール通りに進めばいずれはゴールできるが、マスごとのイベントがエッチな内容であることが特徴。

支離式の儀:緋扇かるら

男性を服従させ、奴隷にする呪いである。どのような命令であっても嫁に逆らえなくなり、死ぬまで尽くし続ける。結婚式という形で儀式が行われ、1度結ばれると、術を操る者であっても解除できない。最高クラスの呪いの術である。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。