漫画『2×BONE』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『2×BONE』とは

講談社より発売されている少年誌『月刊少年シリウス』にて2013年1月号から連載されていたバトルアクション作品である。作者は清水幸詩郎氏で講談社シリウスKCより単行本が発売されており、全3巻の完結済み作品となっている。

MEMO
『2×BONE』はeBookJapanで1巻から最新巻である3巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年12月23日確認)

『2×BONE』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

生物学者である父が失踪してから8年。主人公の来留須アキラはおじとおばが住まう家で面倒を見てもらっていました。その日もいつもどおり学校へと向かうアキラでしたが、1つだけいつもと違うことが起こります。それはアキラの父である生物学者来留須ゲンジの弟子を名乗る奇戸川ロクコが現れたということ。彼女はアキラの前に現れるやいなや、『あなたに生物学的興味があるのです』と言い放ち、彼に接近してきます。突然のことに驚いたアキラはロクコの制止を振り切り学校へと向かうのですが、放課後、アキラは今まで見たこともない骨の化物に襲われることになるのです。動揺するアキラの前に再びロクコが現れ、アタッシュケースを手渡しながらオステオンを開放せよと言い放ち、言われるがままにアタッシュケースへと手を伸ばすアキラですが…。

『2×BONE』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

来留須アキラ

本作の主人公で生物学博士の父を持つ高校生。8年前に父が失踪して以来おじの家で生活しているが、叔父や叔母に対してはいつまで経っても他人行儀である。学校にてエクリプスに襲われた際にロクコより手渡されたアタッシュケースを開き、オステオンの使い手、メリケリウスのマスターとなる。非常に優れた頭脳を持ち、学年でもトップクラスの成績を誇っているが、父親のことを「変態生物学者」と罵られ、父のことを嫌っている。ロクコとの出会いにより、人類が直面している危機を知り、嫌々ながら世界の平和を守る戦いに身をおくこととなる。

奇戸川ロクコ

来留須ゲンジの助手で天然パーマが特徴的な女性。彼女もオステオンの使い手で、名前はジャック・ジャック・ロー。アキラに対して異常なまでの興味を示しており、初対面にもかかわらず『あなたに生物学的興味があるのです』と言い放つほど。アキラを戦いへと導いた張本人。

メリケリウス

アキラのオステオンで救世骨種とされている。非常に高飛車で負けず嫌い。アキラがマスターだとわかると『こんなマッチ棒が俺のマスターとはな』と早速毒舌を吐いている。戦闘能力は非常に高く、中型エクリプスを一瞬で破壊してしまうほどである。

来留須ゲンジ

アキラの父。8年前に失踪して以来、アキラはゲンジのことを嫌っているが、実はアキラのことを守るために失踪した。その事実は助手のロクコによってアキラに伝えられる。

『2×BONE』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

オステオン

使用者の血を媒介とすることで現れる善良な外骨格生物。媒介となった血の提供者をマスターとし、命令に忠実に戦う。世界がエクリプスに支配されることを危惧したゲンジが世界の平和を守るため開発した外骨格生物で戦闘能力は血の提供者の遺伝子によって変動し、遺伝子が強ければ強いほどオステオンの戦闘能力も高くなる。

エクリプス

世界を支配するために人間の滅亡を企んでいる生物。基本的に闇の中に生息し、突如人を襲う。基本的には人類と同じ思考回路や身体構造を持っているが、一番の違いは血肉ではなく外骨格を強化することで進化を遂げた生物であるということである。エクリプスは破壊することでしか生命活動を停止させることができず、外骨格生物の名の通り、ホノがむき出しの生物でサイズも様々であるが、大きさと強さは比例する。

カミナルキュルシュ

この世界を救う救世主とされるオステオンを指す名称。アキラと血の契約を交わしたメリケリウスがカミナルキュルシュではないかとロクコは感じている。

『2×BONE』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

ホラー要素とても強く最初はとても怖かったが見始めたらその怖さにはまってきました。 とても俳優陣が豪華でとても見ていて相姦の気持ちになり 最後まで楽しかったです。 人間描写がとても複雑に描かれていてまたそれによりストーリーの奥深さが出ててよかったです。

 チョコレート チーズケーキ さん(50代/男性/個人事業主/既婚)

不気味な設定ですが、嫌いではありません。むしろ興味を持って読んでいます。

 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚)

清水孝志郎はこれから成長する作家という感じがします。これが2転する作品だからです。「あなたに生物学的興味がある」と聞かされたアキラの前に現れた、なぞの少女「ろくろ」エクリプスに狙われているという!そしてそれを防ぐためにアキラだけのオステオンを連れてきたと!闇からエクリプスが生まれた時、血よりオステオンが誕生する、ここから展開します。

 ゆうゆう。 さん(70代/男性/パート・アルバイト/既婚)

謎の少女感がたまらなくおもしろい。

 かれん さん(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)

面白くてどんどん読み進めました。一気に読み終わりました。

 メイコ さん(30代/女性/正社員/既婚)

良い

絵のタッチから想像するよりもダークです。既存の冒険・ファンタジー物とは一線を画すように感じるのは「骨」、人体の内部にあるものに関するストーリーだからでしょうか。この秋、じっくりとマンガを読みたいという方にぜひともお勧めしたいです。

 だぁ。 さん(40代/女性/正社員/既婚)

男子高校生のもとに突然現れる不思議少女と怪物たち。命の危険にさらされながらも、すったもんだしながら事件を解決していくのが面白かったです。

 サシミ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

ディーグレイマンのようなダークファンタジーが好きなので期待して購入しました。骸骨型のクリーチャーが躍動していてカッコよかったです。

 かみきち さん(20代/男性/正社員/独身)

ふつう

ダーク×骨×アクションを上手く絡めてストーリー展開されている漫画だと思いました。

 妻 さん(40代/女性/個人事業主/既婚)

登場人物である骨の化け物・骨喰虫(エクリプス)の絵が不気味な印象です。アクション物語ですが、普通だと思います。

 あc さん(40代/女性/個人事業主/独身)

あまり好みの作品ではありませんでした。でも、キャラクターを描き込んでいるところには好感を持てました。

 やよい さん(50代/女性/個人事業主/既婚)

悪い

絵とストーリーもあまり好きではないです。何かごちゃごちゃしてるかんじがして見にくい絵です。

 クマさん さん(50代/男性/経営者/既婚)

血や骨など、内容がかなりブラックで、個人的に好きになれませんでした。好きな人は好きなんだろうなと感じました。次の巻には手を伸ばさないと思います。

 マガラブ さん(30代/女性/パート・アルバイト/独身)

ダーク骨ファンタジーですが、個人的には面白くありませんでした。物語冒頭、要はつかみの部分が強引でテキトウだなと感じました。ストーリーを重視する人でなければ、変なこと考えずに読めると思います。

 pom さん(20代/男性/パート・アルバイト/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年11月09日~2018年11月19日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。