漫画『流星傘下』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『流星傘下』とは

流星傘下は、講談社から発行しているマガジンエッジで連載開始。作者はミナヅキアキラ、漫画のジャンルはファンタジー。星が降り注ぐことで地上に住めない人間は空に幕を張るドラセナと出会い、人々は地上で生活できるようになっていく。

MEMO
『流星傘下』はeBookJapanで1巻から最新巻である3巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年12月23日確認)

『流星傘下』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

降り注ぐ隕石に恐れて地上に出られず地下に住んでいた人間の先祖は、400年前にドラセナと出会いました。ドラセナは空に巨大な濃い空気の防壁である天幕を張り人間を守りました。ドラセナの天幕で地上へ出ることが出来るようになった人間達はドラセナと協力し、一緒にドレンチェスタの街を造りました。400年の時が流れ、人間が何世代にもわたり亡くなり生まれることを繰り返し見続けてきたドラセナは、自分と同じ種族の存在を何度も考えてきました。今日も同じことを考えながらドレンチェスタの街を歩いていると、今まで見たことがなかった黒い目と髪を持った女性を発見します。自分と同じ種族なのか確認するために女性に質問をすると、そこでドラセナは聞き慣れない単語を耳にします。

『流星傘下』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

ドラセナ

ドレンチェスタを400年の間、降星から守り続けている存在で天幕様と呼ばれている。空気の質を変えて、巨大な傘のような状態を創りだして街を守っている。隕石などの質量の高い固形物が落下する場合は、近くに接近するまで待ち直接弾き被害を最小限に抑えている。街の民に感謝されとても慕われている。黒い目と髪を持ち若々しく、出生は謎だが400年以上生きている。食事は草木のように水のみで体内には水が血液のように流れ、肌の色は白く体温が低いため、人間より樹木に近い存在と考えられている。寒さにとても弱い。

ヨシノ

ドレンチェスタに来ていた鉄売り。地下の街で水だけを口にして育つため、周囲は天幕を張ることを期待していたが成長を重ね人間に近い存在になり、まがいものと呼ばれるようになる。期待に応えられなかったため地下に居ずらくなり、今は川沿いの岩窟郡に住んでいる。昔、天幕に近かった存在だった名残から傷の治りが早い。アンリという人間との間に生まれた子供がいる。

負傷した鉄売り

鉄や石炭を街に持ってくる出入りする業者。隕石の直撃は免れたが落下の衝撃で怪我をしてしまう。ドレンチェスタ周辺では取りつくした鉄を持ってくる貴重な存在。天幕の中に住みたがらないため、よからぬ者との繋がりを疑われている。

ローライト

白髪で赤目の鉄売り業者、ヨシノの夫でありアンリの父親。ドレンチェスタに直接足を運んで鉄を運ぶことはなく、鉄を集めることに専念し他の者に売買を頼んでいる。

『流星傘下』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

擁幕隊

天幕であるドラセナを守る為の衛兵隊、ドラセナの人格を尊重するヨランが隊長を務める。ドラセナが被害状況の確認のために街の様子を見に行く時に同行している。

ドレンチェスタ

ドラセナと人間が一緒に造りあげた街。以前は星が降り注ぐ地上に人は住めなかったがドラセナと人間の先祖が400年前出会い、ドラセナが空に天幕を創り星から守り続けることで成り立っている。天幕の覆う範囲は安全なため、街の居住区がひしめき合い、他からやってきた人間を住まわせる余裕がない状態になっている。

天幕様

草木のように水だけで生き長らえる特殊な種族のことで、天幕を創れることが名前の由来。ドラセナもこの種族。同種は天幕を創れるものと考えられ、世の中には他にも同種がいる可能性がある。人間とは違い、体内に流れているのが血ではなく水なので、肌は白く体温は極端に低い。目や髪の色が黒いのも特長の一つ。切り傷程度であればすぐに自然治癒する。人間よりも樹木に近い存在で、出生は謎に包まれている。おとぎ話の本の題材にもなっている。

『流星傘下』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

絵、世界観、設定総じていい作品だと思います。話の進め方もテンポが良くサクサク読めるのもいいですね。ただ主人公かな?黒髪の子の表情と目が少し設定と合わないな~と個人的には思いました。もっと人外よりにしても面白いかな。そこを差し引いても吸い込まれそうな世界観が気に入ったので次巻も購入予定です。

 AG さん(20代/男性/個人事業主/独身)

美しい絵に、今までにない世界観に引き込まれてしまいます。天幕様の起源が知りたい、アランの成長を見守りたい・・・などと、続きが気になって仕方がない一作!

 まゆみチャン さん(30代/女性/公務員/独身)

とっても面白い漫画だと思いました。続きが読みたくなりました。

 わに さん(20代/女性/無職/独身)

悠久の時間を生きるドラセナには優しいお友達が必要だと思います。

 ふせん。 さん(60代/男性/個人事業主/既婚)

美しい話。詩を読んでいるかのような気分になります。

 くろまめ さん(30代/男性/公務員/既婚)

良い

表紙が奇麗だったので購入しました。多くの人と出会い、繋がり、そして別れる。それを何度も経験していると思うと切なさと恐怖を覚えました。

 うっちぃー さん(20代/男性/正社員/既婚)

神秘的な画を魅力的なストーリーで、なかなか良かったです。

 まさし さん(40代/男性/個人事業主/独身)

友達に勧められて購入しました。とても面白く一気に読んでしまいました!

 メンデリーナ さん(10代/女性/学生/独身)

ふつう

謎が多く散りばめられている絵が綺麗なファンタジー系マンガです。展開が少し早い場面があったり謎の解明が曖昧だったり、読み返しが必要な時がありましたが個人的には読んでよかったと思えた作品です。

 白玉 さん(30代/男性/正社員/独身)

悠久の時間を生きるドラセナは、自分より幼い人々が先に逝くという寂しさを感じています。大作になるかなという展開でしたが、急転直下の完結(3巻)が惜しまれます。第二次探査隊の活躍とか、天幕の国の有無など、気になります。

 かのじ さん(60代/男性/無職/既婚)

とても惜しいと思います。好感度の高い作画なのですが、ストーリーが分かりにくいです。「天幕」って、そもそも馴染みのない読者が多そうなので、感情移入しにくいです。

 ヘネシー さん(50代/女性/個人事業主/既婚)

悪い

順平 時間が経過しても自分だけは若いまま、永遠の孤独の悲哀を題材にしたファンタジー漫画です。流れ星をネガティブに描く珍しさが目を引き、キャラクターの立ち位置も分かりやすいので面白いですが、絵柄が個人的に好みでは無いので「悪い」に評価しました。

 赤ネクタイ さん(40代/男性/正社員/独身)

降星を弾く天幕…ん~テーマがあまり興味湧かなかったですね↓絵は綺麗です!

 あっき さん(40代/男性/正社員/既婚))

なんだか火の鳥の二番煎じのようなストーリーですね。

 いみある さん(50代/男性/正社員/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年02月18日~2019年03月18日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。