漫画『花街ヒイロヲ』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『花街ヒイロヲ』とは

寺井赤音による日本の漫画作品。漫画雑誌『少年マガジンエッジ』2015年10月号~2016年1月号 連載。単行本はマガジンエッジKC(講談社)より刊行、4巻で完結。時は江戸時代、舞台は吉原遊郭。その遊郭の一つ斑屋に世にも珍しい男花魁がいた。その名は黒羽と白金。その魅惑的な容姿は男女共に虜する花魁。その裏では吉原に集う人の心の弱さや欲望を糧に咲く花傀儡を倒すために、狐の力を纏い戦う。二人の戦う姿とヒューマンドラマを描く時代物アクションファンタジー。

MEMO
『花街ヒイロヲ』はeBookJapanで1巻から最新巻である4巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年12月24日確認)

『花街ヒイロヲ』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

江戸幕府公認の遊郭、吉原の斑屋で働く黒羽と白金。黒羽は、女性的な妖艶な容姿と巧みな話術で多くの客を取る人気の花魁。白金は選り好みが激しいですが女の客に人気があり、二人は黒と白の対になるような勾玉を身に着けています。黒羽が馴染みの客を相手していると、その客は心中を迫り、暴れ出す事件が起こります。その客は、心の隙間に「艶種」という種が宿り、花の妖の如く大きく開花し黒羽を襲います。しかし黒羽と白金はただの男花魁ではなく、狐の力をその身に纏い、種憑きとなった人と戦う役目を負った花魁だったのです。斑屋の開かずの扉の奥に住む狐様より授かった狐の力が宿る勾玉を身に着けることにより、「艶種」という種を宿した人を花傀儡として具現化させ倒し、種の流出を防ぐために戦っているのです。明るく振舞いながらも、どこか飄々としている黒羽。かつて愛し、死に別れた女性に瓜二つの黒羽にその面影を重ね、黒羽を守る為にそばにいる白金。二人が織りなす人間模様と、花傀儡を倒す為の戦いが、吉原を舞台に繰り広げられるー。

『花街ヒイロヲ』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

黒羽

主人公。斑屋で働く男花魁。店でも人気の花魁で、長い黒髪とその妖艶な容姿で男女共に虜にする。華やかで、金使いも豪勢。明るい性格はしているが、そこはかとなく影をもつ青年で、同じ男花魁仲間の白金さえも心の内は知ることは出来ない。狐様の勾玉で力を使い、花傀儡となった人を倒す。

白金

黒羽と共に斑屋で働く男花魁。客の選り好みが激しく、嘘もつけない人柄で馴染み客は少ない。黒羽と同じく狐様の勾玉で力を使う。黒羽は愛した女性の姿に瓜二つで、そのせいか黒羽の金遣いの荒さや、垣間見る暗い表情に心から心配し、守ろうとしている。

雪次郎(後にゆきじと改名)

親に売られてきた子供。見目も可愛らしく、二代目黒羽に育て上げよと命じられるくらいその素質がある。売られた当初は親の為、村の為と思い笑うことで偽っていたが、黒羽によって心の内を吐き出し、親とも和解。黒羽により救われ、斑屋で働いていくことを決意する。狐様の住まいにもいける素質もある。

狐様

斑屋の開かずの扉奥に住んでいる、狐の土地神様。艶種を宿した客が外に流出しないよう防ぐため、黒羽と白金に狐の勾玉を与えた。その場所から出ることが出来ない。かなり高齢で、記憶もあやふやで自分の名が分からない。豊かな尾の持ち主で、黒羽と白金はこの尾をモフるために頑張っているというほどの癒しでもある。

斑屋の楼主

斑屋の主。長髪の一見穏やかな容姿ではあるが、遊郭の主が持つ冷酷さを垣間見せる。商売に関してはそれなりに手厳しいが、花魁たちの理解者でもある。

紅香

斑屋で働く花魁。黒羽を目の敵にしている。しかし花魁としての仕事はプロ。どんなに気に食わない客でも、黒羽に客を取られるくらいなら、死んだほうがましと言い切るほど。

金助

眼鏡屋の主。ぼさぼさの髪で丸眼鏡をかけている。平凡そうに見えるが、彼が語る言葉は所々、意味深で不穏。敵か味方かわからない。

蝶々売りの二人

グラマラスで黒羽ファンな女性とゆきじと同じくらいの年齢の女の子。黒羽ファンの女性と白金は、出会い頭に喧嘩を売るほど相性が最悪。女の子は、ゆきじに友達にならないかと声を掛けられ、照れながら了承していた。

唐辛子屋の商人

強面の青年。大きな唐辛子を脇に抱えている。ゆきじが黒羽を探す際、声を掛けたら凄まじい威圧を発しながら、聞いてもない事を言い出し、ゆきじと白金は逃げるようにその場を離れた。

黒羽の馴染みの客

斑屋の客。日頃はとても穏やかな人柄であったが、艶種が与える影響で急に人が変わったように変貌した。花傀儡に具現化させられ倒される。

『花街ヒイロヲ』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

吉原遊郭

戸幕府公認の遊郭。歪み街、廓とも呼ばれている。遊女は身を売り借金を返済するまで出られない。最近では吉原に「でっかい華が咲く」と噂が流れている。

斑屋

吉原の遊郭のひとつ。数多くの花魁たちが働いていて、黒羽と白金が男花魁として働いている店。

斑屋の開かずの扉

斑屋の奥深くにあり、その奥は狐様が住む神の神域でもあり、選ばれた人しかその扉は開かない。黒羽と白金しか入れなかったのだが、ゆきじにも素質があるらしく入れた。

狐の勾玉

狐の力が込められた勾玉。これを付けることにより力がその身に纏う。そして、その力により艶種を宿した人を花傀儡と具現化させ、倒すことが出来る。陽と陰の気が混じり合った人間ほど強く発揮し、「男なのに花魁」という真逆の性質を持った黒羽と白金が適任として選ばれた。

艶種

吉原にくる人の欲望を糧にする種。なんらかの形で人に宿ると人格が変わる。そして花街を作りたいという意思を持ち、その意思は周囲にも花粉の如く伝染し増やし、新たな花街が増えることにより女が悲しむ地獄となる。

『花街ヒイロヲ』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

男花魁、狐、隠された過去など、好きな要素がたくさん詰まっていて面白かったです。

 藤子 さん(20代/女性/個人事業主/独身)

絵が美麗で好みでした。男の花魁の話で、今までよんだことのない展開だったので新鮮でした。和風ファンタジーでちょっとしたコメディ展開もあって、読んでいて楽しかったです。ハマってしまったので続きも即買いました。

 ぺっとん さん(20代/女性/個人事業主/独身)

歪み町の廓、斑屋で働く男花魁が主人公。テンポが良く、絵柄も綺麗です。設定がとても新鮮なので漫画好きは是非読んでみてください。
 くろまめ さん(30代/男性/公務員/既婚)
時は江戸時代、ちょっと大人の世界。数ある遊女を差し置いて、男性である黒羽は女性顔負けの色気で男性を落としていきますが…?!黒羽の色気と正体が気になりすぎてついつい読み進めてしまいます。

 ゆえ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

花街に咲く男花魁。痴情のもつれも花傀儡と戦って解決?もっと他の花魁たちとの日常を描いてくれたら話に奥行きがでたのに。

 春雷 さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

良い

タイトルを読んで遊郭モノだろうなと思ったら、何と女性だけでなく美少年の花魁が出てくる、しかもいやらしさのない美しいエンターティメントを感じさせてくれて、続きが気になる作品です。

 アキラ さん(50代/女性/パート・アルバイト/独身)

とにかく物語が鮮やかだし独特な味があるから。

 greji さん(20代/男性/学生/独身)

美男子が登場する作品を数多く読んできた私は、迷わず本作品を購入しました。男性のキャラクターが花魁に扮装した様相は、とても妖艶で魅力的です。

 オブオブ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

ふつう

男だけど色っぽい感じの花魁さんたちが戦います。おもしろいです。
 ぽんた さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
普通に色街の花魁といえば女ですが、これは男の花魁が主役というので少し新鮮に感じました。ただ、退治しているいわゆる悪の種みたいなあたりがストーリー的に難しかったと思います。

 ニック さん(10代/女性/学生/独身)

男花魁の二人が悪と戦う話。一応BLみたいなので自分は苦手でした。全体的にごちゃっとしていて読みにくかったです。

 サートゥ さん(40代/男性/個人事業主/独身)

悪い

もっと基本的な歴史や文化がおざなりな気がしました。花魁に関してももっと勉強してほしい。

 ダンサー さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

設定がごちゃごちゃしていて分かりにくかったです。

 moca さん(30代/女性/個人事業主/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年02月18日~2019年03月18日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。