漫画『e’ イーダッシュ』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『e’ イーダッシュ』とは

「e’ イーダッシュ」は、小学館から発売されている月刊サンデージェネシスに連載されていた青春SF漫画である。作者は森見明日で、そのコミック版は同じく小学館のサンデーGXコミックスというレーベルから刊行されている。

MEMO
『e’ イーダッシュ』はeBookJapanで1巻から最新巻である1巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年12月24日確認)

『e’ イーダッシュ』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

高校1年生の萌葱空は、実家が銭湯を営んでおり、祖父が手入れしている庭園が大のお気に入りなのでした。そんなある日、庭園に目をやると緑色の髪をした少女が横たわっているように見えたのですが、彼女は空の学校に転入してきたばかりであり自らを七草葵と名乗るのでした。クラスで改めて彼女を見ると髪の色は普通の黒であり、空は自分が見たのは見間違いだったのではないかと思うのですが、実はそれは見間違いなどではなく彼女は空のかなたからやってきた宇宙人なのでした。そのことが明らかになったのは、庭園に煙草のポイ捨てをしようとした不良たちと空がトラブルになったときのことで、彼女の真の力が解放されることとなり、自然のエネルギーを使って不良たちを撃退することに成功するのでした。

『e’ イーダッシュ』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

萌葱空

萌葱空は、この物語の主人公である高校1年生の男子である。正義感の強い性格であり、曲がったことが大嫌いである。実家は萌湯という名前の銭湯を営んでおり、そこにある祖父が手入れをしている庭園が大のお気に入りである。そのため、庭園を荒らす不良たちのことを放ってはおけず、タバコがポイ捨てされているのを見るたびに彼らを撃退しようと戦いを挑んでいる。その身体能力は高く、複数の不良を相手にしても一歩も引けを取らないほどであるが、不意打ちされて危機に陥った際に七草葵に助けられて以来、彼女と親密な関係になっていくのである。

七草葵

七草葵は、この物語の主人公である萌葱空が通っている高校に転校してきた謎の女性である。空がはじめて彼女を見た際に髪の毛の色が緑色に見えたかのような錯覚を覚えたが、実はそれは錯覚などではなく、彼女の正体ははるか空のかなたからやってきた宇宙人なのであった。彼女が住んでいた星には、成人するまでに他の星で寄宿生活を送るという決まりごとがあり、なかでも地球はホームステイ先として一、二を争う人気があることから、彼女も地球に住むことを決めたのであった。性格は控えめで奥ゆかしいが、一度危機に瀕すると自然の力を解放して高い戦闘力を発揮することができる。

『e’ イーダッシュ』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

光合成

光合成とは、植物が二酸化炭素を吸収してエネルギーを作り出すために行う活動である。宇宙人である七草葵もこの光合成を行うことができるという能力を備えており、自らの力を解放して疲弊した際には、これを行うことで力を回復することができるのである。その際には、服を脱いで素肌を晒す必要があるため、はじめてその様子を目撃した主人公の萌葱空は、思わず赤面してしまったのであった。

萌湯

萌湯とは、この物語の主人公である萌葱空の実家が営んでいる銭湯の名前である。彼の祖父が手入れしている庭園を備えており、空はそこの植物たちが大のお気に入りなのであった。そのため、庭園を荒らしている不良たちのことを許すことができず、複数を相手に戦いを挑むことになる。

宇宙人

宇宙人とは、この地球以外の惑星に暮らしている高い知能を有する生命体である。登場人物の一人である七草葵は、実は宇宙人であり、成人するまでに他の星で寄宿生活を送るという自分の星のルールに従って地球へとやってきたのであった。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。