漫画『WESTWOOD VIBRATO』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『WESTWOOD VIBRATO』とは

「WESTWOOD VIBRATO」は、小学館から発売されている月刊サンデージェネックスに連載されていた音楽漫画である。作者は尹仁完と金宣希の二名であり、コミック版は同社のサンデーGXコミックスというレーベルから刊行されている。

MEMO
『WESTWOOD VIBRATO』はeBookJapanで1巻から最新巻である4巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年12月24日確認)

『WESTWOOD VIBRATO』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
コーネリア・ボボ・ウォッシャーは、南アフリカのケープタウンに住んでいる西アフリカ出身の若い女性です。その見た目に関わらず、どんな楽器でも依頼人の求めに応じて修理することができるという天才楽器修復師としての名声を有しており、彼女の元には世界中から楽器の修復を依頼する人々が集まってきます。そんな彼女は、かつての内戦によって左足を失って以降義足での生活を余儀なくされており、また頭部にも被弾した弾丸が残ったままであるなど、不自由な体で仕事を続けているのでした。そんな彼女が営む「WESTWOOD VIBRATO」という名のアトリエに、スワン・エヴァンスという名のサックス奏者が訪れ楽器の修理を依頼するのですが、彼はかつて失った大事な女性のために、人生の最期にサックスを奏でたいと願っているのでした。

『WESTWOOD VIBRATO』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

コーネリア・ボボ・ウォッシャー

コーネリア・ボボ・ウォッシャーは、この物語の主人公である西アフリカ出身の女性である。かつて内戦に巻き込まれたことで義足での生活を余儀なくされており、頭部をはじめとする体中に弾丸などのカケラが埋め込まれた状態となっているが、千の響きを聞き分けることができると言われている高い聴力を活かして、天才楽器修復師として活動を続けている。彼女自身は、自らの聴力のことを、幼い頃の事故のせいで幻聴が聞こえるだけであると述べているが、実際にはその能力を活かして依頼人の過去に起こった出来事を手に取るように頭の中で再現することができるという特異な力を有しているのである。

スワン・エヴァンス

スワン・エヴァンスは、この物語の主人公であるコーネリア・ボボ・ウォッシャーのもとを訪れて、ブリルハート・クリスタルでできたマウスピースの修復を依頼することになるサックス奏者である。彼には、若かりし頃に出会ったローズ・マリーという名の女性を音楽によって死に追いやってしまったという悔恨を背負って生きてきた過去があるのであるが、末期がんに罹患した今になって彼女への償いのためにかつて使っていたマウスピースを再び使って一曲を奏でたいと願っているのであった。

『WESTWOOD VIBRATO』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

WESTWOOD VIBRATO

WESTWOOD VIBRATOとは、この物語の主人公であるコーネリア・ボボ・ウォッシャーが営む楽器修理のアトリエである。その所在地は南アフリカのケープタウンにあるボルダーズビーチという海岸沿いであるが、天才楽器修理師としての名声を聞きつけて、世界中から楽器の修理を依頼する者がこの地を訪れてくるのである。

ハン

ハンとは、東洋のとある小国で使われている文字の一種で、「未練」や「後悔」を意味している。コーネリア・ボボ・ウォッシャーが営むWESTWOOD VIBRATOには、このハンの文字が壁に掲げられている。

The MUSIC

The MUSICとは、この物語の主人公であるコーネリア・ボボ・ウォッシャーが愛読している音楽専門誌である。この雑誌に掲載されたこともあるジャズ・サックス奏者であるスワン・エヴァンスが彼女のアトリエを訪問して、サックスのマウスピースの修理を依頼することになるのである。

ボルタメント奏法

ボルタメント奏法とは、低音から高音までを粘っこくつなげ官能的に演奏するというサックスの奏法の一つである。サックス奏者であるスワン・エヴァンスは、若かりし頃に心を通わせていたローズ・マリーという名の女性の前でこの奏法で演奏したことで、彼女を死に追いやってしまったことを悔いているのであった。

『WESTWOOD VIBRATO』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

音楽や楽器が好きなので読みました。どんな楽器でも依頼人のリクエストに応えて修理するスゴ腕のマイスターは、なんと西アフリカ出身のうら若き女性!!彼女が直すのは楽器だけでは無く、、、美しい景色と様々な人達。物語のストーリーや描写も美しく面白いです!!次の巻も楽しみです!

 マンガマン さん(20代/男性/正社員/独身)

音楽がテーマの漫画は沢山ありますが楽器修理の主人公の漫画は初めてです。主人公の人間性に惹かれました。

 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚)

とても魅力的なストーリーです。

 こじこーじ。 さん(30代/男性/正社員/独身)

絵も迫力があり、内容も面白かったので、また読みたいと思いました

 ミサイル さん(30代/男性/正社員/既婚)

海外で活躍する様な内容で面白いと思います

 まろん さん(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)

良い

ワクワクして最後まで興味津々で読めました。ストーリーの展開が上手だと思いました。

 ハッピーくん さん(50代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

異国情緒溢れ、キャラクターや背景も素敵。大人向けで色々考えさせられるようなお話でした。

 春雷 さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

まず、絵がとてもきれいで可愛いかったです。音楽についての知識も得られますし、修理を依頼してくる人たちとの交流も印象的でした。

 名無し さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

ふつう

内戦によって傷ついた女性を見て切ない気持ちになった

 とっしー さん(40代/男性/個人事業主/独身)

原作・作画共に韓国の作家の作品ですね。妙にロマンティックなプロット、キャラ設定が何となく韓流ドラマっぽいなあ。ストーリーも画面作りも綺麗にまとまっていて、快適に読み進めることができました。

 べれーが さん(50代/男性/無職/独身)

自分がしんどくても、楽器には力を入れて直している姿がすごいと思いました。

 コナン さん(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)

悪い

あまり好みの絵柄ではありませんでした。ストーリーも分かりにくかったです。

 イマリ さん(50代/女性/個人事業主/既婚)

原作と作画が分業している漫画です。主人公の女性を全面に押し出していますが、お洒落さを追求する一方、内容の無さが気になります。
 森田 さん(40代/男性/個人事業主/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年02月15日~2019年03月15日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。