漫画『戦国新撰組』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『戦国新撰組』とは

富沢義彦原作、朝日曼耀作画による日本の漫画作品。漫画雑誌「月刊サンデージェネックス」2016年7月号より連載。単行本はサンデーGXコミック(小学館)より刊行、3巻で完結。幕末時代、京都の治安を守る江戸幕府の警備組織「新選組」に所属している土方歳三が、いつの間にか見知らぬ森でいて、何者かに襲われていた。土方歳三のそばに残されたのは、殺された仲間たちと隠れて生き残った佐久間像三の息子、三浦啓之介だけだったー。「新選組」の隊士たちが戦国時代にタイムスリップし、激動の時代に巻き込まれていく戦国歴史物語。

MEMO
『戦国新撰組』はeBookJapanで1巻から最新巻である3巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月1日確認)

『戦国新撰組』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

気が付けば見知らぬ森にいて、共にいた仲間たちは何者かに襲われて殺されてしまった状況の異常さに、愕然とする「新選組」副長の土方歳三。隠れて難を逃れていた新選組隊士の三浦敬之助と共に、状況を確認するためにその場を離れ、暗い森の中を歩き出す二人でしたが、また武装した男たちに囲まれ捕らわれてしまいます。その際に、男たちが互いに呼び合っていた名前を耳にして、驚愕する敬之助。それもそのはず、その名前はかの有名な木下藤吉郎、後の太閤・豊臣秀吉だったのです。

捕らわれの身になった土方たちは織田信長の本陣に向かう道中、藤吉郎と会話を交わすうちに、幕末時代から戦国時代にとばされたことがわかり、そして今は桶狭間の戦いの前であることがわかったのです。一方、他の新選組も戦国時代にとばされていて、捕らわれている土方たちの奪還に動き出します。そして桶狭間の戦いのさなか、歴史を覆すやもしれない事態が起こってしまいました。それに巻き込まれていく「新選組」の隊士たちは、新たな戦国時代の幕開けを迎えることになっていくのです。

『戦国新撰組』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

三浦敬之助

本作の主人公。佐久間象山の息子で、本名は佐久間格之助。父の仇討のため新選組に入隊したが、親の名を出して威張っていたりと、なにかと評判はよくない。土方と共に蜂須賀党に捕らわれてしまうが、歴史に詳しく藤吉郎や小六の名前を聞き、そこから状況を推測して、自分たちが今いる時代や時期を的確に判断していた。

土方歳三

新選組、副長。粗野ではあるが男気があり、他の隊士たちにも慕われている。屯所にいたはずだったのに突然森の中いて、何者かに襲われたが生き残る。その後敬之助と行動を共にしていたが、蜂須賀党に捕らわれてしまう。刀の腕では名はあがらないが喧嘩では隊士のなかで随一である。歴史に疎い。

島田

土方達と途中で合流したが蜂須賀党に捕らわれてしまう。信長が構える本陣に新撰組が奇襲を起こした際、小六と戦い、刀で片腕を飛ばされた。

木下藤吉郎

蜂須賀党と行動を共にし、棟梁の小六の片腕的存在。後の太閤・豊臣秀吉ではあるが、土方たちと出会ったときは、まだ桶狭間の戦の参陣は認められていなかった。後に信長より、鬼柴田権六の配下につくことを許される。敬之助から『藤吉郎はいずれ天下をとる』と言われ気をよくする。土方と敬之助の会話に耳を傾けるうちに、次第に気にかけるようになっていく。

蜂須賀小六

蜂須賀党の棟梁。木下藤吉郎の片腕的存在。かなりの剛力で土方と島田を同時に倒す。藤吉郎が土方と敬之助に気にかけることを快く思っていない。

近藤勇

新選組、局長。他の新選組の隊士と共に戦国時代にとばされていた。土方たちが捕らわれているのをみて、助け出す機会を伺っていた。そして信長の本陣に奇襲し、土方と合流したがすぐに、権六に刺される。

織田信長

尾張の戦国大名。奇妙なものを好むので、藤吉郎は信長への手土産に土方や敬之助を差し出したが、信長は即座に斬首を言いつけた。その後、土方たちの奪還に動いた新撰組の奇襲を受け、その戦いのさなか、敬之助に幕末時代の鉄砲で撃ち殺された。

鬼柴田権六

織田信長の配下。鬼のような風貌で体も大きく、近藤と斎藤の二人がかりで挑んでもびくともしなかったが、斎藤の機転により、次第に押されていく。しかし一瞬の隙をついて近藤を刺し重症を負わせた。

『戦国新撰組』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

新選組

江戸幕府の治安警備組織。会津藩の松平容保の庇護のもと発足された。局長は近藤勇、副長に土方歳三。隊員数は200人を超える。

蜂須賀党

どこの部隊にも属さない独立部隊。蜂須賀小六が棟梁で、藤吉郎も片腕として所属していた。その辺の大名より力があるらしい。後に権六の配下になり、桶狭間の戦に参陣する。

野武士

農民の武闘集団。山などに潜伏したり、戦いにも参加している。蜂須賀党がその野武士集団。

尋問相撲

小六による尋問しながら、取る相撲のこと。相撲の技で相手を痛めつけながら行う。土方が捕らわれた際に、その尋問相撲を取った。

桶狭間の戦い

永禄3年に尾張国桶狭間で行われ、今川義元が率いる2万5千の軍勢に対し、信長が2千の少数の軍勢で奇襲し、今川を破った有名な合戦。織田信長の名がこの世に知れ渡った代表的な戦である。

池田屋事件

京都三条木屋の旅館、池田屋で潜伏していた長州藩などの攘夷派志士を新選組が襲撃した事件。その事件の場を敬之助は見ていた。

屯所

隊士たちが詰めいている場所で、道場や隊士の宿舎も兼ねている。新撰組の隊士たちは、ここからいきなり戦国時代にとばされた模様。

攘夷派

日本から外国の通商や交流を排除し開国を反対する思想を持つ。薩摩藩や長州藩がそうであり、開国を促していた敬之助の父、佐久間象山はこの攘夷派に目をつけられ、殺された。

『戦国新撰組』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

現在から戦国時代に遡るストーリーはありそうですが、新選組が戦国時代へ遡る設定は聞いたことがなく新鮮でした。

 しげしげ さん(30代/男性/個人事業主/既婚)

新選組のファンにはたまらない作品です。何より、絵柄がとてもいいです!思わず見惚れてしまうほど美しいキャラクターばかりでした。

 アップル さん(50代/女性/個人事業主/既婚)

戦国武将が現代にタイムスリップするのは良くあるが、新撰組が戦国時代にタイムスリップする話は斬新。テンポ良く進むので効率良く読める。

 tid さん(30代/男性/公務員/独身)

時代劇が好きな人向きです。絵がきれいです

 しーら さん(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)

新選組が戦国時代にタイムスリップするという破天荒なストーリーに引き付けられました。

 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚)

良い

幕末から戦国時代に戻されて、そこで戦うことになる新撰組の隊士たちをメインに面白く繰り広げられる漫画です。おもしろそうで購入して読むと、戦国時代の様子がわかったり、新選組のキャラクターがそれぞれ面白かったです。

 みーちゃん さん(60代/女性/パート・アルバイト/独身)

戦国も幕末も好きなので「好きなものがコラボしてる~」という嬉しさと「でも大丈夫かな…」心配半分、ドキドキしながら購入しました。現代から過去へ(またその逆)タイムスリップするのは読んだことがあるけれど、過去から過去は初めてで、言われてみればありなのに、なんで今まで全然思いつかなかったんだろう…。タイムスリップした理由は?無事に帰れるのか。そしてその謎と同じぐらい歴史上の「if もしも」腕に覚えありの、血の気が多い人たちが顔を合わせたらどうなるんだろう。これからどうなるのかワクワクしました!

 グレ さん(40代/女性/無職/独身)

よく見かける現代人が過去へタイムスリップ!?という内容では無く、まさかの幕末の新撰組たちが桶狭間へとタイムスリップしてしまう作品です。とても変わっていて面白い作品だなと思いました。

 ぽむ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

ふつう

タイトルに惹かれました。戦国も新撰組も大好きです。しかし設定が突拍子も無さすぎてついていけず…。新撰組一向が信長と出会う場面くらいまではおぉっと思っていましたがそれ以降は尻すぼみという印象でした。

 おこめなっとう さん(20代/男性/正社員/独身)

当然1巻から物語ははじまっているわけですが、かなりわかりにくかったです。歴史に詳しいかたならこれくらいは理解できるのでしょうか?自分はできませんでした。

 ポプテピピッコ さん(20代/女性/無職/独身)

歴史はあまり得意ではなく、新撰組の事も詳しくないが漫画として読めば知識が増えるかもしれない。

 ねこ娘 さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

悪い

二つの歴史がごちゃごちゃになりすぎて、よくわかりませんでした。

 とんすけくん さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

戦国時代と新撰組の出てきた幕末時代は、確かにどちらも人気の高いジャンルです。うまく混ぜればよい作品になったとは思いますが、読者を置いてけぼりにするストーリー展開は残念だと感じました。絵はとてもきれいなのに、「混ぜるな危険」を具現化してしまった残念な作品だと思います。

 米粉ぱん さん(40代/女性/正社員/既婚)

第一話のみ拝読した感想です。新撰組好きなのでタイトルで気になって見てみました。予想はしていましたが新撰組が戦国時代にタイムスリップ。それに何の意味が。戦いって信念があるから面白いのに、違う時代に行ってしまって無関係なはずなのに戦うさまは格好いいとは言い難いと思います。新撰組も戦国時代もそれぞれ魅力的な題材ですが、混ぜられると思いのほか興ざめしました。おすすめはしません。

 とう さん(30代/女性/無職/独身)

かなり悪い

新選組を戦国時代にタイムスリップさせて面白いと思う発想が分からない、秀吉を男前に書いてどうすんの!戦国時代なめてんの!新選組なめてんの!と作者に行ってやりたいです。あからさまに最近の刀剣男子のファンの受けを狙った作品と思われます。ダメですね。

 トミー さん(50代/男性/経営者/既婚)

歴史をごちゃまぜにした作品は好きではない。意味が分からん。
 鬼軍曹 さん(40代/男性/正社員/独身)
新撰組が戦国時代にタイムスリップする、というところまでは、まだよかったのですが、その後の展開が、荒唐無稽過ぎてエスエスエスにはついてゆけませんでした。

 名無し さん(40代/男性/正社員/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月18日~2019年02月18日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。