漫画『吼えろペン』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『吼えろペン』とは

吼えろペンは、小学館から発行している月刊サンデーGXで連載開始。作者は島本和彦、漫画のジャンルはコメディ。マンガを描く事に関して妥協を許さない熱血マンガ家炎尾燃は、今日も命をかけて連載原稿と向かい合っていた。

MEMO
『吼えろペン』はeBookJapanで1巻から最新巻である13巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月1日確認)

『吼えろペン』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

炎尾燃は、数本の月間連載を抱える熱血マンガ家で、今日も魂を燃やしているアシスタント達と共に命がけで原稿用紙に向き合っていました。ある日、締め切りが近づいても原稿が終わらず、更に手が足りない現状を打破すべく、フリーのアシスタントを呼ぼうとしますが誰も助っ人としてきてくれません。そこで炎尾燃は、以前講師をしたことがある代々木アートデザイナー養成学院に連絡をし、コミック科を受講している生徒の中から誰かをアシスタントとして貸してほしいと要請します。早速やってきた生徒に作品資料の撮影を依頼しますが、生徒は殺人現場に出くわしてしまい、マンガの製作は更に遅れてしまいます。その他にも間違って殺し屋に命を狙われたり、銀行強盗に出くわしたり、本当に命がけになることも多々ありますが、様々な困難を乗り越えながら、炎尾燃は原稿を完成させていくのでした。

『吼えろペン』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

炎尾燃

東京近郊に住む熱血マンガ家で、命がけで原稿用紙に向かう男。漫画家としてのポジションは中堅以上ベテラン以下で、現在は月間連載を2本、隔週連載を1本抱えている。ラグビーのヘッドギアを常に着用していることが有名で、その事実は読者にも知れ渡っている。若いアシスタントを諭しながらも時折、根性論を語ってしまう。

前杉英雄

炎プロに所属している臨時のアシスタント、通称ヒーローと呼ばれている。元々マンガの専門学校に通っていた。気負いすぎて、よく失敗をする。

大哲

炎プロに所属している作画アシスタント。子供向けアニメや特撮番組からあらゆることを学んでおり、番組で使われた主題歌などを引用して話すことが多い。

ヤス

炎プロに所属している作画アシスタントで、熱くなる炎尾燃を落ち着かせられる人物。常に冷静で鋭いツッコミが特徴、締め切りを厳守している。

赤森

先月から炎尾燃を担当している、高学館の編集者。多少納得のいかない原稿でも妥協して受け取るが、面白くない時はハッキリと伝える強い意思を持っている。

ジャイ藤キック

炎尾燃が連載している月刊シャイニングに15年前から連載をしている先輩マンガ家、代表作はレッドサブマリン。他にも長寿連載を多数抱えている。外に飲みに行く時は担当編集者を連れてスナックをよく利用している。

S

『吼えろペン』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

炎プロダクション

漫画家、炎尾燃が原稿を作成するための会社。アシスタントとして、前杉英雄、大哲、ヤスが所属している。東京近郊にあるレンタルビデオ店の2階にオフィスを構えている。

ロイホ

炎プロダクションの面々が作戦会議を行なう際に利用しているファミリーレストラン、正式名称はロイヤルホスピタル。炎尾燃は毎回パンナコッタを注文する。

代々木アートデザイナー養成学院

クリエイティブな技術を身につけるための施設。様々な学科があり、その一つのコミック科から炎尾燃は前杉英雄を助っ人アシスタントとして招集した。

メビウス

本とレンタルビデオとCDを取り扱っている店、チェーン展開をしている。インター店の2階には炎尾燃が漫画製作をしている炎プロダクションがある。

ぴかりモン

数年前に発売された子供用ゲーム。発売と同時に人気になり、アニメ、カードゲーム、映画、グッズ等、あらゆるメディア市場に拡大し続けている恐るべき作品。炎尾燃も編集から貰ったこのゲームにのめり込んでしまい、今はぴかりモンの雑誌展開用連載を受け持っている。

『吼えろペン』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

「燃えよペン」の時から炎尾燃先生のファンでしたので、読まずに死ねるかの思いですぐに飛びつきました。落ち込んだ時に必ず読み返したい漫画です。

 冷え性の熱血漫画ファン さん(50代/女性/個人事業主/独身)

炎の転校生、逆境ナインときて…この漫画の作者の漫画はどうしようもなく面白いです。もう大御所の域でしょう。真面目なのに、本気なのに…笑えてなおカッコよく見えちゃうんだからすごい。主人公そっくりの漫画家(…でも、女性)が現れたり、ライバルの漫画家が面白かったり。編集長がなんかかぶってるとか、アシスタントも仮面ライダーのセリフとか引用してきたり程よいオタク感もリアルで面白い。なにより墨汁ほとばしるような絵柄が大好き。漫画家目指してる人、描いてる人なんかにもおススメしたいです。

 炎巡る子 さん(40代/女性/個人事業主/独身)

ギャグテイストで描かれているけど、内容は凄絶の一言。漫画家って、アシスタントを巻き込んで命を削るものなんです。笑いながら笑えない話しのオンパレードです。
 ヨンドク さん(50代/男性/無職/独身)
漫画を描くというある意味地味なデスクワークをここまで熱く描くことができるものなのでしょうか。迫力と威力のある大ゴマがものすごい圧で襲い掛かってきます。時折繰り出される名言も、一見すると当たり前の言葉のようですがなぜかものすごい説得力を持って迫ってきます。人生に迷った時に読むと前進する活力を与えてくれるかもしれません。とにかく熱い!

 HAL さん(40代/男性/個人事業主/独身)

子供の頃に前編である『燃えよ、ペン』を読んだ事があり、あまりのバカバカしさに大笑いしました。続編がある事を知り懐かしくなり読んでみたところ、あのバカバカしさは全く変わらず、熱苦しいくらいのエネルギーも満載、テンポの良い展開も生きていて大変楽しめました。

 ゲラゲラオ。 さん(50代/男性/パート・アルバイト/既婚)

良い

マンガ家とは、マンガを描くということは、ひたすら熱い。ともすれば暑苦しくなりかねないネームと描線が絶妙のバランスでギャグに昇華されているのは見事。マンガ家という職業そのものをメタパロディ化した作品は数多くあるが、リアルとフィクションのカオスがクセになる。

 のび さん(40代/男性/個人事業主/独身)

『炎の転校生』などで知られる島本和彦が語る、熱い漫画論。実在の漫画家が微妙に名前を変えて登場し、それぞれの漫画論について語る。物語をどう展開させ、どう伏線を回収して、どう締めくくっていくか……など、熱い絵柄で持論を語る。もちろん島本和彦の他の作品を読んだことがあれば、執筆当時の背景が分かって楽しめるが、本作しか読まなくても、十分楽しめると思う。

 ねこ男 さん(40代/男性/正社員/既婚)

立ち読みで作品が発する謎の勢いに圧倒されたため購入しました。漫画家である主人公の生活を熱血スポコン物のノリ描いた本作ですが熱量が尋常ではありません。作者の代表作である逆境ナインのような暑苦しさ全開の島本イズムを感じたい方にお勧めの作品です。

 ネイキッドおじさん さん(20代/男性/パート・アルバイト/独身)

エネルギー炸裂の一冊でした。一つのストーリー毎に完結しているのでゆっくりと楽しむ事ができました。どのストーリーも、読んでいて本当に元気がもらえます。

 小梅 さん(60代/女性/個人事業主/既婚)

ふつう

個人的に苦手なストーリー・画風で、最後まで読めなかった

 ミッツ さん(50代/男性/正社員/既婚)

漫画家の卵の話で締め切りに間に合わなくなって焦る状態がいろいろ展開していくスト-リ-が興味を持ちました

 オクト さん(40代/女性/無職/独身)

熱血な主人公で良いと思いますが、あまり惹き込まれませんでした。

 みちる さん(40代/男性/個人事業主/独身)

悪い

絵に迫力がありすぎて、話があまり頭に入ってきませんでした。

 moi さん(30代/女性/個人事業主/独身)

男性向けの漫画だと感じた。私の好みではない。

 名無し さん(10代/女性/学生/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月18日~2019年02月18日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。