漫画『亜人』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『亜人』とは

亜人は、講談社から発行しているgood!アフタヌーンで連載開始。作者は桜井画門、漫画のジャンルはアクション。死なないといわれる生物、亜人、その存在を空想上の存在と思っていた高校生の永井圭は交通事故にあったその日、誰よりも亜人が身近な存在だったことに気がつく。

MEMO
『亜人』はeBookJapanで1巻から最新巻である13巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月1日確認)

『亜人』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

何度倒しても蘇る不死身の生物が17年前アフリカの戦場で発見され、人類はその生物の名を亜人と呼びました。その後、亜人は発見されただけで全世界で総数46体確認しましたが、死なない限りは普通の人間と見分けがつかないという特性故に、まだ見つかっていない固体も多く存在すると言われていました。季節は夏、日本に住む極々平凡な学生である永井圭は、受験の疲れから車が走行している道路に足を踏み入れ轢かれてしまいます。大量に飛び散った出血は誰もが即死を想像しましたが、永井圭は生きていました。しかし、それは奇跡ではありませんでした。みるみる体が修復されるその姿は、人間ではなく世の中で噂されている亜人特有の症状だったからです。

『亜人』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

永井圭

受験を控えている高校三年生。とても記憶力が良く、真面目な性格が相まって全国模試で一桁の順位に入る秀才。医師になることを見据えて勤勉な毎日を送る理由は、妹である永井慧理子の病気を治すため。優しい反面、簡単に他者を切り捨てる冷酷面もある。受験勉強で疲れていたせいか、車が走行している道路に足を踏み出し轢かれてしまい、それがキッカケで自分が亜人だということが判明する。その後は政府に追われ逃亡者となる。

海斗

永井圭と仲の良い幼馴染の少年。家庭環境に問題があり不良のような格好をしている。永井圭が亜人だと発覚したあとも変わらない信頼関係を保ち、脱走の手助けを買って出る。前向きな性格で情に熱い。

戸崎優

厚生労働省の亜人担当官をしている役人、亜人関連の実質的トップとして行動している。細かい性格で苗字を呼ばれる際に濁点をつけて呼ぶとその都度訂正される。勤務中もミント味のタブレットを常備し、大量に口に含んでいる。永井圭を研究対象として位置づけ、出来る限りニュートラルな形での捕獲を望んでいる。

下村泉

厚生労働省の戸崎優の部下として同行している女性。実は亜人だが、戸崎優に協力することで捕獲対象から外れている。戸崎優以外の役人がこの事実を知っているかは不明。永井慧理子が入院している病室で他の亜人と対面する。

『亜人』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

亜人

見た目や思考パターンなどは人類と酷似している未知の生物。不死身ではあるが怪我そのものは残り、機動力が低下するため一度自ら命を落とし再生ささることで回復させることが多い。痛覚も人間同様に存在し再生能力以外の機能は人間と同じため、現時点で肉体面では死なないという点以外違いが無い存在。類似点が多い為に研究対象とされ亜人捕獲の活動が世界中で行なわれるようになった。発見された絶対数が50体にも満たないため、ネット上ではデマが飛び交い、一方では高額の懸賞金がかけられている。黒い幽霊と呼ばれる普通の人間には目視できない物体を呼び出して操る事ができたりと謎が多い。亜人の叫び声を聞くと人間は一時的に金縛りにかかったようになってしまう。

厚生労働省

亜人を捕らえるための政府機関。人間社会の脅威を消すという名目に亜人を捕獲しているが、一部亜人の協力者が存在する。捕獲活動の他に、亜人を支持するもの達を監視し統制している。捕獲した亜人は対衝撃実験や薬品の臨床試験など様々な実験体として研究機関に貸し出すことで利益を上げている。この事実に関して亜人を経済動物と捉える者も存在する。

黒い幽霊

亜人が作り出す分身体のような存在。全身を包帯で巻かれたミイラのような風貌をしている。その風貌は個人差があり亜人同士でのみ確認可能で、人間にはまったく見えない。

『亜人』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

不死身の亜人同士の戦闘から目が離せません。高度な頭脳戦も相まって引き込まれてしまいます。

 hmr さん(20代/男性/学生/独身)

「死なない」という「亜人」の主人公。主人公と同じ「亜人」を「奇異」なものとして捕えようとする人間たち。「亜人」であることがわかった主人公の人生を「自分だったら」と照らし合わせて読むと、いろいろと考えさせられ、一気に第1巻を読んでしましました。体が再生するという特徴を使った戦いや、移動方法は斬新でおもしろいです。

 ペペ論 さん(40代/男性/公務員/既婚)

死ぬことがない生き物ということで最初は驚きましたが、戦闘シーンの描写がとてもよく惹きつけられます。

 kuro さん(30代/男性/パート・アルバイト/独身)

かなりおもしろいです。とにかくストーリーがリアルでスケールが大きい。亜人と呼ばれる不死の生物がいて、ふつうの人間にまじって生活する世界。主人公は交通事故に遭って自分が亜人だと自覚します。亜人は政府に保護されて何度も殺されたりする壮絶な研究の対象となります。その政府から主人公が逃げまくる話です。グロが苦手な人は飛ばした方がいいページもありますがおすすめです。

 denpa さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

とにかく大好きな漫画です。死なない人間=亜人という設定なんですが、ストーリー展開がハラハラドキドキして夢中になってしまいました。主人公が亜人で、ある日を境に追われる身となってしまうのですが、そこから色んな登場人物が出てきて入り組んだ話になってきて、主人公の能力も巻を追うごとに高まっていって、一度ハマったらやめられなくなる作品です。アニメ化、実写映画化もしており、知らない人の方が少ないのではないか、というくらい有名な漫画です。サスペンス系の漫画が好きな人には是非おすすめです。また、この漫画の良い所は、主人公の永井圭があまり主人公らしくないところです。ちょっとブラックというか、正義の味方で熱血漢でないところが好感を持てました。利用価値があるかどうか、で人との交流を判断していたり、人助けをすることに対して疑問を感じていたり、そういった普通の主人公じゃないところが良いと思いました。読んで損はないので、一度でいいので漫画を手に取ってみてください!

 信楽 さん(20代/女性/個人事業主/独身)

良い

表紙でぐっと引き込まれました。黒いミイラの様な幽霊の様な異形なモノ。17年前のアフリカで発見され、現地では「神の兵」と呼ばれていた亜人。それは死なない。それは独特の声を発する。世間で知られている情報はこれだけ。主人公が交通事故にあい、死なないことから、自信が亜人だと知る。その利用価値を巡り、警察、特殊機関、世間からも終われる身に。表紙の「黒いモノ」が何なのか?続きが気になります。

 黒い物体 さん(30代/男性/正社員/独身)

実写映画化して話題になっていたので読みました。暴力的で反倫理的な描写が好きです。いい意味で、気持ち悪い。キャラクターデザインも恐ろしさや不安定さを出すのに合っていて、読んでいて引き込まれました。逆に、そういった気持ち悪さを娯楽として楽しめない方にはしんどいと思います。

 ムック さん(20代/女性/派遣社員/独身)

裏の裏以上に奥が深く底が読めない佐藤さんと高校生離れした頭脳で状況を把握し作戦を立てる永井くん。来る者拒まず?去る者追わずの佐藤さんの余裕がこの先どんな展開になるのだろうと本当に気になります。裏切りや離脱があっても「想定内だよ」と強がりでもなんでもなく「あ、そう」くらいにか思っていないことが伝わってきて底知れぬ恐ろしさを感じました。ストーリーの構成もさる事ながら圧倒的な画力で読む者を惹き付けて止まない。現代版のアキラと言っても過言では無いと思います。

 マユミちゃん さん(30代/女性/公務員/独身)

ふつう

首を跳ねても死なない亜人という特殊な人間の話ですが、話が進むにつれ佐藤という強烈な亜人が出てくることで何がしたいのか分からなくなってしまいました。最初はとても楽しく読ませてもらっていたのですが、亜人対人間という戦いから亜人対亜人になってきていることもあり、似たような漫画と比べると面白さが半減している印象があります。

 りんりん さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

絵がとにかく独特でした。子供が特に、可愛いと気持ち悪いの間のような絵柄です。不死身の存在だったことが発覚した亜人の使われ方が非常に残酷で、見る人を選ぶ作品だと思いました。

 タチバナ さん(20代/女性/無職/独身)

正直なところ、「亜人」は1~2巻くらいがとても面白かったです。原作の人が途中で離脱?したようで、途中から戦いメインになってしまって残念に思います。それでも、映画化などもされていて人気の高い作品であることは事実です。よくあるテーマではありながらも、少数派が多数派に打ち勝っていく壮大さを味わえるのは亜人だからこそといえます。

 サボネア さん(20代/男性/個人事業主/独身)

かなり悪い

初めてこの本のタイトルを知った時は、どんな内容なのだろうと思っていた。だが、いざ購入して読んでみたら、内容が怖く感じてしまい、放心状態になってしまった。
 mana さん(10代/女性/個人事業主/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月18日~2019年02月18日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。