漫画『ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-』とは

この物語は、講談社が発行する月刊の青年漫画雑誌「ヤングマガジンサード」に連載された、夢枕獏の原作小説「真伝・寛永御前試合」を、漫画家の雨依新空がコミック化した、強さを求め戦い続ける者達を、ダイナミックに描いた時代劇であり、剣豪漫画である。

MEMO
『ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-』はeBookJapanで1巻から最新巻である3巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月1日確認)

『ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

功名と出世を目指し、名のある武芸者との真剣勝負を求めて廻国修行する者が大勢いた文禄五年、新当流の剣士である有馬喜兵衛は播磨国の平福宿という小さな町に、命をかけた勝負の相手を求めて果たし合いの看板を打ち立てます。その相手として名乗りを上げたのが本作の主人公、宮本弁之助です。誰も知らない宮本弁之助との勝負の日、緊張の高まる大勢の見物人が見守る中、長い時を待ち続ける喜兵衛の前に、ようやく現れた無名の対戦相手である宮本弁之助の正体は、みすぼらしい格好で棍棒を持つ幼い少女でした。名をあげるために強い武芸者との果たし合いを求めていた有馬喜兵衛は、武芸者とは思えぬ弁之助の姿に落胆し、試合の最中にも関わらず油断してしまいます。そのスキを突くように突進していった宮本弁之助は、達人と噂される喜兵衛に剣技を振るう間を与えず撲殺してしまいます。

最初の果たし合いで剣の達人を倒してから三年後、廻国修行者となった弁之助は、高名で底知れぬ強さを感じさせる美貌の女剣士、秋山虎之助と出会います。虎之助は宮本弁之助の、只々強さを求めようとする無垢で動物的な様子を気に入り、自分の弟子になるよう弁之助に提案します。言われるままに虎之助の弟子となった弁之助は、師匠と二人、強い相手と命の削り合いを求めて過酷な修行の旅に身を投じて行くのです。

『ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

宮本弁之助

この物語の主人公である。強さをだけを追い求める純粋で野性的な、みすぼらしい格好をした長髪の美少女。幼い頃に最初の果たし合いで剣の達人、有馬喜兵衛を撲殺してしまうほど天才的な戦いの才能を有する。その戦いから3年後、廻国修行者となり、京都で高名な女流剣士、秋山虎之助の弟子となる。戦いの場面では常人離れした素早さと動きで敵を圧倒するが、普段は食べ物に目がない無邪気な女の子である。

秋山虎之介

明水一刀流の使い手で、非常に強く容姿端麗で高名な、廻国修行中の女流剣士。強さにひたむきな宮本弁之助の存在に惹かれ、みずから進んで師匠になることを提案する。普段の生活では、身なりを常に綺麗に整え、礼儀作法も心得た様子で、厳しくストイックに剣技を磨く一面と、勝つためには手段を選ばず狡猾で汚い戦いもいとわない一面がある。また、戦いの中では殺人狂的な表情も時折覗かせる。

有馬喜兵衛

廻国修業をする新当流の達人で、播磨国の平福宿に果たし合いの看板を立て、手合わせの相手を求める。試合の相手である宮本弁之助が幼い少女であることに油断し、物語の序盤で殺されてしまう。

橘一之進

天地一神流の使い手である。主人公の師匠、秋山虎之助と果たし合いをするが、卑怯な手段を使った虎之助の戦法にスキを突かれ、殺されてしまう。

『ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

廻国修行

諸国を巡りながら各地の道場を訪ね歩いて技の修練をしたり、有名な武術家と命を懸けた試合をする事である。織田信長が生きていた時代に開かれた相撲大会で、いい勝負をした者が召し抱えられたり高禄を与えられたことが世に知られ、戦国末期から江戸初期に功名と強さ仕官の口を求めて廻国修業をする者が多く現れた。

寛永御前試合

この物語の軸となる、将軍の前で多くのつわもの達が戦う御前試合のことである。主人公が生きた時代、強さや出世を求めて廻国修業をする者たちや、各地の有名な武芸者たちが結集し、命を削り合う。ヴィラネス第一巻では寛永御前試合について言及されておらず、今後どのように物語に関わってくるのかは未だ謎のままである。

梵天山

そこに行って戻って来た者が一人もいないと言われる、つわもの秋山虎之助さえ震え上がる、第一巻の最後に登場する山の事である。

果たし合い

二人の人間が、互いの強さや名誉のために、または、名を馳せた強い相手を倒して自分の名をあげるために、命をかけて戦うこと。決闘すること。

『ヴィラネス -真伝・寛永御前試合-』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

原作は大御所の夢枕獏で、時代劇モノを描いています。作画の人物描写の線の描き方が独特で、時代劇とぴったりマッチしています。それでいて女性はとても綺麗で可愛らしく描けています。女性が男性の剣士より圧倒的に強く、相当残酷なシーンもありますが、フィクションとして考えれば、総合的にクオリティの高い漫画だといえます。

 森田< さん(40代/男性/個人事業主/独身)

寛永御前試合を題材にした夢枕獏さんのお話です。そういわれればそんな感じでした。ストーリー展開がなめらか、などと感想。

 真珠。 さん(60代/男性/個人事業主/既婚)

格闘技は大好きなので文句なく楽しめました。

 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚)

描写が結構グロいのに凄く引き込まれる作品だった

 つぶ吉 さん(40代/女性/パート・アルバイト/独身)

男の子が好きそうな作品でお勧めです

 ささき さん(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)

良い

夢枕ファンはもちろん、歴史好きなあなたにオススメします。
 さえこさん さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
歴史モノが好きな人におすすめ。キャラクターの外道っぷりがいい。

 すー さん(30代/女性/正社員/独身)

勝つためならば手段を選ばない、その外道っぷりが面白い作品。原作の小説は、若き日の武蔵、宮本弁之助をはじめとする有名な剣豪や武術家が、えげつない死闘を繰り広げてゆくという物語なのですが、漫画ではなんと彼らが女性という設定で、えげつなさとのギャップが印象深かったです。特に秋山虎之介という剣客のお姉さまと弁之助の関係は、読んでいて微笑ましく感じました。雨依新空さんが描く女の子は可愛くて、弁之助は表情豊かなところとふとももが、秋山はタレ目が魅力的ですね。戦闘場面の迫力ある作画も見事です。なにげに色んな動物が出てくるのが特徴ではないでしょうか。すでに知っている話が新鮮に感じるのがこの作品の魅力だと。読めばわかります オススメです。

 まゆみチャン さん(30代/女性/公務員/独身)

ふつう

時代もの風にぴったりの絵柄は雰囲気があり、女子が可愛い。けど、グロい表現もあったのであまり好みではないです。

 若菜 さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

命を懸ける武士たちの試合を多少コミカルにも描いている、読み応えのある作品です。

 キタサンイエロー さん(50代/男性/正社員/既婚)

夢枕獏の作品をコミカライズしているということで興味を持ちました。内容は女性の剣豪たちの生きざまが描かれていて良いのですが、グロイシーンが多かったので読み進めるのが少し大変でした。グロが平気な人は楽しく読めると思います。話自体は面白かったので、次の巻も購入する予定です。

 メラミン さん(20代/女性/正社員/独身)

悪い

夢枕獏さんの原作だから少しは覚悟してたけど、やっぱり実際絵になるとエロさもあるけどえぐいなと思った。

 彌彦 さん(50代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

伝説の剣豪達、女の子にしたんですね。なんか微妙ですね。設定に無理がありすぎて、絶対に息切れするのは目に見えています。折角画力が良いのですから普通に男でやっても良かったのにとおもいます。バガボンド意識しすぎたのではないかと思います。

 トミー さん(50代/男性/経営者/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月21日~2019年02月21日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。