漫画『偶像事変 〜鳩に悲鳴は聞こえない〜』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『偶像事変 〜鳩に悲鳴は聞こえない〜』とは

偶像事変 〜鳩に悲鳴は聞こえない〜は、講談社から発行しているヤングマガジンサードで連載開始。作者はミサヲ、漫画のジャンルはサスペンス。国民が支持するアイドル柊せらが、ライブ中に爆発で右足を失ってしまい、それを悲しむファンの愛が何者かへの憎しみと変わっていく。

MEMO
『偶像事変 〜鳩に悲鳴は聞こえない〜』はeBookJapanで1巻から最新巻である4巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月1日確認)

『偶像事変 〜鳩に悲鳴は聞こえない〜』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

世間では特別処遇プログラム、通称SRTPが凶悪犯罪を犯した未成年を更生するための制度として注目されていました。再犯率0%と目覚ましい結果を出しているがSRTP被験者は、あらゆる暴力的・性的な言動ができなくなるとして疑問もありました。そんなプログラムとは無縁のエンターテイメントの世界では、国民的アイドル柊せらが、何者かが仕掛けた爆発物によって重傷を負ったことで彼女のファンたちは悲しみに暮れ、リンチや暴動が多発し国中の治安が徐々に悪化していきます。実は、この悲劇のアイドルの姿は柊せらの一面にすぎません。彼女の正体は4年前当時13歳で連続爆破事件を起こし、121名を殺害した元凶悪犯日谷一鷹という男で、しかも爆発事件は自演でした。ある目的のため自らの脚を爆破し、柊せらは自分を犠牲にしてでも絶対に争いの起こらない国を作りたいと語ります。

『偶像事変 〜鳩に悲鳴は聞こえない〜』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

柊せら

世間を賑わしているスーパーアイドル。CD・DVD・BD・DL販売を含む年間売上は2000億円を突破、オリコン記録を次々と塗り替え、初の武道館公演ではキャパ1.5万人の会場を10万人のファンが駆けつけ機動隊が出動する騒ぎになった。規格外の人気に彼女のホログラム映像を使用したアバターライブが全国各地で開催され100万人以上を動員するなど多数のファンを獲得している。ライブの最中、ステージに仕掛けられていた爆発物によって右足の膝から下を損傷し失う。

菅原美奈子

柊せらと同じ事務所に12歳から所属していたことのあるタレント、柊せらとは年齢は一緒だが先輩。重要参考人として警察所内で取り調べを受ける。柊せら爆破事件の当日リハーサル時にライブ会場に居て、更には自室から爆発物の材料とインターネットで爆発物の作り方を教わったメールが発見された。柊せらに仕事を取られたなどの犯行動機はあるが、実際に爆発物を設置したかどうかは不明。取調べをしていた佐藤大輝巡査部長に射殺される。

佐藤大輝

柊せら爆破事件の重要参考人である菅原美奈子の取調べを担当した警察官。柊せらが爆発に巻き込まれた瞬間を笑いながら語る菅原美奈子に怒りを覚え射殺してしまう。柊せらの熱狂的なファン。

『偶像事変 〜鳩に悲鳴は聞こえない〜』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

SRTP

特別指定犯罪者構成処遇制度の略称。米国でめざましい効果を上げており、日本でも導入を求める声が挙がり四年前国内に導入された。現在、凶悪犯罪を犯した非行少年の希望者のみに適用されているが、被験者の経過が良好であれば再犯率の高い性犯罪者などにも対象を広げていく予定の計画。このプログラムの被験者は刑期が大幅に短縮される。現在の再犯率は0%と、その効果は脅威的。

柊せら爆破事件

ライブの最中に柊せらの右足が爆破された凄惨な事件。ステージに爆発物が仕掛けられていたと推測され、以前同じ所属事務所に在籍していた菅原美奈子を重要参考人として取調べるが、取調べを担当していた警官の佐藤大輝が菅原美奈子の態度に激高、参考人を射殺し不幸の連鎖が生まれてしまった。射殺した佐藤大輝には、柊せらのファンから同情する声が多数挙がる。

ANFO爆薬

安くて簡単に作れることで評判の爆薬、制作に必要な材料も手に入りやすいので規制も難しいとされる。ただし、扱いやすいが爆発しにくいという特徴を持っている。

『偶像事変 〜鳩に悲鳴は聞こえない〜』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

「SRTP」という犯罪者への特別処遇プログラムが非常に興味深いです。現実世界でも犯罪者に対する処遇が甘いと感じられるケースがあるので、こういった制度があればよい世界に変わるのかもしれないと、少しだけ思いました。作品自体はアイドルに対する爆破事故から始まり、そのアイドルに隠された秘密や爆破事故の真実は驚くべきものです。読めば読むほど引き込まれていきました。血が滲んだような表紙からわかるように、内容はグロテスクな部分もありますが、それを超える面白さがありますので、是非おすすめしたい一冊だと言えます。

 サクサクこあら さん(20代/女性/正社員/独身)

アイドルの事件で若者が狂ってしまう。まさかアイドルが数年前の爆弾魔だったなんて思いませんでした。現代社会に通ずる作品です。

 キロロさん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)

原作と作画が別の作品で、爽やかな作画に思い題材が盛り込まれています。凶悪犯罪を犯した未成年に更生プログラムを施す制度をテーマにしています。成年、未成年を問わず、凶悪犯罪者に対する罰が軽いのではないかという意見も多い現在、非常に考えさせられる漫画となっています。

 森田< さん(40代/男性/個人事業主/独身)

最後までハラハラして楽しんで読めました。

 ビースケ。 さん(30代/女性/正社員/独身)

1人のアイドルの事件から、狂気に巻き込まれていくのがおもしろく続きが気になります。

 ね さん(20代/女性/学生/独身)

良い

未成年の大量殺人事件と学校の講義、コスプレからのアイドル、アイドルに必要な不景気とぐっと引き込まれたところでズドンと起きる。面白い。

 彌彦 さん(50代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

平和的な始まりから一転、人気絶頂のアイドルに起こる悲劇。ページをめくるごとに沸き上がるワクワク感。一度読み出したら止まらない!そんな一冊です。

 名無し さん(20代/男性/正社員/独身)

文字数は多いですが、しっかりとした設定と人物や背景の綺麗さで嫌になることなく読むことが出来ました。アイドル誕生の背景に日本の不景気があったこと、毎日の大変な生活から精神的に逃れるための「希望」としてアイドルが人々の中で必要だったというセリフには「なるほど」と感心しました。架空の事件だけど、これからの日本でも起こるかもしれないストーリーなので続きが気になります。

 とみみみ さん(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)

ふつう

第1話でなんとなく予想はついていましたが、ああやっぱりという感じでした。多少グロテスクなストーリーですが、好きな人はいいと思います。

 田螺小路 さん(40代/女性/正社員/既婚)

若干歪な世界観なので人によっては後味はあまり良く感じないと思う。

 ケイ さん(40代/男性/個人事業主/独身)

このストーリーは、漫画の中だけではなく、今の日本社会で実際に起きてもおかしくないような内容だと思いました。

 メガネっ子 さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

悪い

あっと驚くストーリーでした。すごく怖い漫画だなと思いました。

 ストッキング さん(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)

衝撃過ぎる内容で、胸が痛くなりました。

 moi さん(30代/女性/個人事業主/独身)

試し読みを読んでみましたが展開が遅くて内容が入ってこず、インパクトも薄いような気がします。

 マサーン さん(20代/男性/正社員/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月21日~2019年02月21日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。