漫画『少女決戦オルギア』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『少女決戦オルギア』とは

講談社より発売されている漫画雑誌『ヤングマガジンサード』にて2014年vol.2~連載されていた美少女バトルアクションマンガである。作者は江島 絵理氏。ヤンマガKCより単行本が発売されており、全3巻の完結済み作品となっている。

MEMO
『少女決戦オルギア』はeBookJapanで1巻から最新巻である3巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月1日確認)

『少女決戦オルギア』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

人々が寝静まる深夜一時。江東区のとある駐車場で、その場には似つかわしくない女子高生が2人、静かに対峙していました。彼女たちは魔術師と呼ばれ、この世界のものではない生物、アノマリーを体に宿して戦うことができる戦士なのです。20年に1度行われる魔術師大戦では、この世界に100以上あるとされる魔術師機関からそれぞれ代表者1名が選抜され、命を賭した戦いに赴きます。この戦いに最後まで勝ち抜き最後の1名になった魔術師を排出した機関には、最強のアノマリーとされるサンダルフォンの所有を認められるため、各機関はこぞってこの非情な戦いに参加するのでした。水巻舞子もそんな魔術師の一人です。彼女には魔術師として最強の称号を得るということとは別に、サンダルフォンを手に入れなければならない大切な理由があったのです…。

『少女決戦オルギア』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

水巻舞子

本作の主人公兼ヒロイン。都内の高校に通う内気な女子高校生で2年B組の生徒である。背丈は小さく非常に華奢。ショートカットヘアーが特徴的な女性であるが、彼女もハーシェル魔術師協会に所属する魔術師の一人で、今回の魔術師大戦にハーシェル魔術師協会の代表として選ばれた。バトルの際には普段の人格とは打って変わって、非情で攻撃的な正確に変貌する。彼女いわく『自分を切り替えている』とのこと。自身の体に宿したアノマリーを降神させ、自身の身体能力を飛躍的に向上させて戦い、ハーシェル魔術師協会がその技術の全てと魔力の限りを込めて作成した1対の小型タガー「プレストタガー」を武器として使用する。彼女の幼馴染であり親友である緋乃が異界のアノマリーの手によって呪いにかけられ、それを解くたった一つの手段であるサンダルフォンの能力「ネガティブドロップ」を使うために大戦を勝ち抜くことを心に決める。

緋乃

舞子の幼馴染で舞子と同じ高校に通う高校2年の女子高校生。身長が高く、ロングヘアーが特徴的な女性。彼女は魔術師ではなく一般人であるが、幼少の頃、異界のアノマリーの手によって呪いがかけられ、首にステイグマと呼ばれるアザがある。最初のころは首の後ろ部分に少しある程度であったが、高校生になった今ではアザが広がり、喉元でくっつきそうなほど広がっている。また、このアザが首元でつながることにより、緋乃の命はアノマリーに取られてしまう。舞子とは幼少の頃から親しくしているため、姉妹のように仲がよく、そのポジティブな性格からいつも舞子の励みになっている。

『少女決戦オルギア』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

異界

この世とは別にあるアノマリーが存在する世界。魔術師はこのアノマリーの力を借りて戦うが、中には人間を好物とするアノマリーも存在し、日夜人々の命を狙っている。

アノマリー

異界に存在する生命体。個体ごとに違った能力を有しており、その性質、使い勝手は様々である。人間界の魔術師と契約し召喚される対象である。

飴田製菓のミルクイーンドーナツ

舞子の好物で甘さが特徴的なドーナツ。落ち込んでいる舞子を見かけると緋乃はいつもこのドーナツをエサに舞子の元気を取り戻している。

ハーシェル魔術師協会

荒川区に第2支部がある舞子が所属する魔術師団体。複数の魔術師が所属しており、第2支部は大達人の神崎が統治している。

サンダルフォン

最強のアノマリーで今回の魔術師大戦の優勝者に進呈される。最強とされる所以はサンダルフォンの持つ能力「ネガティブドロップ」がすべてのアノマリーの効果や特性を無効化することから、サンダルフォンを所持した魔術師機関がすべての魔術師機関を上回る事ができるためである。

7柱

非常にレアな能力を有したアノマリーの総称。具体的にはミカエル・ガヴリエル・フェンリル・アポカリプス・テュポーン・ラファエル・スサノヲの7アノマリーを指し、7柱を有した魔術師機関は優勝候補に上げられるほどである。

『少女決戦オルギア』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

戦闘物の魔法系だとヨーロッパや外国の世界感の話しが多い中、このマンガの設定が日本の東京という所が物語の世界に入り易くて凄く良い!!物語の舞台や設定も解りやすく、バトルロワイヤルの生き残りを掛けた戦いを親友の為に戦うという、次の展開が気になり、どんどん読み進めたくなります!!物語の主人公も可愛いくてどんどん惹きこまれました!次の巻も楽しみ!!

 読マン さん(20代/男性/正社員/独身)

親友の命を救うために戦う”美少女バトルロイヤルゲーム”の漫画。緊迫するシーンの途中に入る4コマが少し息抜きになります。

 ケロロ さん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)

少女たちがただただ戦う漫画は昨今多くみられますが、これは絵もキレイでどんどん読み進めたくなるようなストーリー展開だと思います。ついつい続きが気になってしまう、ずるい展開です。

 みどり さん(20代/女性/正社員/独身)

魔法・武器・格闘なんでもありのバトルロイヤルに興味を惹かれた。

 たろ さん(40代/男性/正社員/既婚)

絵が可愛くて、ストーリーがハラハラ出来ておもしろいです。

 ビースケ。 さん(30代/女性/正社員/独身)

良い

可愛い絵とは裏腹に緊迫感のある内容でハラハラしました。

 マッキー さん(40代/男性/個人事業主/独身)

魔法バトルものという感じで、戦闘シーンがよかった。
 もも さん(30代/男性/個人事業主/独身)
なんでもありのバトルという謳い文句に惹かれて読み始めました。宣伝通り、本当に何でもアリで、戦闘ものが好きな人にはたまらない1冊となっています。もっとハードな物を好むという人には物足りないかも?でも、主人公の水巻舞子の活躍が目覚ましく、楽しく読める1冊です。

 だぁ。 さん(40代/女性/正社員/既婚)

ふつう

現実的な高校生活を送る主人公の日常と超非現実的な世界が交互していてひきこまれました。

 ツチノコ さん(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)

完全に男子向けの漫画だと思いました。キャラクターは可愛いです。

 コバルト さん(50代/女性/個人事業主/既婚)

百合好きで魔術やバトルロワイヤル系が好きなら読んで損はないと思います。どれかひとつでも興味がないと、読むのがつらいと思いました。

 こなら さん(40代/女性/正社員/既婚)

悪い

少女のバトル物ですね。冒頭から激しいバトルでインパクトを狙いましたが、そのあとがどうでもいい展開なので一気に冷めてしまいます。絵もバトル物に適してなく、女の子キャラもセクシーでないので、続けて読みたいと思う興味が沸く人は少ないと思われます。

 トミー さん(50代/男性/経営者/既婚)

最近のラノベにありがちな内容でちょっとがっかりでした。キャラクターはかわいいだけに、もっと違った内容で読みたかったです。

 ポプテピピッコ さん(20代/女性/無職/独身)

かなり悪い

マンガ絵の好みは人それぞれかと思いますが、私には向いていませんでした。また、学生の女子だけが戦い合う内容は、女性だけが傷つく印象を覚え、あまりいい印象を持ちませんでした。また、序盤から設定の説明がセリフによっても多く語られており、情報量の多さ、時間軸の読みにくさから初期の設定を理解できず、置いて行かれた感がありました。また、戦う必要性の前置きが無く、疑問が残りました。カタカナのキーワードがやけに多く、読み方の書き換え、「悪魔」「魔術」などのワードが飛び交うことから、とても中二病臭さが抜けず、もう少し整えればかっこよさも生まれるのかなと思います。一言で言うと、分かりづらい。 主人公の決意だけはよく伝わりました。絵や中二病感が好きな人なら、読み進められる作品かと思います。

 もじゃんぬ さん(20代/女性/正社員/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月21日~2019年02月21日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。