漫画『腐らんす日記』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『腐らんす日記』とは

『腐らんす日記』は、大清水さち原作のストーリーをヤスが漫画化している。週刊ヤングマガジンで連載していたコメディー系の作品だ。全6話を収載している。2015年4月6日、講談社からコミックがリリースされた。

MEMO
『腐らんす日記』はeBookJapanで1巻から最新巻である2巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月1日確認)

『腐らんす日記』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

本作は、フランスで暮らす純情可憐な少女の何気ない日常生活を描いています。花の都・パリが舞台となっているものの、主人公のモニークをはじめとする少女達は最先端のトレンドやオシャレに全く興味がありません。彼女達が夢中になっているものは日本のMANGAです。シャンゼリゼ通りなど、オシャレなスポットに出掛ける機会は殆どなく、日本のMANGAを読みあさります。遠方の国・日本に思いを馳せつつ、MANGAに登場するキャラクターについて論議することが彼女達の喜びとなっていました。ある日は、「最もかっこいいキャラクターは誰か」という議題に基づいて各々が意見を述べ、舌戦を繰り広げました。モニーク達は、MANGAを通じて日本独自の文化に理解を深め、オタク少女へと変貌を遂げていきます。

『腐らんす日記』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

モニーク

モニークは、ロングヘアがトレードマークの少女だ。自分の部屋にこもってMANGAを読むことが大好きだ。自室を開放してオタクが集まる場所を提供している。

トリシア

トリシアは、周囲を気にせず騒いでしまうお調子者だ。1人ではしゃぎ、その場をしらけさせることが少なくない。その一方では、いつも元気で明るいため、仲間内ではムードメーカーとなっている。因みに、日常生活において眼鏡が欠かせない。

クロエ

クロエは、端正な顔立ちをしており、パリジェンヌならではの雰囲気を醸し出している人物だ。顔もスタイルも良い美少女ではあるものの、モニーク達と同様にオタクの文化をこよなく愛している。

アメリ

アメリは、赤毛を黒色のリボンで束ね、ツインテールにしている。日本のオタクの文化に関する知識が豊富だ。フランスで生まれ育ったものの、日本語版のMANGAを読解できる能力を兼ね備えている。

ドミニク

ドミニクは、モニークの姉だ。MANGAの魅力を理解しようとしないため、しばしばモニーク達と衝突する。モニーク達の趣味に対し、抵抗を感じている。

スシ

スシは、モニークが飼っている猫だ。白色の体毛に黒色の斑点を形成している様相が巻き寿司を彷彿させることから、名前がスシになった。

『腐らんす日記』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

オタクの会

オタクの会は、モニークが主催しているイベントだ。モニークの部屋を開催場所に利用することが多い。MANGAを愛読している面々が集まり、作風や世界観について話し合う。それぞれが日本の漫画作品「フェアリーテイル」の感想を述べた際には、イチオシのキャラクターの取り合いが始まり、議論が白熱した。

MANGA

MANGAは、モニーク達が毎日のように愛読している日本の漫画作品だ。フランス人のモニーク達が理解できる言語に訳されている。実際にヨーロッパ諸国で人気がある漫画作品がストーリーの至る所に登場している。本作の裏表紙に描かれているイラストは、少年漫画「進撃の巨人」の名場面を忠実に再現したものだ。

CHIKUWA

CHIKUWAは、モニーク達が夢中になっている漫画作品の1つだ。諸事情に伴って、少年漫画「NARUTO」を「CHIKUWA」という架空のタイトルにしている。「CHIKUWA」を読んだモニーク達は、忍者を養成する学校での生活に憧れを抱き、妄想を膨らませた。

『腐らんす日記』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

日本の漫画についてぺちゃくちゃぺちゃくちゃお話しているパリっ娘を漫画にしてありました。それが結構オモシロイ。感じ方違う―。

 ブランドねぎ。 さん(60代/男性/個人事業主/既婚)

オタク外国人の女の子が日本に来るよくあるお話ですが、ほんわかとしていて良いですよ。

 ビースケ。 さん(30代/女性/正社員/独身)

名前が面白そうだったのでお試しで読んでみました。最初の話から知ってる漫画のお話だったため、とても面白かったです。キャラ達が騒いでいるポイントは自分と同じだったため、本当にそれ!と思わず叫びたくなりました。続編を期待しています!

 みや さん(20代/女性/無職/独身)

いわゆるネットスラングの腐とはちょっと違う気がします。オタクの悪ノリをそのまま漫画にした感じですが、こういうのは嫌いじゃない、むしろ大好きです。海外のオタクはこんなのなのかちょっと誤解してしまいそうですが、面白いのでokです。

 とむとむ さん(40代/男性/正社員/独身)

このセンス、かなりいいです!好きかも!

 まあぼうどうふ さん(40代/女性/個人事業主/独身)

良い

登場キャラクターがインパクト大で飽きません

 いしき さん(20代/男性/パート・アルバイト/独身)

パリに住む日本のマンガ好きの女の子たちのわちゃわちゃオタク日記。かわいくて楽しかった。テーマに選ばれているマンガは「進撃の巨人」しか読んでなかったのですが、わからないなりに楽しかったです。タイトルの腐で今はやりの腐女子…?と思いましたがそんなことなくかわいい女の子たちが各自違った問題を持っていてオタクだけの話で終わらなくて面白かったです。

 犬 さん(10代/女性/無職/独身)

キャラクターの絵がかわいくて自分の好みだったので購入しました。日本の漫画についてフランスの女の子たちが話している様子が楽しそうでほのぼのした気持ちになります。日常系の漫画なので気楽に読める作品だと思います。

 ねこみみ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

ふつう

フランスでは日本のアニメやマンガが人気らしい。実際、そういったフランス人と知り合いになったら、こんな感じかもしれない。

 鬼軍曹 さん(40代/男性/正社員/独身)

オタクの日常系漫画は他にもたくさんあるが舞台が外国で主人公たちまで生粋の外国人なのは珍しい気がする。ほとんど外に出ないのにフランスが舞台なのを意識してかパンや地名、お菓子の名前などが度々出てくる。未翻訳の原書を読んでいる猛者がいたり、当たり前だが翻訳されるまでにラグがあるというのが前提で興味深い。しかし元ネタにされている漫画(フェアリーテイルや進撃の巨人)は有名どころながら、読んでいなければ意味がわからないし、ネタがわかっているもの同士でネタを使ってケラケラ笑うノリ、本人たちは楽しいかもしれないが、それを側から見ていて面白いかと言われると、う~ん……。絵は可愛い。

 名無し さん(20代/女性/正社員/独身)

フランスのパリ、同年代の女の子4人組が日本漫画で盛り上がります。モニークがオタク会の主催者で自室を会に開放していますが、ただ、姉のドミニクは全くオタク文化を理解しません。姉はちょっと怖いですが、モニークの飼い猫のスシは、困った顔で可愛いです。

 かのじ さん(60代/男性/無職/既婚)

悪い

フランス人少女たちが日本の漫画を読んではしゃいでいる、という漫画。フランス人という設定ですが、絵柄的にもフランス人ぽくはありません。でも、漫画に対するリアクションがちょっと日本人とはずれていて、異文化を感じます。

 ぷらこ さん(40代/女性/個人事業主/独身)

いろいろとっちらかってる漫画ですね。キャラクターの構成に力を入れすぎたのでしょうか?ストーリーがよくわかりません。

 マカロン さん(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月21日~2019年02月21日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。