漫画『ARAMITAMA』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『ARAMITAMA』とは

『ARAMITAMA』は、講談社発刊の『月刊少年マガジンエッジ』2015年10月号~2017年5月号に連載された、ゴツボ×リュウジによる日本の漫画作品である。ジャンルは陰陽アクション。全20話で、マガジンエッジKCより全4巻が発行されている。

MEMO
『ARAMITAMA』はeBookJapanで1巻から最新巻である4巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月31日確認)

『ARAMITAMA』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
永きに渡り争い続けてきた人と鬼は互いに甚大な被害を生み続けた後、休戦協定を結んで一応の安寧を手に入れます。それから1000年の月日が流れますが、世界はいまだ歪み続けていました。人間と鬼の住む領域は明確に区分され、人間界と鬼界の間には強固な壁が築かれましたが、互いの領域を侵犯する者は後を絶ちませんでした。これに対応するため人間界側では帝都守護異形管理局が設立されました。管理局の陰陽二課退魔班に所属するタカヤマとユーリは、とあるビルに多数の鬼たちが集まっているのを見かけます。中に潜入した二人は剣によって封印されている白髪隻眼の少女と出会います。タカヤマが剣を抜いてしまい封印が解けた少女は鬼御門ヨミと名乗ります。ヨミと共に封印されていた巨大な鬼と戦う羽目に陥ったタカヤマとユーリは窮地に追い込まれますが、ユーリの霊力を借りたヨミの術によって撃退することに成功します。ヨミは陰陽二課退魔班に所属することになり、強力な戦力を加えたタカヤマやユーリたちが様々な鬼と対峙していく様が描かれます。

『ARAMITAMA』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

ユーリ・グランパ

16歳の女子高生。見た目に反して可愛げない性格で過激な行動を取る。亡き祖母の影響で人と鬼は共存できると考えている。強い霊力の持ち主でヨミが力を行使するときのエネルギー源となる。ヨミからは「エネルギー袋」と呼ばれている。

鷹山ヒロシ

29歳の長髪で眼鏡をかけた結構美形な男。退魔班のメンバーからはタカヤマと呼ばれている。剣の達人だが考えなしで突っ込むため、備品や街を破壊して給料から賠償費用を天引きされており、経済的に困窮している。仕事中にギャンブルするなど、非常識なバカだが、時々シリアスでまともなセリフを口にする。ヨミを封印していた妖刀”破敵”を使う。

鬼御門ヨミ

人間界で封印され百年間眠りについていた鬼の姫。それ以前は人間と共に人間界に侵入してきた鬼を退治していた覚えがあるが、永き眠りのため記憶は曖昧で昔のことは思い出せないでいる。大食いであり常に腹を減らしている。強力な術を行使できるが、それにはユーリの霊力を必要とする。

アマンジャク

鬼たちを集めヨミと共に封印されていた巨大な鬼を復活させようとしていた邪悪な鬼。ヨミからは『破壊と混沌と他人の嫌がるコトを好む見た目も言動も痛い”厨ニ鬼”』と言われている。

静緒・ニアウィステリア

元退魔班で21歳の美人な剣士。貴族であり人鬼停戦記念博物館館長を努める。幼少より剣の才能を周囲から認められていたが、退魔班に所属したときにタカヤマから軽くあしらわれてしまい、その悔しさから退魔班を止めた後もタカヤマに出会うと勝負を挑むようになる。

『ARAMITAMA』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

人鬼休戦協定

大帝国歴明治4004年に結ばれた人と鬼の休戦協定。人間界と鬼界を区分し、互いに侵犯しないよう定めている。

帝都守護異形管理局

休戦協定が結ばれた後も人間界に侵入してくる鬼が絶えないため、人間界にはみ出てきた鬼を取り締まるために設立された組織。

陰陽二課退魔班

帝都守護異形管理局の部署の内、境界線をはみ出す鬼を鬼界に送り返すための専門部署。説得に応じなかったり、街を破壊するような凶暴な鬼は退治するときもある。

専用封印具ひょうたん1号

鬼を捕獲して送り返すための封印専用容器。鬼を捕獲して送り返した場合、退魔班のメンバーに特別手当が出る。

妖刀”破敵”

退魔七星剣の一つ。ヨミたちを封印していた剣で強力な力を持つが、持ち主の生命エネルギーを吸い取る。タカヤマが使い手になるが、まともに使うと数分しかもたないため、普段は鞘に納めたまま殴り、ここぞというときに居合抜きをするなど短い時間で使えるよう工夫している。

人鬼停戦記念博物館

人と鬼との戦いの記録や資料等を残すべきだという声を基に設立されたハコモノ。貴重な法具や呪符が展示されている。

『ARAMITAMA』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

少年マンガが大好きで、ファンタジーをよく読みます。この作品は表紙を見たときにかわいい女の子のマンガかな?と思いましたが、読んでびっくり!現代とファンタジーとバトルが絶妙にマッチしていて、きちんと少年マンガです。1巻から世界観もしっかりわかるようになっていて、鬼と人間の社会というテーマをうまくコメディに繋げているのも気に入りました!重要人物であろう姫はまだまだ謎だらけで、続きがとても気になります。
 しぇーとぅ さん(30代/女性/無職/独身)
人間界と鬼界を描いて迫力十分。ファン待望、陰陽アクションここに極まれりって感じです。
 御汁粉 さん(60代/男性/個人事業主/既婚)
歴史が大好きなので、読んでみました。正直、マンガは久しぶりだったのですが、内容から歴史好きにはかなり引き込まれるものがあります。
 マムマム さん(50代/女性/パート・アルバイト/既婚)
キャラクターの性格が3人とも個性的で読んでいて飽きませんでした。鬼とJKとおっさんという組み合わせも面白いなと感じました。
 hiroa さん(30代/男性/正社員/既婚)
冒頭の大帝国歴明治4004年という架空の時代設定に引き込まれました。そして背景の街の様子も過去なのか未来なのかよく分からないところが好きです。
 カエルくん さん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)

良い

絵が細かく丁寧に描かれてて読んで状況描写がしやすかったです。
 smh さん(20代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
ポップな作画に軽いノリのやり取り、女子高生に戦闘モノ、どれもありきたりで目新しい所はありませんが、鬼の描写など作画は上手く、こなれています。メインキャラクターの長髪の男性が非常にかっこよく描けており、実写化しても面白そうです。
 森田 さん(40代/男性/個人事業主/独身)
作画が好きです。特に女の子がかわいい!!
 おもちゃん さん(30代/女性/パート・アルバイト/独身)
他の作品にはないような世界観があり、おもわず引き込まれてしまうほど引き込まれました。
 アリのうたたね さん(40代/男性/無職/独身)

ふつう

背景がごちゃごちゃしていて少し読みずらかったです。ストーリーはギャグも時々入っていて面白いです。
 まみやのみやま さん(10代/女性/学生/独身)
思っていたより内容が薄い気がします。キャラの設定は良いと思います。
 まむし さん(20代/男性/無職/独身)
背景などがごちゃっとしていてちょっと目が疲れる。でも女の子が可愛い。
 ららら さん(20代/女性/正社員/既婚)

悪い

個人的には微妙でしたね。物語に引き込まれず内容が頭に入ってきませんでした。あまり面白いとは思えなかったです。絵も線っぽいというか動きが硬いというか…。
 ふんでぃ さん(20代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日〜2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。