漫画『アキバタリアン』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『アキバタリアン』とは

『アキバタリアン』は稲船敬二(原作)とTATSUBON(漫画)による漫画作品である。少年マガジンエッジ(講談社)で連載されていたゾンビ漫画。オタクの聖地である秋葉原を舞台に、オタクがゾンビと戦う物語。

MEMO
『アキバタリアン』はeBookJapanで1巻から最新巻である2巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月31日確認)

『アキバタリアン』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
ある日、主人公である須藤公平は友人のタケルと共に秋葉原のイベント会場にいました。イベントに出演するコスプレゾンビの中になぜか本物のゾンビが混じっており、イベント会場は大パニック。安全を確保するため、2人は避難しました。この騒動は本物のゾンビによるものであると公平はタケルに対して熱弁しますが、公平の話に現実味があまりにも無いためタケルが信じる気配はありません。その後、公平とタケルは現状を把握するために街中に戻ります。街中の惨状を目にしたタケルは本物のゾンビの存在を信じるようになります。その後2人はゾンビに襲われますが、間一髪のところで杉谷に助けられます。本物のゾンビを信じている3人は気が合い、その後3人で一緒に行動することになります。果たして3人はたくさんのゾンビが徘徊している秋葉原で生き残っていくことができるのでしょうか・・・。

『アキバタリアン』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

須藤公平

LDZのスコアで驚異の1億点を叩き出した男。LDZ界ではメガネボーイとして有名である。ゾンビオタク。ゾンビが現れた時に状況を冷静に把握しようとした。ゾンビ系のゲームや映画からの情報を頼りに様々な仮説を立てて検証していく。

タケル

公平の友人で針尾ありさの大ファン。最初は現実世界にゾンビが現れるとは信じていなかった。本物のゾンビだと言い張る公平のことも信用していなかったが、街で起きている惨状を実際に目にして、徐々に信じるようになった。普段は頼りない印象だが、ピンチの時に花火を大量に持って登場するなどの頼りになる一面も兼ね備えている。

杉田

ミリタリー&ガンショップGUN!ガン!銃!で働いている金髪の男。ゾンビが現れた時、いち早く街に出て状況を把握しようとした。上着の下に隠してあるガスガンを使ってゾンビと戦う。サバイバルが好きなため、ゾンビ達と戦うこのサバイバル生活を楽しんでいる。

針尾ありさ

バクステ外神田1丁目の銀河アイドルを目指している女の子。イベントに出演予定だったが、ゾンビ騒動のせいで結局出演することはできなかった。ファンからはありちゃんと呼ばれている。メガネボーイには遠く及ばないが、LDZの腕はかなりのもので、スコアで2千万点を叩き出した。

店長と店員

杉田のバイト先であるミリタリー&ガンショップGUN!ガン!銃!の店長と店員。接客態度が良くない杉田のことを良く思っていない。店長は昼休憩を勝手にとって店を飛び出していった杉田にクビ宣告を下した。秋葉原で公平とタケルに街に行くことを止められたが、暴言を吐きながら2人を振り切って街に出て、ゾンビに襲われ感染してしまった。

『アキバタリアン』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

LDZ

『腐って死ぬか戦って生きるか』がキャッチコピーの戦闘ゲーム。公平、タケル、杉田の共通の趣味。公平とタケルが参加していたイベントは新しく発売するLDZ4のイベント。LDZ4で出る予定の軍人ゾンビを演じる役者の中に本物のゾンビが混じっていたせいで、このイベントの参加者からどんどん感染していった。

ミリタリー&ガンショップGUN!ガン!銃!

杉田のバイト先。以前から接客態度に問題があったことと、ゾンビが街に現れたことをラジオで知って勝手に昼休憩をとって街に出たために杉田はクビ宣告をされた。

腐って死ぬか戦って生きるか

LDZのキャッチコピー。杉田が『ある人がこんなことが言っていた』という前置きの後に使用した言葉。それを聞いた公平とタケルは恥ずかしくなって顔を赤くした。

ゾンビ

突然秋葉原に発生したゾンビ。痛みを感じないため、杉田のガスガンでもひるまない。噛み付くことによってウイルスを感染させる。弱点は頭。人間と比べて身体能力が高いわけではなく、同じかむしろ低いくらい。

喫茶店ルソワール

参加していたイベントで騒ぎになった時に公平とタケルが冷静になるために逃げ込んだ喫茶店。

ゲット・ザ・ファック・アウト

杉田がゾンビを飛び蹴りで倒す時に叫んだ言葉。この飛び蹴りでゾンビは後ろに吹っ飛び、歯が2本折れた。LDZ3の決め台詞。

『アキバタリアン』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

アキバを舞台にしたゾンビ物です。ハラハラドキドキが止まりません。続きが気になってあっという間に読んでしまいました。
 メガネーまん さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
典型的なゾンビ漫画かと思いきや、ひねりがあって面白いです。
 まご さん(30代/男性/正社員/独身)
ささきゾンビ物は大好きなので、読んでてワクワクします。
 ささき さん(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)
イベントのゾンビと本物のゾンビの区別がつかず街はパニック状態に。まさかと思うような近未来感に吸い込まれました。
 メロンパン さん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)
絵がとても描き込まれていて引き込まれました。内容もスリリングでおもしろいです。
 ビースケ さん(30代/女性/正社員/独身)

良い

ゾンビとオタクっていう組み合わせが新鮮に感じられて面白かったです。
 マルポン さん(20代/女性/個人事業主/独身)
原作者と漫画家の負のエネルギーが伝わってきます。しかしそれが作品自体のエネルギーとして、読者にインパクトを与えるものになっています。負の感情でも、表現方法によってはエンターテインメントになることの好例だと思います。
 銀魂 さん(40代/男性/経営者/独身)
オタクたちの熱き戦い!サバイバルな展開に目が離せません。というのが普通の感想。でも自分は、はお宝の山が眠る雑居ビルで好きなモノとともに暮らしていた頃の3人が羨ましかった!そんな生活にあこがれてしまいます。
 だぁ さん(40代/女性/正社員/既婚)
秋葉という事もあり主人公達はオタクです。ゾンビ系の漫画や映画、ゲームの知識を入れている主人公たちのオタク特有の「メタさ」があり、それが逆に他にはない新鮮味がありました。そのメタさのおかげで、コメディもありテンポよく飽きずに次へ次へと読み進める事ができて、とても面白いです。
 ねねちゃん さん(20代/女性/パート・アルバイト/既婚)

ふつう

ゾンビものはあまり好きではないので期待していなかったのですが、この漫画は秋葉原とゾンビが合体していて単純におもしろかったです。こうなるだろうと思って読み進めると所々で裏切られたりして最後にはどうなるのかわかりませんでした。
 レイナ さん(50代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
オタク3人達がそれぞれの得意分野を生かしてアイドルを助ける様子が、読者としては共感しやすいストーリー展開でした。
 マンガロマン さん(40代/男性/正社員/既婚)

悪い

絵が衝撃的すぎます。ちょっとグロくて、好き嫌いが分かれそうです。
 みっき さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日〜2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。