漫画『神食の値段』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『神食の値段』とは

凄腕の高校生料理人と、経営の才覚に恵まれた生徒会長が織りなす、新感覚のグルメビジネス漫画。開店後の資金繰りや経営分析など、ビジネス書として読める要素が多く含まれている。ゆづか正成が2016年に少年マガジンエッジで連載していた。全2巻の単行本は講談社から発行されている。

MEMO
『神食の値段』はeBookJapanで1巻から最新巻である2巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年1月31日確認)

『神食の値段』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
確かな料理の腕と鋭い味覚を持っているが、普段の奇行のせいで友人がいない伊豆丸恵太。生徒から人気があり、教師からの信頼も厚い秀才生徒会長で、抜群の経営センスを持つ結城俊。2人はお互いの能力を認め合いながらも、飲食店のあり方についての考え方の違いからいつも対立しています。なぜ2人が共に行動しているのか、誰も理由を知りません。近所にコンビニができて、赤字経営に陥った個人経営のフライドチキン店のオーナー。独立してパンケーキ屋を新規オープンしようとしている若手パティシエ。SNSに投稿するネタのために自分の料理が消費されていることで、料理への情熱を失ってしまった有名シェフ。悩める料理人たちと関わりながら、お互いの理想を追求し続けていきます。

『神食の値段』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

伊豆丸恵太

どんな要求にも応えて、美味な料理を創り出すことのできる高校生料理人。学業やスポーツの才能はない。料理について妥協することを好まず、食材についても自分で漁師と船に乗るほどこだわっている。常により美味な料理とそれを作る料理人を探して食べ歩いている。気に入ったお店には何度も足を運び、味の変化を敏感に感じ取る。おいしい料理を出していれば必ず店は流行る、と考えており、料理店の経営的な要素を優先する結城とは意見が合わない。料理の味に興味がない結城に、ウマイと言わせたいと思っている。

結城俊

カリスマ的な人気を誇る生徒会長で、高い社交性と優秀な頭脳を併せ持つ。眉目秀麗なメガネ男子。神の食べ物であるアンブロシアを食べてみたいという野望のために、伊豆丸の側にいる。飲食店の経営状況や売上・経費を瞬時にして見抜き、赤字を打開するためのアイディアを次々と産み出す能力を持っている。料理の味に全く興味がなく、伊豆丸の料理を食べようともしない。

狩ヶ野サヤ華

雑誌ライヤのカリスマモデルで、結城俊の婚約者。彼女の父親は大企業の社長であり、結城を跡継ぎにしたいと考えている。流行りのSNS映えする料理を撮影することに忙しく、味わうことは二の次である。

『神食の値段』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

アンブロシア

ギリシャ神話の中で、神々に不死をもたらす食物の頂点として語られている料理。神々の生命力や超常的な力の源であり、究極の美味を体験できるとされている。具体的な材料や調理方法は不明。結城が、食べてみたいと切望しているものであり、そのために伊豆丸の側にいると語っている。作品タイトルでは「神食」と表記されている。

総合体験

結城の考える飲食店のあり方。飲食店の価値は、メニュー・サービス・雰囲気の3つの要素で決まるといわれている。料理の味のみならず、サービススタッフの対応や店内の演出など、すべての感覚が刺激されて味わえるのが「総合体験」である。結城は料理店の価値は味のみでは決まらないと考えているが、伊豆丸は全く共感していない。

レシピ紹介

作品内で伊豆丸が創った料理のレシピが掲載されている。「わがままチキン」「石焼きスフレオムライス」など、自宅でも簡単に作れるレシピが揃っている。「大使閣下の料理人」の作者である西村ミツルが料理監修を行っており、もったいないという理由で没メニューも紹介している。

『神食の値段』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

漫画のタイトルから内容が想像できなくて、そこから興味がそそられた。
 タンバリン さん(30代/男性/正社員/既婚)
料理漫画の中でもストーリーがしっかりと出来ていて、続きが気になる作品です。
 ビースケ さん(30代/女性/正社員/独身)
潰れそうな店を再建する良くありそうなストーリーだが、作者の描写が細かくて入り込んでしまいます。
 くいしんぼう さん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)
優秀な生徒会長と変わり者だけど料理の腕が抜群な高校生コンビが潰れかけの店を立て直すという設定が新しく、ただの料理漫画とは違うなと思いました。店舗経営の勉強にもなるかもしれません。
 からあげラブ さん(20代/女性/個人事業主/独身)
料理好きな私にはストライクな漫画です。次の展開が楽しみです。
 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚)
料理や食に関係のある漫画が好きなので購入しました。異色高校生コンビが潰れそうなお店を再生させるお話です。とても痛快で惹き込まれました。
 うまチキ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

良い

店の経営再建を学生が行っていくというストーリーに意外性を感じました。作画も変に誇張することもなく、読みやすい作品です。
 nori さん(40代/男性/正社員/既婚)
ありがちな設定ですが出てくるご飯は美味しそうだし気持ちの良いストーリーが多くて気に入っています。
 ぐうぐう さん(30代/女性/正社員/独身)
設定そのものが面白い上に、絵もうまくて、とても良い作品だと思います。読みやすいビジネス書、という印象も持ちました。
 圭介 さん(40代/男性/経営者/独身)
神食って?とタイトルを読んだときは不思議に思いましたが、読み進めていくうちに納得!クラスで変人と言われている伊豆丸恵太と、学校一の秀才で政党会長の結城俊、2人には食に関する共通点があった。恵太の天才的な味覚で潰れかけたお店を再建していくというシーンは、ほ〜!なるほど、と感心しました。料理を軸に、2人がいろんな出来事に関わっていき、物語が進んでいくので今後の展開も目が離せないなって思います
 マイコ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
普通の料理漫画とは全く違います。主人公たちがお店の経営面からコストと味の両立を考えていく漫画です。個性を出すために、ぶっ飛んだ設定や演出の料理漫画も多い中、この漫画はシンプルでリアルな雰囲気がとてもいいと思います。
 大佐 さん(20代/男性/学生/独身)

ふつう

グルメ漫画が好きなので購入しました。主人公のキャラクターが2人いますが、どちらも個性があって魅力的です!1人は分析的なキャラ、もう1人は本能に従う天真爛漫キャラで、2人の掛け合いの中でテンポよくストーリーが展開していきます。ジャンルはグルメ漫画ですが、「コストと料理の質を考えていく」という今まで見たことがないテーマなので、ちょっとした勉強にもなりそうです。
 カジヤ さん(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)
どうせありきたりなグルメ漫画と思ってみましたが、引き込まれましたね。冒頭はインパクトを狙い過ぎか感が少し強かったですが、そのあとの展開が良いですね。流行らないファーストフード店を立て直すなんて発想は良いですね!
 トミー さん(50代/男性/経営者/既婚)
2人の高校生が窮地の飲食店を救うグルメ物語です。表紙のイラストが美味しそうですね。
 ああ さん(0代/女性/個人事業主/独身)

悪い

なんとなく世界に入り込めず、いまいちでした。
 グルメ王 さん(30代/男性/経営者/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日〜2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。