漫画『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』とは

モーニングで連載されていたが、現在は完結。講談社より出版。著者は清野とおるで、代表作に「東京都北区赤羽」がある。様々な「おこだわり人」を観察し、痛烈に批判したり、時には共に楽しんだり。「東京都北区赤羽」に次ぐ代表作のノンフィクション漫画。

MEMO
『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』はeBookJapanで1巻から最新巻である5巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月9日確認)

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

つまらない日常生活の中で、こだわらなくてもいいことにあえてこだわり、そこに自分だけの幸せを見出しコソコソと楽しんでいる「おこだわり人」。その「おこだわり人」を清野とおるが徹底的にリサーチし、接触します。彼らの特徴は、おこだわりをおおっぴらにしないこと。密かに独自の世界の中で一人、楽しんでいます。彼らにこそこの世を楽しく生き抜くヒントがあると信じ、清野とおるは様々な「おこだわり人」に会い、インタビューをします。その内容に驚愕し、時にワクワクし、すぐに帰宅しておこだわりを試さずにはいられなくなります。そして実際に試してみたら・・・?
面白味のない日常生活を密かに楽しむ輩を、清野とおるが丸裸にします。

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

ツナ缶の男

ツナ缶の食べ方にこだわる男。『マヨネーズを死ぬほどかけて、さらに胡椒も死ぬほどかける。ノンオイルタイプのツナ缶ではだめで、油たっぷりのツナ缶が必要。小皿に移すなんて、洗い物を増やすような愚行はしない。ぐちゃぐちゃにかきまぜて、お酒と一緒に口の中へ入れる。すると、至福を感じることができるんだ。』と著者に力説するのである。

寝る男

寝ることに至上の喜びを感じる男。口癖は『寝ちまうかァ~』である。枕は低反発枕を使用して、枕元にはペットボトルの水道水を常備して、快適に眠る環境の準備は欠かさない。さらに、「寝る」という神聖な儀式を行う礼服と称して、必ずパジャマを利用する。
この男は、春夏秋冬どの季節においても、独自のこだわりを用いて寝ようとする。春ポカポカ陽気の中で、公園のベンチに腰掛けながらうたた寝をする。夏は、うだるような猛暑日に、あえて部屋をキンキンにひやして、凍えるほどの寒さになったら布団にくるまって寝る。秋は窓を全開にして、涼しい風を招き入れて、小難しい小説をペラペラめくり、気づいた時には夢の中である。冬は、寝る前に布団の中に熱めの湯たんぽを忍ばせておき、布団の中を春にする。そうすると、足元からとろけていって一瞬で寝る。
このように、様々な形の「寝る」を楽しんでいるのである。

アイスミルクの男

喫茶店で、コーヒー等ではなくアイスミルクを注文するこだわりを持った男。見られると恥ずかしいので、両手でグラスを隠してむさぼるようにチュウチュウすするのだ。なぜアイスミルクにこだわるのか。それは、「ミルク」という柔らかな語感と、大人なのにミルクを飲むという背徳感に酔っているからである。

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

白湯

水を沸騰させたお湯を、適温に冷ましたお湯のこと。白湯を飲むことにこだわりを持つ男の回で登場する。男は著者に、白湯のこだわりの飲み方を説明する。『まずアルカリイオン水をケトルで沸かし、沸かしきったらいったん鉄瓶に移す。さらに鉄瓶で5分ほど置いてから、湯飲みにうつすと、鉄瓶から鉄分がお湯に溶け出し、鉄分も摂取できる。そして、一口ズズズとすすると、温かい白湯が食道から胃へとするりするりと流れ落ち、お腹がポッと温かくなるんだ。』と、こだわりの飲み方を著者に力説するのである。

八王子ポテトサラダの会

2~3ヶ月に一度、メークインやお酒を持ち寄って集まる会。その際、「ポテトサラダ棒倒し」というゲームが行われる。まず、ポテトサラダを山形に盛り、国旗の旗を真ん中に立てる。じゃんけんで勝った者から時計回りでポテトサラダをひとすくいして、自分の小皿に移す。その際の掛け声は『じゃーんけーんぽてと』である。一人が棒を倒したら、他の3人は自分が取ったポテトサラダを計量する。そして、より多くのポテトサラダが皿にあった者の勝利となるのである。

ベランダで寝る極意

「ベランダで寝ることにこだわりを持つ男」で登場する極意。この極意とは、ランタンに点火し寝袋にくるまって、ラジオを聴きながらワンカップをちびちび呑みながら肴をつまむという楽しみ方を指す。

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

贅沢品ではないけど美味しいものってあるよねと思いながら読みました。自分も一人暮らし時代に魚肉ソーセージを主食にしてたことがあるので懐かしかったです。
 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚)
インタビュー形式で、こだわりを聞いていくというストーリーです。どれもくだらないこだわりなのに、なんだか楽しそうでちょっと真似したくなりました。作者のつっこみが特に面白くて、にやにやしながら読んでました。
 あやのん さん(20代/女性/個人事業主/独身)
こだわりにこだわった漫画。これ読むと自分でもまねしたくなるし、新しい何かを探したくなる、こだわりって面白いなと思いました。
 くっく さん(40代/男性/個人事業主/独身婚)
タイトルだけ聞いたことがありましたので読んでみました。勝手にフィクションだと思っていましたがノンフィクションでした。しかも癖の強い男たちによるニッチな分野の熱弁、これまた癖のある作者のツッコミや問い質し。出てきた情報は実際にやってみたいものもありました。多分今晩やってしまいそうなものも。とにかくもっと早く読んでおくべきでした。
 あねご さん(20代/女性/正社員/独身)
「その「おこだわり」、俺にもくれよ!!」。そうそう、ほんとそう思う。俺にもくれよ!!ってマジおもいました。
 おろち さん(60代/男性/個人事業主/既婚)
清野とおるさん、ハズレがないですね!日常のちょっとした「おこだわり」をインタビュー形式で紹介していく作品です。清野さんのオーバーリアクションがクセになりますが、なにより紹介される「おこだわり」がどれも素敵です。えっ!?と思うものから、わかる~と共感できるものまで、本当に人それぞれの「おこだわり」が面白いですよ。読めばきっと真似したくなる「おこだわり」があるでしょう。とってもオススメの作品です!
 ギロロギ さん(30代/女性/無職/独身)

良い

主人公の食へのこだわりが凄まじくて、とにかく笑えました。感動すら覚えました。
 moca さん(30代/女性/個人事業主/独身)
作中で紹介されているマヨネーズとコショウをたっぷり盛ったツナ缶をつまみに、グレープフルーツ味のチューハイを飲むといのが大変おいしそうだったので、つい自分でも試してみてしまいました。
 ロカ さん(30代/男性/正社員/独身)
著者のつっこみが止まらない!お金がかからないのが良いですね。まねしたくなります。
 にゃんた さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
40代~50代のおっさんにはたまらない漫画ですね、特に酒飲みにはたまらないでしょう。見ると自分も試したくなる漫画で、実際に同じことを試した人は多いのではないでしょうか。意外とヘビーユーザーがいる漫画かもしれません。面白かったです。
 トミー さん(50代/男性/経営者/既婚)
もうさいっこーです。B級グルメの極み。お金がなくても楽しめるものです。なんだか親近感を感じて、実際にマンガに出てくるレシピ(ってほどでもないですけれども)を試してみました。おいしかったです。ということで、夜に読むのはおすすめしないけど、絶対に読んでほしいマンガの1冊です。
 だぁ さん(40代/女性/正社員/既婚)

ふつう

男食に関するさまざまな人の「おこだわり」を聞き出す、ある種のグルメレポートマンガ。基本的にB級グルメが中心で、内容はとっつきやすい。ただ、インタビュアー役の主人公のリアクションがかなり鬱陶しい。たとえば「僕は小腹が空いたとき、フランクフクトを食べます」「フランクフルトぉ!?」「そうです、フランクフルトの先端のプラスチックみたいに硬くなった部分が好きなんです」「プラスチックぅ!?」など、一問一答ごとに変顔でリアクションを取る。このやり取りに抵抗を感じなければ、読み進めていけると思う。
 ねこ さん(40代/男性/正社員/既婚)
妙なことにこだわる人たちに突撃レポしてやってみるというルポ漫画。くだらないのだが、ちょっとやってみたい気になるものもちらほら。
 まるこ さん(50代/女性/個人事業主/既婚)
世間には、他人が気にも留めないことに異常ともいえる執着を持つ人たちがいる。そんな方々を紹介する作品です。どの方も自分のこだわりに非常に忠実であることを教えてくれます。これを読めば、自分の理解できない趣味の持ち主にも優しく接することができるのではないかと思います。
 とむとむ さん(40代/男性/正社員/独身)
ツナ缶・ポテトサラダなど、お金のかからない日常の美味しい喜びを描いています。簡単ですし真似したいって思う場面も出てきますよ。
 ああ さん(40代/女性/個人事業主/独身)

悪い

誰にでもその人なりのおこだわりがあると思いますが、清野先生の視点が独特で面白いです。
 ひよこ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日~2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。