漫画『フロイデ』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『フロイデ』とは

「フロイデ」は、講談社からは発売されている月刊モーニングTwoに連載されていたクラシック音楽学習漫画である。作者は車戸亮太であり、そのコミック版は同じく講談社のコミックプラスというレーベルから刊行されている。

MEMO
『フロイデ』はeBookJapanで1巻から最新巻である1巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月9日確認)

『フロイデ』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

歴史に名を残す偉大な作曲家であるルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、この世を去った後に天国にあるもう一つの音楽の都・ウイーンへと転生を果たし、そこでも作曲家として暮らしていました。彼は生きている頃と同じく作曲に苦悩する日々を送っていたのですが、彼の前に若くして亡くなった天才作曲家のヴォルフガング・アマデウス・モーツアルトが現れて瞬く間に新曲を完成させてしまい、それがまたベートーヴェンの自信を喪失させることとなります。そんな彼の前に、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンやヨハン・セバスティアン・バッハといった同じく著名な作曲家たちが現れ、生前のエピソードを交えつつ、ベートーヴェンに新たな音楽を作曲させるべくエールを送るのでした。

『フロイデ』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン

ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、この物語の主人公となる作曲家である。生前は「第九」や「運命」といった楽曲を残した楽聖という異名を持つ偉大な作曲家であったが、死後も天国にある音楽の都・ウイーンへと転生しており、そこで同じく作曲活動に明け暮れている。なお、生前から作曲活動においては苦悩の毎日を送っており、それは転生してからも変わっていない。なお、ベートーヴェンとは、ダイコン畑を意味するドイツ語である。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルトは、5歳の頃に既に最初の楽曲を制作したと伝えられている天才作曲家である。35歳という若さでこの世を去ることになるが、その後天国にある音楽の都・ウイーンへと転生を果たしており、そこでも生前と同じく天賦の才を発揮して瞬く間に音楽を作り上げるという活躍を見せている。一曲を作るのに苦悩を重ねるベートーヴェンからすると、そのことがうらやましく感じられ、より一層彼の苦悩を深めることになるのであった。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンは、ベートーヴェンの師匠でもある偉大な作曲家である。生前にはドイツ国家を作曲しており、その熱烈なファンによって死去した際に頭部だけ持ち去られるという目にもあっている。そのため、天国にある音楽の都・ウイーンへと転生した後も頭部だけの姿となっている。

『フロイデ』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

ウイーン

ウイーンは、天国にある音楽の都である。そこでは、ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンやヴォルフガング・アマデウス・モーツアルトなど、生前に歴史に名を残した偉大な作曲家たちが転生して音楽活動を行っている。

ライブハウス

ライブハウスとは、天国の音楽の都・ウイーンにある音楽ライブを楽しむための施設である。音楽の父という異名を持つヨハン・セバスティアン・バッハがプロデューサーとして経営しており、作曲に苦悩しているベートーヴェンに対して出演しないかとオファーを送ることになるのである。

パロディ

パロディとは、ある曲の一部について伴奏や楽器を変えることによって新たな曲を作り上げるという音楽的手法である。バロック時代には一般的な手法であり、特に作曲の仕事が多く寄せられる人気作曲家が多用していたとされている。

ドイツの三大B

ドイツの三大Bとは、ブラームスとバッハ、ベートーヴェンというドイツが生んだ世界的に偉大な作曲家の3名を指して呼ぶ場合に用いられる用語である。

『フロイデ』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

クラッシック音楽のお勉強にもなる漫画です。興味のなかった私でも引き込まれました。
 すずらん さん(20代/女性/学生/独身)
ナダタル音楽家を漫画で描く。すごいですねえ。と、読み始めるとハマッテしまいそうでした。
 やまいも さん(60代/男性/個人事業主/既婚)
ベートーベンとモーツアルトとハイドンが同じ世界で生きている漫画です。バッハはパンキッシュなライブハウスプロデューサー。クラシック音楽家のことを楽しく知れて面白いです。ハイドンのキャラが特にお気に入りです。クラシックに興味がわいてきました!
 ぷらこ さん(40代/女性/個人事業主/独身)
絵が可愛いのと偉大な音楽家たちが可愛く描かれてるのが好みです。音楽家たちが生きた時代で産まれた音楽が楽しく描かれているので、音大生にもおススメの一冊。もっと読みたかったですね。
 Kazuhiro さん(30代/男性/個人事業主/既婚)
音楽家の死後の生活というのが斬新で面白かったです。それぞれの苦悩がくだらなすぎて微笑ましいです。
 幸江 さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

良い

画が上手い下手というより、この作品のストーリーの珍しさに興味がわきました。音楽の歴史上に名を残した人々を題材にした作品なので、少し歴史の勉強にもなるかもしれません。
 nori さん(40代/男性/正社員/既婚)
ベートヴェン・モーツァルトなど、歴史に名を残す音楽家たちが登場します。クラシック音楽の勉強になりますし、伝記のような漫画です。音楽家たちの偏執ぶりなども愛情を持って描いており、クラシック好きな人はもちろん、クラシックを知らない人も楽しめると思います。
 あs さん(40代/女性/個人事業主/独身)
ゆるーい感じで絵もストーリーもすすんでいきますが、音楽好きな人は引き込まれるんじゃないでしょうか。おすすめです!
 りょう さん(30代/男性/正社員/既婚)
死んだ音楽家たちが天国で一緒に暮らしている、という設定が面白かったです。クラシック好きの人ならさらに楽しめると思います。
 林 さん(20代/女性/個人事業主/独身)
楽しみながら偉大な音楽家達の豆知識、音楽の豆知識が学べます。ベートーベン、モーツァルト、リスト、ドビュッシーなどなど盛りだくさん。基本的にギャグですが、ボケがただのボケとかでなく、偉人達の本当の性格や特性を活かしての笑いなので、2度おいしい感じがします。音楽やってる人やクラシックが好きな人は勿論、そうじゃない人も楽しめる一冊です。
 マユミちゃん さん(30代/女性/公務員/独身)

ふつう

クラシック音楽を勉強できる作品です。ただ音楽家の名前が出てくるだけでなく、小ネタ・豆知識が満載なので読んでいて楽しいです。
 みかん さん(30代/男性/個人事業主/独身)
音楽系のマンガって面白い印象がなかったんですが偉人の人間性に触れている面がとてもギャップでした。ただやっぱり音楽系じゃなくてもいいかなー、ということでふつうです。
 おこめなっとう さん(20代/男性/正社員/独身)
残念なベートーベンがクスッと笑えます。クラッシック豆知識も面白いです。
 くろ さん(30代/女性/パート・アルバイト/独身)
過去の偉大なクラシックの作曲家がコミカルに描かれたコメディです。それぞれの作曲家の人物像などを勉強しながら楽しめる漫画になっています。クラシックの作曲家を知るための入門編としては良いかもしれません。
 森田 さん(40代/男性/個人事業主/独身)

悪い

絵がいまいちで、私はあんまりあわなかったです。
 かわいい私のラブリング さん(40代/女性/個人事業主/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日~2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。