漫画『惑星スタコラ』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『惑星スタコラ』とは

『惑星スタコラ』は、2006年9月発売のモーニング増刊号モーニング・ツー1号で不定期連載をスタートさせている。加藤信吉が作画を担当したSF系のマンガ作品だ。講談社が単行本化し、2009年10月22日に店頭での発売が始まった。

MEMO
『惑星スタコラ』はeBookJapanで1巻から最新巻である5巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月9日確認)

『惑星スタコラ』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

主人公のキズは、任務を遂行し、小僧と一緒に道端で用を足していました。一息つき、闇の組織のボスの居宅を訪れ、任務が完了したことを報告しました。特殊なルートから情報を入手していたボスは、新たなミッションをキズに任せています。キズは、ボスの世話役から僅かな軍資金を受け取り、その場から直ぐに立ち去りました。外で遊んでいた小僧を連れ、喫茶店に向かっています。店内でドリンクを飲みながら、ミッションの計画・構想を練り始めました。小僧は、視線の先に商業施設が建ち並ぶ様子を眺めていました。屋上付近に大きな看板を設置している店舗を間近で見たくなり、キズと一緒に訪れました。店舗の雰囲気を堪能した2人は、颯爽と歩き始めています。ミッションの遂行を目指して旅を続ける中で、惑星スタコラの奥地へと迷い込んでいます。

『惑星スタコラ』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

キズ

キズは、特殊な仕事を請け負っている男性だ。髪の毛に緩いパーマがかかっている。口数が非常に少ない。闇の組織のボスと対峙した際、『マタギ然とした寡黙さには閉口だ』と告げられた。また、中央によって感情や行動を制御されている。激しく動揺して素早く動こうとした際には、中央に「逃亡の前兆」とみなされてしまい、身体の自由を奪われる。非常事態が発生した折には、中央から渡されている機器を使用して状況を説明しなければ自分の思い通りに行動できない。

小僧

小僧は、キズの息子だ。キズを『オットウ』と呼び、慕っている。キズと一緒に行動する際には、手を繋ぎ、黒猫の顔を模したリュックを背負っていることが多い。行方不明の母親を恋しく思っているため、マネキンなどを自身の母親と見間違えてしまうことがある。母親を『オッカァ』と呼んでいる。おちょぼ口とつぶらな瞳がトレードマークだ。

闇の組織のボス

闇の組織のボスは、長期間にわたって寝たきりの状態が継続している老人だ。しかし、絶対的な権力を保持している。身体を自由に動かせないものの、口は達者だ。嫌みを言って相手を不愉快な気持ちにさせることが少なくない。

闇の組織のボスの世話役

闇の組織のボスの世話役は、手のひらサイズのロボットだ。ボスに対する忠誠心が強い。凶暴な一面があり、反応が薄いキズに対して頭突きでダメージを与え、檄を飛ばした。

『惑星スタコラ』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

惑星スタコラ

惑星スタコラは、物語の舞台となっている架空の星だ。人間・動物・ロボットが共に生活している。繁華街や住宅地が形成されているエリアは少なく、未開拓の地が多い。また、人間が移動手段として恐竜を使うケースは珍しくない。馬車の要領で恐竜の後方に荷車を付けている。

中央

中央は、惑星スタコラの治安を維持している機関だ。犯行に及ぶ可能性が高い要注意人物に対し、通信機器の携帯を義務付け、彼らの行動を監視している。

神社

神社は、闇の組織のボスの邸宅付近に鎮座している。参拝するスペースの直ぐ近くには、大量の絵馬が飾られている。因みに、キズがボスと面会している最中、小僧は境内の樹木に登って遊んでいることが多い。

ブンブン

ブンブンは、頭を振り回して感覚を鈍らせる遊びだ。小僧は、キズと一緒に移動する最中に長時間ブンブンを継続した結果、幻覚が見えた。キズは幼少期にチャレンジした経験があり、『快楽の自己開発』と呼んでいる。

ダン

ダンは、小僧が立ち寄ることを望んだパチンコ店だ。店頭に設置されている看板は、キズの身長を上回る大きさがあり、ネオンが点灯していた。

『惑星スタコラ』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

日本のようで、そうでなさそうな世界観に引き込まれました。また、現代社会に生きるマタギにドキドキハラハラが止まりませんでした。
 ねこ吉 さん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)
これは一体なんでしょうか…とんでもないものを見た気分です。冒頭からはしばらく頭に?が飛びまくりでしたが、不思議と読むのをやめられない。どんどん、のめり込んでいく感覚です。言葉に表しづらいので、他の人の感想も聞いてみたい。作品としてはとても素晴らしいと思います!
 ダーリジン さん(30代/女性/無職/独身)
彼はミッションの遂行のために無限の旅をする。その姿に心惹かれる読者も多いように思います。
 和尚 さん(60代/男性/個人事業主/既婚)
表紙は何かの自叙伝のようですが、内容は独特な絵柄と設定で新しさを感じました。
 ビースケ さん(20代/女性/学生/独身)
すごい独特な世界観で飽きることがありません。
 ごーれむ さん(30代/女性/正社員/独身)

良い

表紙がとってもカッコいい。パッケージ買いしてしまう。
 かな さん(30代/女性/正社員/独身)
1話からとても読みごたえのある作品でした。続きが早く見たいと思いました。
 しんご さん(20代/男性/学生/独身)
マンガと言うよりは新しい形の芸術だと言えるかもしれません。この作品に関しては、私がどうこう言うよりは、ご自分の目で確かめてくださいと強くおすすめしたい1冊です。
 だぁ さん(40代/女性/正社員/既婚)
絵のクオリティが高く芸術性の高い作品です!
 ヨシ さん(30代/男性/正社員/独身)
ギガとコロが旅をするストーリーです。登場人物それぞれの過去が明らかになっていき、そういうことだったのかあと心にすんなり受け入れられるラストです。
 moi さん(30代/女性/個人事業主/独身)

ふつう

絵がすごく力強いです。内容はちょっと分からなかったけど。
 サクサク さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
凄い描き込みですねー。迫力があるというより正直見辛いです。ネームもまた非常に凝っていて力が入っています、ガンダム以降の定型をなぞっていますが。のんびり眺める感じで読み進めるのが正解なのかも。
 べれおた さん(50代/男性/無職/独身)
好みは分かれると思いますが、独特の世界観に惹きこまれます。
 コネ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
マタギとは現在少ない人たちを描いてる楽しみな作品です。
 じゅんちゃん さん(60代/男性/パート・アルバイト/既婚)
絵は独特の風合いを感じさせます。SF好きなら楽しめると思いますが、設定を理解するのに時間がかかりました。
 栗ごはん さん(40代/女性/正社員/既婚)

悪い

絵が独特のため好き嫌いがわかれるかもしれません。異世界の雰囲気が堪能できます。
 ももんが さん(30代/男性/正社員/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日~2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。