漫画『神様の横顔』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『神様の横顔』とは

「神様の横顔」は、講談社から発売されている月刊モーニングTwoに連載されていた劇団スターダム漫画である。作者は朔ユキ蔵であり、そのコミック版は同じく講談社のモーニングKCコミックスというレーベルから刊行されている。

MEMO
『神様の横顔』はeBookJapanで1巻から最新巻である2巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月9日確認)

『神様の横顔』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

時は戦前にさかのぼること1935年、千鳥芸術学校という少年たちが演劇を学ぶ学校が日本にありました。この学校の創設者の孫である千鳥敬太郎は、幼くして劇団青年千鳥の舞台を一目見て俳優への道に進むことを決めた人物であり、学内でも成績優秀で常に首席を争っていたのでした。彼を突き動かしていたのは、「舞台の真ん中に立ちたい、スターになりたい」という夢であり、その実現のために誰よりも鍛錬に明け暮れていたのですが、そんな彼の目の前に謎の新入生である麦蒔摂が現れることとなります。天才肌の摂の出現によって、それまで学内一という評価が定まっていた敬太郎の地位がにわかに揺るぎ始めるのですが、努力によって摂に勝とうとする敬太郎は更なる研鑽に明け暮れることになるのです。

『神様の横顔』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

千鳥敬太郎

千鳥敬太郎は、この物語の主人公である少年で、千鳥芸術学校で俳優を目指して学んでいる生徒である。幼い頃に舞台を観劇したことで自らがその真ん中に立つことを夢見るようになり、いつかはスターとして脚光を浴びることを目標としている。努力型の秀才であり、目標のために日々自らに厳しい鍛錬を課している。その甲斐あって、学内では常に首席を争う成績優秀者であるが、麦蒔摂が現れたことでそれだけでは不十分であると悟りさらなる高みを目指すべく研鑽を積むことを決意するのであった。

麦蒔摂

麦蒔摂は、千鳥芸術学校に新たに入学してきた新入生である。新入生でありながら、俳優としてトップクラスの魅力を備えており、そのことに目を付けた理事長は、学内一の実力を有している主人公の千鳥敬太郎と摂を同列に扱うのであった。

千鳥藤子

千鳥藤子は、千鳥芸術学校の理事長を務める人物である。生徒の資質を見つける能力にかけては右に出る者はおらず、学内で実力ナンバーワンという評価が定着していた主人公の千鳥敬太郎を差し置いて、謎の新入生である麦蒔摂を彼と同列の首席の地位に付けることになるのであった。

鶴貝瑛進

鶴貝瑛進は、千鳥芸術学校で学ぶ少年であり、主人公である千鳥敬太郎の学友でもある。演者としての能力に優れており、敬太郎について学内第二位の評価を受けている。

『神様の横顔』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

千鳥芸術学校

千鳥芸術学校は、この物語の舞台となる俳優育成のための学術機関である。この学校を創設したのは、主人公である千鳥敬太郎の祖父であり、この学校の生徒などによって構成される劇団青年千鳥の舞台を観劇したことがきっかけとなって、敬太郎もまた俳優を目指すことになるのであった。

劇団青年千鳥

劇団青年千鳥は、千鳥芸術学校の卒業生などによって構成されている劇団である。その創設者は千鳥芸術学校と同じく、千鳥敬太郎の祖父である。

首席スター

首席スターとは、劇団でただ一人の人物で基本的には主役を務めることを任務としている。千鳥芸術学校の理事長である千鳥藤子によると、首席スターを育てるためにはいかにして才能ある人物を早期に見つけ出すかが重要であり、そのために主人公である千鳥敬太郎を謎の新入生である麦蒔摂と競わせようとするのであった。

一人部屋

一人部屋とは、文字通り一人だけ入居することが認められている部屋である。千鳥芸術学校では、原則として首席の生徒のみが一人部屋となることが認められていたのだが、例外的に主人公である千鳥敬太郎は、首席でありながら謎の新入生である麦蒔摂と相部屋となるのであった。

『神様の横顔』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

努力ともって生まれた才能。主人公とライバルの感情が綺麗に描かれ作品です。ヒャーマンドラマが多く含まれるのでその様な作品が読みたい方はオススメです。
 atsu さん(20代/男性/パート・アルバイト/独身)
とても勇気をもらえる内容で、自分の頑張ろうと思えます。
 わしばだけ さん(20代/女性/学生/独身)
男版の宝塚劇団みたいなストーリーに、ちょっと古い時代背景がよかったです。ぜひ2巻も読みたいと思いました。
 まりお さん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)
努力で人の人生は変わるのか、大人になるとニュアンスが変わってくる感じもします。が応援したくなるのも、信じたいのも、本音です。
 笹さん さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

良い

絵が大好きです。続きを買おうと思いました。
 たむろ さん(20代/男性/正社員/独身)
いつも読んでいるブログで紹介されていたので、興味が湧いて購入しました。舞台が1935年という変わった時代で、演劇を学ぶ少年たちが集う学校という、他ではあまり見かけない設定で新鮮でした。努力家の主人公の前に現れた新入生が謎の多いキャラクターで、思わずストーリーに引き込まれてしまいました。学園ものでほのかにミステリー色が漂う世界が好きな人にとってはおすすめの作品です。
 しょうや さん(20代/女性/個人事業主/独身)
神秘的な世界観で私は好きな作品でした。
 うぇれ さん(20代/男性/パート・アルバイト/独身)
舞台のスターとなるべく努力する主人公と、神に愛されたと言われる天才転校生。その二人がストーリーの中心です。男性版○塚と言いたいところですが、絵はどちらかといえば落ち着いていて読みやすいです。この二人の争いに目が離せません。
 マキモ さん(30代/女性/無職/独身)
演劇という夢に向かう若者の青春の姿に胸が熱くなりました。昔の日本が舞台というのも興味を持てました。
 星いってつ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

ふつう

タイトルだけ見ると、何の作品なんだろう?と思いましたが、この作品は演劇をテーマとした作品です。試し読みでは主席候補間違いなしと思われていた主人公のライバルが出現するところで終わってしまいましたが、続きが読みたくなりました。
 ジェラ さん(20代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
ガラスの仮面の男性版の様なストーリーです。
 鬼軍曹 さん(40代/男性/正社員/独身)
どんなとこにも輝いてるというか輝いちゃう人っているよなぁと思った。でも無意識にも輝いちゃうような天才的な人だって、結局は努力なしには輝き続けられないと思うし、自分も努力を怠らない人間でいなくてはなぁと思った。絵はあんまり好きじゃないけど、次の展開が気になるストーリーだった。
 マシン さん(30代/女性/個人事業主/既婚)
作者は女性だそうで、やはり女性的な感性に満ち溢れた作品ですね。作品の主軸となるテーマも男性だったら実はそんなにこだわらないものかもしれません。それと微妙にデッサンが狂っているような画がちらほら見受けられますが、この微妙にずれた画面が逆に独特の世界観の源になってるのかな?と思いました。
 べれおた さん(50代/男性/無職/独身)
繊細なイラストに魅かれる。作品世界観も独特で見てて飽きない。
 たま さん(20代/女性/正社員/独身)

悪い

設定に無理があるような気がします。昭和初期の演劇界を題材にしているようですが、当時の日本の状況からかけ離れすぎていて、受け付けませんでした。
 銀米 さん(40代/女性/正社員/既婚)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日~2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。