漫画『局地的王道食 〜たしな味』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『局地的王道食 〜たしな味』とは

『局地的王道食~たしな味』は、月刊モーニング・ツーに掲載されていた。千葉県出身のイラストレーター・松本英子が食べ物に対する愛情を描くグルメエッセイコミック。講談社が2016年7月22日にコミック化し、出版・発売している。

MEMO
『局地的王道食 〜たしな味』はeBookJapanで1巻から最新巻である2巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月9日確認)

『局地的王道食 〜たしな味』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

本作品は、作者・松本英子の体験談に基づき、物語が構成されています。第1話では、Uさんから初めて竹輪麩を食べた時に衝撃を受けた話をネタに、作者と相棒のキャラクター・モグが竹輪麩について力説します。竹輪麩は、関東地方のおでんに欠かせない存在となっているものの、Uさんの出身地である九州ではメジャーな食べ物ではありません。竹輪麩をこよなく愛している作者は、おでん以外の調理方法で竹輪麩を美味しく食べる方法を模索し始めます。スーパーを訪れて材料を購入し、竹輪麩と野菜を炒めてトマトソースで味付けしてみました。微妙な仕上がりに納得できず、竹輪麩を使った料理にチャレンジします。その他にも、世間一般で地味な食材と称される機会が多い食べ物の魅力について、松本英子独自の視点で描いています。

『局地的王道食 〜たしな味』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

作者

作者は、本作品の主人公だ。離婚して6年目を迎え、1人で生活している。竹輪麩や甘食など、地味な食材の名誉を回復させるために奮闘している。一時は主婦業をこなしていたため、自宅に保存している食材で手早く調理できる。自身のアイディアを生かして斬新なメニューを考案しており、創作料理が得意だ。尚、好む味は庶民的だ。因みに、おでんを食べる時にはビールが欠かせない。晩酌が習慣となっている。

モグ

モグは、作者の相棒として登場する空想上のキャラクターだ。卵状の身体に短い手足が生えている。いつも着用している前掛けには、「モ」と記されている。ゆるキャラを彷彿させる見た目をしているものの、辛口のコメントが多い。深層心理を分析・解説し、作者が狼狽する様子を見て楽しんでいる。作者と嗜好が類似しており、一緒にグルメを堪能している。しかし、初めて甘食を食べた時は、激しく咳き込んだ。パサパサ感が強い甘食について、鬼の形相をしながら『口ん中の水分根こそぎ持って行かれる』と語った。因みに、移動する時は浮遊している。

Uさん

Uさんは、某デザイン会社に勤務しているマネージャーだ。九州出身の女性であり、関東地方で働き始めるまで竹輪麩を食べた経験がなかった。

『局地的王道食 〜たしな味』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

竹輪麩

竹輪麩は、いつも作者の心の片隅にいる食材の1つだ。おでんの時に竹輪麩が具材の旨味を吸収・濃縮している様子について、作者は『仲良き事は美しき哉』と語っている。作者が幼少期に通っていた駄菓子屋では、おでんの具材の中で竹輪麩が1番人気だった。因みに、第1話の終盤には、竹輪麩のレシピが紹介されている。

甘食

甘食は、作者が5~6歳の時に初めて食べて感動した食材だ。作者は、『時折むしょうに食べたくなる「ほの甘」オヤツ』と称し、定期的に購入している。作者が幼い頃には街の至る所で販売していたものの、時代の変遷に伴って取り扱い店舗が激減している。作者が下町風情が漂うエリアで甘食を探した際には、夕方になっても探し出せず、呆然とした。結局、上野松坂屋の地下に在るパン屋で甘食を2つ購入した。

東京・赤羽

東京・赤羽は、作者行きつけの屋台が営業しているエリアだ。作者とモグは、屋台ならではの雰囲気と関東風のおでんを楽しめる点を気に入っている。

『局地的王道食』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

グルメ系の漫画はよく読みますが、この”局地的王道食”は身近な食材をマニアックな目線で描かれてるところが気に入りました。2巻も購入したいです。
 食いしん坊 さん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)
すっごくマニアックな食べ物が取り上げられていて、あー、確かにそれも好き!って言いたくなりました。日の当たらない食べ物にスポットライトを当ててくれている、このような漫画はほかにあまりないと思います。
 エリちゃん さん(20代/女性/個人事業主/独身)
ちくわの磯部揚げ、ついつい見つめてしまうなあ。そうだよなあって相槌うってるもんなあ。かんぴょうなんてイイよなあ。
 オーロラ さん(60代/男性/個人事業主/既婚)
食モノエッセイ、大好きなので読みました。本当にタイトル通りに局地的な食べ物がたくさんで、特に甘食を久しぶりに食べたくなりました。絵がとても個性的で読んでいて楽しいです。お腹がすく作品です。おやつ片手に読むのをおすすめします。
 白百合 さん(30代/女性/無職/独身)
なんかよく分かります。どうでも良いけど食べたくなる物に焦点をあてた新感覚の食材漫画ですね。
 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚)

良い

地味で控えめ、決してメインにはならない食べ物にスポットを当てた王道食漫画という感じ。ちくわぶ、甘食など地味な食べ物が好きな私としては楽しく読む事が出来ました。この漫画を読んだ日、ちょうど冷蔵庫にちくわぶが入っていて(偶然で驚いた!)今夜はちくわぶで何か料理をしようと思っていたので参考になりました。(笑)
 栗まんじゅう さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚))
漫画を読んでいるだけでお腹がすいてきて、気付いたら漫画の世界に引き込まれていました。
 アリ さん(40代/男性/無職/独身)
わかるわかる、と言いながら最後まで読んでしまいました。人気者ではないけれどそれを好きって人もいるよね、という食べ物にスポットをあてたお話です。
 メロンパン さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
読んでいてかなり食欲をそそられました。
 シオウ さん(40代/男性/正社員/独身)
有名ではないけど、局地的にあるあるな食べ物を紹介しているエッセイ漫画。甘食は自分でもたまに食べたいなと思う食べ物だし、ちくわぶもおでんだよなと共感しつつ読み進めてしまう。冷凍ミカン懐かしいな、近場にないかなと思いつつしみじみとしてしまいました。
 サートゥ さん(40代/男性/個人事業主/独身)

ふつう

どことなく懐かしいメニューが出てきてほのぼのとしました。
 たけちゃん さん(50代/男性/正社員/既婚)
食が、さらに楽しくなる一冊です。主婦の方は勿論、中学生でも楽しめるお話しです。
 らららさん さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
タイトル通り美味しい世界観が魅力的
 ケイ さん(40代/男性/個人事業主/独身)
食事をテーマにしたエッセイコミックで、様々な料理が紹介されていて面白かったです。「のらぼう菜」など、変わった食材も紹介されていて勉強になりました。固いプリンなど珍しい食べ物も登場して、新鮮な気分で読めました。ここにもうちょっと、漫画的な盛り上がりがあればなぁと感じました。それでも、良い漫画だったと思います。
 てんぽ さん(20代/女性/個人事業主/独身)
グルメ漫画でありながら、さほど美味しそうな表現をあえてしない、それでいて食材の魅力がしっかりと伝わってくる不思議な作品です。
 マンガロマン さん(40代/男性/正社員/既婚)

悪い

具材の描き方が美味しく感じないです。ストーリーは良いのに勿体ないと思いました。
 うなぎいぬ さん(60代/男性/無職/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日~2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。