漫画『地雷震 diablo』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『地雷震 diablo』とは

地雷震 diabloは、講談社から発行しているgood!アフタヌーンで連載開始。作者は高橋ツトム、漫画のジャンルはアクション。日本海にある天座島で突如起こった不審死事件。あの凄惨な事件の裏には日本政府が暗躍していた事実があった。

MEMO
『地雷震 diablo』はeBookJapanで1巻から最新巻である3巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月28日確認)

『地雷震 diablo』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

2007年、日本海にある天座島で島民が焼死体で発見されるという怪事件が発生、後にそれは天座島島民不審死事件として大きなニュースとなりました。天座島の出身で、石川県警刑事部操作第一課特別操作係に所属する木暮太一は、天座島島民不審死事件で発見されなかった姪を探すために捜査を開始し、日本政府が天座島であった出来事を隠そうとしている事実に辿り着きます。木暮太一は、これ以上一人では事件を追えないと考え飯田響也に協力を求めます。その頃、天座島では姿を確認できなかった木暮太一の姪は、少数の生存者と一緒に日本政府を告発する動画をインターネットに公開し、日本政府に存在を消されそうになり居場所が無いためバローマ王国の建国を宣言します。

『地雷震 diablo』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

木暮太一

石川県警刑事部操作第一課特別操作係に所属する眼鏡の男性、天座島の出身者。天座島で暮らしていた妹の娘の安否を心配し、天座島島民不審死事件の真相を追う。捜査の過程で飯田響也の存在を知り、失明している飯田響也に自身の左目を提供することで協力を求める。天座島島民不審死事件から一ヵ月後、妹の遺骨だけは届けられている。

飯田響也

療養中の元刑事。失明し不自由な生活を小池彩に支えてもらいながら過ごしていた。ある事件への協力の見返りに眼球を提供してもらう。

朴テヒョン

天座島に住む長身の男性。加藤という名を名乗り、島では小学校で用務員をしていた。北朝鮮に所属する天座島島民不審死事件の実行犯だが、日本政府が見殺しにした天座島の住民に共感を覚え、数人の生き残りと一緒に天座島を脱出する。国益優先のために自らを含めた島の住民を見殺しにした母国と日本に反感を抱き、2009年1月1日にバローマ王国建国を掲げ本格的に活動を始める。銀座で北朝鮮・日本、両国の要人を殺害している。

市川泰造

天座島に在住する警察官、木暮太一にとっては義理の弟。天座島島民不審死事件後に島を脱出し朴テヒョンと一緒に行動している。

小池彩

飯田響也の生活を助けている女性、飯田響也の眼球移植後も常に一緒に行動している。知り合いの情報屋を失ったことがキッカケで天座島島民不審死事件に深く関わっていく。

『地雷震 diablo』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

天座島事案報告書

天座島の島民不審死事件について記されている報告書。2008年11月7日に当時、石川県警刑事部操作第一課特別操作係に所属していた木暮太一が書いている。その内容は、焼死とみられていた島民の死因について13日17時より、緊急配備により報告者および石川県警察輪島署特別捜査隊、救命隊、計7名が天座島に上陸し島民とおぼしき遺体78体を確認、死因は焼死とみられ遺体の損傷が激しく現場において代行検視が行われたのみだったことが記されている。この報告者は遺体の身元確定作業死体取扱規則に基づく医師による検案がなされたことを確認していない。更に、この報告内容は国にとって都合の悪い事実故、木暮太一はCD-ROMで内容物を持ち運んでいる。

天座島

島民不審死事件が起こった島。よそから来た者を受け入れて成り立ってきた風土があり、隣人を愛せという島の教えがある。第二次世界大戦後多くの人が流れ着き、様々な人達を島は自分達の養子にして面倒をみてきたため島の人間の半分位はどこの国籍の人間かわからない。

バローマ王国

天座島の生き残りの四人が建国した国家、木暮太一の息子が出演したバローマの勇者という劇がモチーフになっている。

『地雷震 diablo』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

発端は孤島で起きた大量不審死事件。展開はハードボイルドタッチ。ワクワクしながら一気読み。
 散歩 さん(60代/男性/個人事業主/既婚)
前作が好きだったので購入しました。刑事でありながら、一歩間違えば犯罪ギリギリの捜査をも行う飯田響也が主人公のハードボイルド作品です。ある孤島で起き、その捜査のために一人の刑事が、事実上引退状態だった響也を現場に戻そうとするところから物語が始まるのですが、幸せな家庭を持つその刑事がなぜ、命がけで捜査しようとするのか。響也でなければ解決できない事件とは何か。強い信念や覚悟を持った魅力的な登場人物と謎めいた事件に引き込まれ、重い内容なのですが、キャラクターの表情や間に様々なことを考えさせられて、とても読み応えがありました。
 ミヤモト さん(40代/女性/無職/独身)
高橋ツトムのファンなので文句なく楽しめました。質の良い映画をサスペンスアクション映画を観た気分です。
 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚)
手に汗握るサスペンスストーリーです。繊細な絵と深まっていく謎につい夢中になってしまいます。
 るる さん(20代/女性/正社員/独身)
飯田刑事に片目をドナーとして提供する事から始まるストーリー。ハードボイルド好きなら絶対ハマります。
 ぴーかん さん(40代/男性/専業主婦(主夫)/既婚)

良い

ハードボイルドな漫画って普段全く読まないのに、評判を聞いてページをめくってみました。結果。面白い!「なんとなく」で読む漫画を選んでいる部分もあったので、ちょっと驚きました。
 テレビっ子 さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
いろんな闇が内蔵されているようなハードボイルド漫画。読み進めていけば、どんどんはまっていきそうだ。
 せりん さん(40代/男性/個人事業主/独身)
地雷震の新シリーズが出たと知り、すぐに購入しました。飯田(1巻の表紙になっている人物)が、以前よりも落ち着いた感じになっており、大人になったんだなぁと思いました。ハードボイルドもの、刑事ものが好きな人には特におすすめです。以前の話を知らなくても楽しめると思います。
 持田 さん(20代/女性/個人事業主/独身)
作者の大ファンです。前作も当然読んでおり、この続編の発表から心待ちにしました。久々の地雷震ワールドに酔いしれましたが、正直 前作のほうが面白かったと思います。完ぺきだった前作と比較するのは酷なのかもしれませんが、そういうこともあり少しファンに媚びすぎた内容だったかなーと。地雷震の魅力は主人公と犯人の お互いの意志のぶつかりあいだと思うのですが そこだけに焦点を当てればよかったと思うのですがちょっと、サブキャラのその後などファンのための演出が多く本題に集中しきれなかったと思います。でも、面白いのは間違いありません。大ファンがゆえに 細かいところなどが気になってしまいました。
 ゲバオ さん(30代/男性/正社員/既婚)

ふつう

出だしが衝撃的でした。絵も好きな感じです。続きが読みたいです。
 サクサク さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
ハッピーエンドで終わって欲しい人にはあまり好まれないと思います。
 ワン公 さん(20代/男性/無職/独身)
「地雷震」シリーズの続編です。登場人物たちそれぞれの状況、心情など上手く描写しているので、面白いです。次に何が起こるのだろう?とページがどんどんめくられていきます。地雷震シリーズから読み返しても面白いと思います。
 そら雲 さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
先が気になって早く読みたくなるような作品でした。
 nao さん(20代/男性/パート・アルバイト/独身)
伝染病による大量死の謎を追うサスペンスです。作者が好きなら買うと面白く読めると思います。説明が極限まで削除されていて、1コマ1コマ細かく見ないと複線がわからないため、見逃してしまいそうです。
 胚芽ごはん さん(40代/女性/正社員/既婚)

悪い

絵と雰囲気が少し苦手で、私には合いませんでした。あと、作者の前作を読んでいなかったので、内容もよく分からないところがありました。
 ei さん(30代/女性/個人事業主/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日~2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。