漫画『くりーくん』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『くりーくん』とは

「くりーくん」は、講談社からは発売されているgood!アフタヌーンという雑誌に連載されていたアニマルギャグ漫画である。作者はハグキという人物であり、そのコミック版は同じく講談社のGood!Afternoon KCというレーベルから刊行されている。

MEMO
『くりーくん』はeBookJapanで1巻から最新巻である2巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月28日確認)

『くりーくん』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

森で生活しているネズミであるクリーク=チーズは、仲間である動物たちからくりー君という愛称で呼ばれており、彼らと小規模な生活圏を築いています。そこでは、就職活動からリストラ、離婚に至るまで人間さながらのドロドロとした暮らしが繰り広げられており、動物たちは人間社会と同様に波乱に満ちた決して楽ではない生涯を送っているのでした。物語は、陸上部の後輩であったケント=グリズリーというクマがクリークの家を探し当てて訪問するところおから幕を開けますが、そこには会社をリストラされて妻にも見捨てられたクリークがやさぐれた生活を送っているのでした。そんなクリークに対し、ニートであるケンちゃんは芸人を目指すことを提案し、そこから彼らのドタバタ劇が始まることになるのです。

『くりーくん』の登場人物

登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

クリーク=チーズ

クリーク=チーズは、主人公の白ネズミである。森の中まである動物たちからはくりーくんという愛称で呼ばれている。一見するとかわいらしいネズミの姿をしているが、その年齢は意外と高く、娘からは加齢臭を指摘されるほどである。かつては建築デザイナーを目指しており、そのために家具ショップに就職して働いていたが、リストラにあって妻子に逃げられるという悲哀を味わうことになる。そのため、養育費と慰謝料の支払いに追われて首の回らなくなり、絶望の日々を送っているが、陸上部の後輩であったケント=グリズリーから芸人を目指すことを提案されたことでその生活は一変することとなる。冷静かつ落ち着いた性格の持ち主で、ケントが繰り出すギャグに対して冷めた目で鋭い突っ込みを入れることがたびたびある。

ケント=グリズリー

ケント=グリズリーは、クリーク=チーズの陸上部の後輩であったクマであり、ケンちゃんという愛称で呼ばれている。前歯が抜けているため、何となく間の抜けた容姿をしており、親元でニートとしての生活を送りつつも、ひそかに芸人を目指している。クリークに対して、一緒に芸人を目指そうと呼び掛けるが、彼自身は天然の性格の持ち主で、そのギャグや言動はどこか常人離れしたところがある。

『くりーくん』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

おとうチュー

おとうチューとは、クリーク=チーズの子どもであるスプーンがクリークのことを呼ぶ際に用いる言葉である。いつも冷静なクリークであるが、この言葉で子どもから呼びかけられると頭が上がらなくなってしまう。

山の幸ギルド

山の幸ギルドは、森の小動物たちによって設立されている農業組合で、主に山菜を取り扱っている。この組合では買取りリストを作成しており、そこに掲載されている山菜を採集してきた動物に対して換金するという業務を行っている。クリークとケントは、生計を立てるために、この組合に参加して山菜取りに励むことになるのであった。

スベリヒユ

スベリヒユとは、雑草扱いされているが口にすると意外に美味な植物である。山菜取りに出かけたクリークは、この植物を見つけて同行していたケントに対して芸名としてその名を使ってみてはどうかと提案するが、ケントは悪口を言われていると感じて痛く落ち込むことになるのであった

ミニマル

ミニマルとは、森の動物たちの間で流通している通貨の単位である。10ミニマルは1アニマルに相当する。

『くりーくん』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

白ネズミのくりーくんの悲しくも心温まるお話です。森の仲間はいいですね。
 砂像X さん(60代/男性/個人事業主/既婚)
ネズミなのに、現代社会で実際に起こっていることがかいてあり、面白いです。また、絵も可愛いので、ぜひ、読んでみてください。
 まーちゃん さん(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)
絵は可愛らしいが、ストーリーはサラリーマンでもグっとくるような内容。とても良い作品。
 鬼軍曹 さん(40代/男性/正社員/独身)
だいぶ好きです!!!もういちいち笑えます。元気が出る笑。
 まあぼうどうふ さん(40代/女性/個人事業主/独身)
リストラや離婚など暗ーい状況で、白ねずみの主人公が明るく楽しく生きていることに感動します。
 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚)
かわいい絵柄とシュールなギャグとのギャップにやられました。めちゃくちゃ笑えました。ケンちゃんが好きです。
 ポプテピピッコ さん(20代/女性/無職/独身)

良い

かわいい動物、ほのぼの漫画かな?と思ったら…。リストラ、離婚、無一文という楽ではない主人公。森の仲間と頑張って日々生きていく、癒しとはかけ離れたお話でした。絵とのギャップに驚きましたが、独特のセンスあるギャグと軽快なリズムでテンポ良く進んでいくので楽しく読めてしまいます。一風変わった作品で、おすすめですよ!
 きゃん笠 さん(30代/女性/無職/独身)
目を疑う絵本みたいな絵柄のインパクトが気になって購入。リストラにあった白鼠のくりーくんが、ニート熊のケンちゃんと絡みつつ社会復帰をするのが序盤の流れになっているギャグ漫画。動物の世界の話だがほとんど人間社会そのものな感じで金や仕事や世情などの話が出てくるので、絵柄に騙されると思いの外リアルな事情系ストーリーで衝撃を受ける。ただ厳しくもシビアな世界でくりーくんは地道に頑張りなんとか持ち直すし、娘の成長もちょっとグッと来る展開があるなど、基本的にこの漫画を読んで食らう辛さや悲しさよりも、嬉しさや希望などがあとに来て強い印象を残すため読後感は良い。なおその読後感の良い部分は「一冊丸々読んだ時」なので試し読みではたぶん分からない。でもギャグ部分もバカバカしくて笑えるのでそっち目的での購入もオススメ。
 ユーモ庵 さん(30代/男性/パート・アルバイト/独身)
ねずみのくりーくんとくまのケンちゃんを中心にしたコミカルなやりとりが面白いです。くりーくん、シュールすぎます。いつもくまのケンちゃんが振り回されていて気の毒なような気がしますが、読んでいて飽きないですね。くりーくん、次はどんなことやるのかな?とワクワクしながらどんどん読んでしまいました。面白かったので、2巻まで即買いしてしまいました。
 スーちゃん さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
いい意味で、絵のタッチからは想像できない内容です笑心に刺さりました。
 しんちゃん さん(20代/男性/派遣社員/独身)
くりー君とケンちゃんのボケと突っ込みがさく裂します。おもしろい。
 さくら さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

ふつう

かわいい絵にシビアな話ですが、あきらめない姿勢から元気をもらえます。
 コネ さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
絵本のみたいな伸び伸びとした印象を受けました。表情が豊かでキャラクターの感情がよく分かります。
 ヨーキ さん(30代/男性/正社員/独身)
絵本のような絵柄で可愛いなと思い買ってみたら、中身はかなりシュールでした。主人公のネズミはリストラされ、妻からも離縁され、愛娘とも一緒に暮らせなくなってしまうという、人間生活とさほど変わらない悲劇を背負っていました。しかし主人公はそんな悲劇の中でも頑張ろうとします。暗くなりすぎず、笑える要素もたくさんあって面白かったです。
 たむ さん(20代/女性/個人事業主/独身)
白ネズミのくりーくんは、リスト後に離縁され、愛娘と離れて暮らしています。慰謝料、養育費も支払わないといけませんから大変です。くまのケンちゃんに芸人の相方に誘われたりして、今後の暮らし向きについての試行錯誤が続きます。とても他人事ではありません。
 かな字 さん(60代/男性/無職/既婚)

悪い

動物ならではのほっこりした感じが無いのでどろどろしたテーマと絵が合っていない。
 tid さん(30代/男性/公務員/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日~2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。