漫画『夏の前日』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『夏の前日』とは

夏の前は、講談社から発行しているgood!アフタヌーンで連載開始。作者は吉田基已、漫画のジャンルはヒューマンドラマ。日吉ヶ丘芸術大学に通う青木哲生は真夏の炎天下の中、汗を流しながら油絵を描き続けていると藍沢晶という女性に出会った。

MEMO
『夏の前日』はeBookJapanで1巻から最新巻である5巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月28日確認)

『夏の前日』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

ひので画材でアルバイトをしている青木哲生は、日吉ヶ丘芸術大学に通い油絵を学んでいました。夏休みを返上して川原で油絵を描き続ける青木哲生の作品は、やがて月下画廊の藍沢晶の目に留まります。藍沢晶と接点を持った青木哲生は互いに惹かれあった後、相思相愛になります。青木哲生は好きな女性と一緒に居られることに幸せを感じながらも、作品制作に身が入らない現状に不満を持ち、絵の制作に集中するため藍沢晶と距離をとることを決意します。絵の制作を頑張る青木哲生の力になりたい藍沢晶は、何かしてあげられることはないかと模索し、青木哲生本人と青木哲生が描く世界を見続ける決意をします。そんな中、酒に酔った状態で青木哲生が藍沢晶の部屋に突然訪れます。

『夏の前日』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

青木哲生

日吉ヶ丘芸術大学洋画科の4年生、油絵を専攻しいつも絵のことを考えている。アルバイト先の、ひので画材で月下画廊の藍沢晶と知り合い少しずつ意識し始める。美術館でデートなど接点を重ねていき、互いに惹かれ合い相思相愛になり合鍵を渡され藍沢晶の部屋に通うようになる。絵に関しては大学の教授達にも評価されているが当人は満足していない。タバコを吸いながら絵を描くことが多い。不器用で人と接するのが苦手だが音楽活動も行い、バンドではベースを弾いている。端正な顔立ちをしているが、不器用で人と接するのが苦手。

藍沢晶

月下画廊に勤めている和服の女性。青木哲生がアルバイトを先の、ひので画材に出入りしている。以前、展覧会で青木哲生の絵を拝見した時から気になり、助けになりたいと考えている。美の友という月刊誌に藍沢晶の美しい日々というエッセイコーナーを連載している。

井上里子

青木哲生と同じ日吉ヶ丘芸術大学洋画科の4年生、夏休みも返上して実習室に油絵を描きにやってくる。自画像のヌードを描く時には洋画科の先生と揉めたが、自分の意思を押し通した。

鳩子

cafegalerieこばとを経営する店主、藍沢晶の友人。青木哲生のような二枚目を狙って、藍沢晶に日吉ヶ丘芸術大学の学生と合コンをしようと提案する。

『夏の前日』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

日吉ヶ丘芸術大学

青木哲生や井上里子が通う大学、二人とも洋画家4年生。卒業制作に忙しいが、各々書きたい作品に時間を割いている。

パレットナイフ

パレットの上で塗料を混ぜたり削り取ったりするため必要な細長いヘラ。青木哲生や洋画家の学生が頻繁に忘れるため、井上里子が予備を準備してくれている。

ひので画材

青木哲生がアルバイトをしている画材店、藍沢晶が月下画廊のチラシを置いてもらうために出入りしている。年末近くのバーゲンセールでは購入希望者で店内がいっぱいになる盛況ぶりをみせる。

美の友

図書館でも取り扱っている美術関係の月刊誌。藍沢晶の美しい日々という連載エッセイが掲載され、連載回数は30回を超えている。

cafegalerieこばと

小さな鶏のマークが特徴の小さな喫茶店、鳩子が店主を務めている。友人の藍沢晶が訪れると女子トークに華が咲く。お茶を提供する時は小さなサイズのティーポットごと差し出している。

ムルムル海藻クリーム

藍沢晶が愛用している保湿クリーム。藍沢晶の肌ツヤが良いのはそのクリームの効果なのかと鳩子が詰め寄ったが真相は違った。

『夏の前日』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

恋に不器用すぎる哲生に、読んでいてもどかしさを感じながらも、現実にこういう男の子がいたらかわいいだろうなあと妄想しながら読んでしまいました。昌との関係も付かず離れず、どうするの、どうなるの?とヤキモキさせながら進んでいきます。他の口コミでもかなり評判高かったので、読んでみましたが本当に面白かったです。久々にハマった漫画です。
 凛音 さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
若い美大生と美人画廊店長の濃くて熱い、溢れ出す愛。こういうラブラブを待っておりました。絵も美しく、気持ち良いです。真剣な愛って、読者の視点で見ると本当に面白い。おススメです。
 Kazuhiro さん(30代/男性/個人事業主/既婚)
好きな漫画家さんなので、即買いしましたが、正解でした。登場人物の心の動きを丁寧に描く作者なので、自分もその世界にいる気分になりました。哲生の若さ特有の将来への焦りと不安、「描きたい」とい衝動、それを一番近くで独占し、哲生の全てを許す晶さん。年上女性だからこその余裕と、それとは裏腹に少女のようなはにかみや不安を抱くそのギャップはかわいい以外なにものでもありません。また二人を取り巻く少ないながらの登場人物も、しっかりと描かれており、それぞれの物語も読みたくなりました。とりあえず、この物語の続きでもある作者のデビュー作「水の色 銀の月」を読むのもオススメです。
 おきかす さん(40代/女性/正社員/既婚)
年上の女性と繊細な男子学生との恋という設定はやっぱり良いですね。
 マルコ さん(50代/男性/正社員/既婚))
屈折した恋愛観を持つ主人公と晶という年上の魅力的なヒロインとのラブストーリーにときめきます。梅雨明けの爽やかな雰囲気とストーリーがマッチしており、絵柄も繊細です。
 ニケ さん(20代/女性/正社員/独身)

良い

ストーリーも絵もとても素敵です。こんな恋愛ものが読みたかった!
 デニム さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
大人が憧れる映画を観ているような恋愛、ちょっとエロチックで悩ましい感情のもつれもあるなかなかいい作品です。
 マンガロマン さん(40代/男性/正社員/既婚)
とても繊細な世界観でした。読んでいると胸が切なくなってきます。夢中になりすぎて、最終巻まで一気読みしてしまいました。哲生と晶の関係性は本当に素晴らしいと思います。涙なしには読めない作品です。
 正義くん さん(20代/女性/個人事業主/独身)
不器用な性格の芸大生のキャンパスライフと年上のヒロインとのつながりが描かれた内容に懐かしさを感じました。同じ作者の作品のデビュー作の前日譚であることも感慨深いものがあります。
 ロカ さん(30代/男性/正社員/独身)
男女を問わず魅了されるであろう、極上の笑顔の場面に”恋風”のようなものを感じました。第4話の冒頭2ページのカラーつき。おまけ4ページつき。絵やセリフの上手さも折り紙つき。この方の作品を読んだ事のない人は表紙で判断せず、是非手に取ってほしい作品です。
 マユミちゃん さん(30代/女性/公務員/独身)

ふつう

ストレートな青春ものですね。翳りみたいなものが読者を引き付けるのでしょうか。画面構成が丁寧かつよく練られていて快適に読み進めることができます。
 べれおた さん(50代/男性/正社員/既婚)
大人だから不器用で、けれどもどこか切ない。そんな恋愛物語を楽しみたい人におすすめの作品です。
 しーらかんすう さん(30代/女性/正社員/既婚))
美術大学に通う硬派な男子学生と、着物が似合う年上女性の恋物語です。作画に作者の作品にかける勢いを感じます。内容に関しては昭和の恋愛映画のようで、現代に照らし合わせると新鮮に感じます。
 森田 さん(40代/男性/個人事業主/独身)
続編というか、別の作品のスピンオフとして描かれているらしいです。読んでから知りましたが、前情報が入っていないほうが、かえって読みやすいかもしれません。個人的には読みやすく感じました。主人公がイライラしましたが、年上和服女性と男子学生という組み合わせが好きな人や、同じ作者の作品を好きなら読むと楽しいと思いました。
 水色の鯖 さん(40代/女性/正社員/既婚)

悪い

キャラクターの描き方がひ弱に見えて魅力を感じさせなかった。
 とっしー さん(50代/男性/無職/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2019年01月16日~2019年02月16日

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。