漫画『ケンガイ』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。
ネタバレにご注意ください
ネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

『ケンガイ』とは

『ケンガイ』は大瑛ユキオによる漫画作品である。
「月刊!スピリッツ」(小学館)にて2012年3月号から2014年8月号まで連載され、単行本では3巻完結。
主人公である伊賀が不思議な雰囲気を持つ白川五十鈴に恋をする、レンタルビデオ店を舞台にした恋愛の物語である。

MEMO
『 ケンガイ』はeBookJapanで1巻から最新巻である3巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年11月28日確認)

『ケンガイ 』1巻のあらすじ・見どころ

就職活動をドロップアウトし、レンタルビデオ屋さんでアルバイトすることにした伊賀(いが)23歳は、同じくレンタルビデオ屋さんに務める1歳年上の白川五十鈴(しらかわいすず)に一目惚れをします。ですが、五十鈴に対する周りの評価は最低。同僚からは同じ世界に住んでいるとは思えない。

女を捨てた女などと陰口を叩かれ、五十鈴の唯一の友達である八重子と併せて圏外と称しバカにされています。そんな実態を知った伊賀は、なんとか五十鈴に振り向いてもらおうと食事に誘ったり映画に誘ったりするのですが、『罰ゲームですかこれ?』と言われる始末。それでも諦めずに五十鈴にアプローチするのですが・・・

就職活動をドロップアウトし、レンタルビデオ屋さんでアルバイトすることにした伊賀(いが)23歳は、同じくレンタルビデオ屋さんに務める1歳年上の白川五十鈴(しらかわいすず)に一目惚れをします。ですが、五十鈴に対する周りの評価は最低。同僚からは同じ世界に住んでいるとは思えない。女を捨てた女などと陰口を叩かれ、五十鈴の唯一の友達である八重子と併せて圏外と称しバカにされています。

そんな実態を知った伊賀は、なんとか五十鈴に振り向いてもらおうと食事に誘ったり映画に誘ったりするのですが、『罰ゲームですかこれ?』と言われる始末。それでも諦めずに五十鈴にアプローチするのですが・・・

『ケンガイ』2巻のあらすじ・見どころ

主人公である伊賀は白川五十鈴が映画評論家の時田数行の大ファンであることを知り、レジ番で2人きりのタイミングに予習した時田数行の話を五十鈴に話し始めます。
すると五十鈴も嬉しそうに話し、ついには自身の本を伊賀に貸すとまで言い出します。

その日のバイト終わりに伊賀は本を貸してもらう名目で帰ろうとしていた五十鈴を呼び止めますが、話は瞬く間に逸れて伊賀は咄嗟に五十鈴に付き合ってくださいと告白をしてしまいます。
伊賀の告白に対する五十鈴の返答は「そしたら伊賀くんのこと超いじめるよ?それでも付き合う?」でした。
伊賀はそれに対しては何も返答できませんでした。

後日、伊賀は五十鈴を呼び出し、「いじめられても良いので付き合ってください」と再び告白。
しかし付き合う理由がないからという理由で五十鈴断られてしまいます。

しばらく2人はバイト中一緒になってもギクシャクする日々が続きました。
ある日バイト中に五十鈴がお客さんを蹴りトラブルになり伊賀は五十鈴を庇おうとしますが、それが裏目に出て五十鈴は怒り、伊賀に対して「余計なことしないで」と声を荒げました。
それに対し、「俺は白川さんの味方です、まあそんなの白川さんにとってはどーでもいいかもしれませんけど」と言い残し伊賀は立ち去ります。
立ち去る伊賀の背中を見つめている五十鈴の表情からは彼女の心の変化が感じ取れます。

『ケンガイ』の登場人物

伊賀(いが)

本作の主人公。就職活動をドロップアウトして、レンタルビデオ屋さんでバイトを初めて2カ月が経つ23歳。同じレンタルビデオ屋さんで働く1個上の白川さんに一目惚れをする。白川さんが周りから圏外と呼ばれ、蔑まされている事に対し怒りを覚え、なんとか白川さんに振り向いてもらおうとあの手この手でアプローチする。

白川五十鈴(しらかわいすず)

本作のヒロイン。伊賀くんと同じレンタルビデオ屋で働く24歳。決して悪くないルックスだが、職場の先輩たちからは「変な映画にしか興味のない女を捨てた女」と評判は最悪。職場でも八重子(やえこ)以外には無愛想であまり話さず、八重子と話しているときとのテンションの差は天と地ほどある。

小島八重子(おじまやえこ)

五十鈴の唯一の友達で心を許して話すことができる相手。ショートカットと縁の太い眼鏡が特徴的な女性。映画の好みも八重子と合うので、いつも映画の話で盛り上がっている。気に入った映画が有ると、八重子の家で鑑賞会を開くほどの仲の良さである。

前田

バイト終わりの飲み会を開くのだが、店を決めていなかったことを同僚からいじられる。伊賀は五十鈴の方を見ていたので、この会話は耳に入っていない。

佐藤

伊賀の務めるレンタルビデオ屋さんの先輩。五十鈴と八重子のことを圏外と称し、裏でバカにしている。メガネ男子。

鈴木

同じく伊賀の先輩。佐藤とつるんで五十鈴と八重子のことをバカにしている。

時田数行

1958年神奈川県生まれの著名な映画評論家。
五十鈴と八重子が観覧したトークショーのゲスト。
五十鈴にとっては高校時代からの憧れの存在である。
八重子からバイセクシャル疑惑をかけられている。

大塚

髪色が明るい女子大生で伊賀曰く、白川さんとは真逆の人。
五十鈴のことを良く思ってなく、他のバイトメンバーに五十鈴の愚痴をこぼしていた。
伊賀念願の五十鈴と2人きりでのレジを実現した立役者。
五十鈴と2人きりでレジになることに苦手意識が強い。

よっちゃん

五十鈴が小学生の時の知り合い。
当時、五十鈴が家にいたくない時は良くよっちゃんの家に行って、犬の散歩をしたそうだ。
2年に1度ぐらいの頻度で五十鈴と会っている。
五十鈴がテトラポットで楽しそうにはしゃいでいても、岸壁の上から離れようとはしない落ち着いた女性。

店長のたなか

普段は気さくで温和なおじさん。
しかし何かトラブルが発生すると感情的にならず客観的に物事を言える信頼できる店長。
バイトとは馴れ馴れし過ぎず、よそよそし過ぎずの絶妙な距離感を保っている。

酔っ払いのお客さん

自身が探しているアダルトビデオを五十鈴に探させたおじさん。
最終的に五十鈴の後ろから抱きつき、胸を揉むなどして五十鈴に蹴りを入れられた。
FBIと大きく書かれた黒色のキャップを持っている。

『ケンガイ』の世界

圏外

アルバイト先の先輩である鈴木と佐藤が五十鈴と八重子を総称して放った言葉。女性として見られない。人として理解ができないという意図から自分たちの世界圏内にいないという意味で用いた。本作のタイトルにもなっている。

ラス・メイヤー

五十鈴が1番好きな映画監督で、ラス・メイヤーの作品を八重子と家で見ようとする。ラス・メイヤー自体は、実在するアメリカの映画監督。1922年、カリフォルニア州オークランド生まれ。1950年代から1970年代にかけて活躍し、エロティックかつバイオレンスな作風からセックス&バイオレンスの記載という異名を持つ。代表作は1968年制作の「女豹ビクセン」

ピンクフラミンゴ

五十鈴と八重子が職場の休憩時間に見ている映画のタイトル。こちらも実在する映画で1972年アメリカで制作されたカルト作品。監督はジョン・ウォーターズ。

ジム・ジャームッシュ

アメリカ合衆国出身の映画監督・脚本家。
この監督の作品を片っ端から借りている常連さんがいる。

紳士プレイ

伊賀の『(家まで)送ります。』という発言に対しての五十鈴のツッコミの中に含まれていた言葉。
本心は別のところにあるのに、体裁の良い紳士な対応でそれを隠すこと。

良くわからない珍しい人

伊賀の『白川さんにとって俺はどーいう奴なんですか?』という質問に対する五十鈴の返答

ゴダール

ある晩、酔いに任せて伊賀がでどうせでないと思い五十鈴に電話した際に話に出てきた映画監督。
ジャン=リュック・ゴダールの略。
1930年12月3日にパリで生まれる。フランス・スイスの映画監督、編集技師、映画プロデューサー、映画批評家、撮影監督、俳優である。ソルボンヌ大学中退。ヌーヴェルヴァーグの旗手。

時田さんのラジオ

五十鈴が楽しみにしている毎週木曜日に放送されている時田数行のラジオ番組のレギュラーコーナー。
ポッドキャストで後から聞けるが、五十鈴は『基本は生で拝聴』という姿勢。
外で寒い中、伊賀はバイト上がりの五十鈴と話をするために彼女を待っていたが、このラジオを生で聴くために彼女は走り去ってしまった。

『ケンガイ』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
ネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

恋愛だけれど人間の大切な部分を描いてくれていて、満たされない自分がいる人には惹かれる内容だと思いました。
 イヌーピー。 さん(30代/女性/正社員/独身)
とてもお話の展開がサクサク進みそうにであり、ストーリーきちんとあって面白かったです。
 ピクルス大好き人間です。 さん(50代/男性/個人事業主/既婚)

良い

映画(趣味)にお金やエネルギーを使って、他の事には一切興味がなく、周りのバイトからは女性として「圏外」だと言われている白川さんと、そんな、わけのわからない彼女を好きになった伊賀くんの話です。せつないです。白川さんのいさぎよい生き方に、寂しさを感じました。少しずつ変わる白川さん。伊賀君は、よく頑張ったと思います。
 ハリー さん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
昭和っぽい絵に惹かれて購入しました。「ケンガイ」の意味が解って、成程こういう使い方もあるのかと納得してしまいました。特に激しい動きが有るわけでは無いのですが全体に不思議感が漂います。
 秋茄子 さん(60代/女性/個人事業主/既婚)

ふつう

恋愛ものでありながら軽い印象がなくて読んでいて世界観に引き込まれる
 名無し さん(20代/女性/正社員/独身)
二十歳前後のフリーターたちが、レンタルショップで働いている。グループにはカラーがあり、自分がどこに所属しているのか気になるもの。揺れ動く感情や相手への興味など、この世代の世界観が興味深く描かれた作品となっている。
 アニメマン さん(40代/男性/パート・アルバイト/独身)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年09月28日~2018年10月12日
■有効回答数:100サンプル

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
違法アップロードや、それをダウンロードすることは「法律違反」です。懲役や罰金など、刑事罰の対象となるおそれがありますので絶対にやめましょう。