漫画『動物のお医者さん』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!

↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。
ネタバレにご注意ください
ネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

『動物のお医者さん』とは

佐々木倫子による動物コメディーマンガで、白泉社の少女マンガ雑誌「花とゆめ」に1987~1993年に連載されていた作品。単行本は「花とゆめCOMICS」から全12巻、文庫版は白泉社文庫から全8巻が出版された他、「花とゆめ コミックスペシャル」から愛蔵版が全6巻で出ている。2003年にはテレビ朝日にてドラマ化もされ、吉沢悠が主人公のハムテル役, 和久井映見が菱沼聖子役を演じた。ドラマDVDボックスもポニーキャニオンから販売されている。

『動物のお医者さん』のあらすじ

主人公のハムテルは偶然に出会ったH大獣医学部の漆原教授にシベリアンハスキーの子犬を押し付けられ、獣医学部を受験することになります。親友の二階堂もハムテルのまねをして獣医学部に進学しました。風変りな家族や教授たち、学友たちとさまざまな事件を経験しながら、ハムテルたちは獣医になるための勉強や実習を重ねていきます。チョビと名付けられた子犬の他、仲間たちが飼っているペットや獣医学部で飼育されている実習用の動物たちも頻繁に登場するのです。

『動物のお医者さん』の魅力

動物や自然が好きな人にとって、北海道の大自然を背景に繰り広げられる獣医学生たちの物語は非常に楽しめるものとなっています。動物たちの姿はかなり写実的に描かれていますが、それでいてマンガに特有のかわいらしさも兼ね備えているのです。また、犬や猫といった一般的なペットだけでなく、スナネズミやニワトリなどユニークなペット、実習用の豚・羊・牛馬、野生動物まで登場するところも個性的といえます。北海道ならではのエピソードが多いことも、道外に住む読者の好奇心を刺激するでしょう。また、理系ならではの研究や論文作成の苦労も登場するため、理系学生に縁がある人にとっても興味を感じさせる内容です。

『動物のお医者さん』の印象的なエピソード

1巻・1話:獣医になるということ

札幌市に住む受験生の西根公輝(ハムテル)と二階堂昭夫は、ある夜に近道をしようとしてH大学構内を通り抜けていました。獣医学部付近は実験に使われた動物たちのお墓もあり、不気味な雰囲気が漂っています。そこへ、般若のような顔をした子犬が現れ、血まみれの白衣を着た学生たちが追いかけてきました。続いて、アフリカの部族のような頭飾りと化粧をした大学教授も現れます。ハムテルが子犬を連れ去ろうとする教授を呼び止めて『その子犬、実験に使うのでは』(※1)と聞くと、教授はこう答えます。『だったらどうなの』(※1)。

『かわいそうだって言うのかね。じゃあキミは模型の勉強だけで獣医になったとき病気がなおせると思っているのかね。それともキミがかわりに実験台になるっていうのかね。キミのうちはアパートかね』(※1)。そして、『キミは将来~~』『獣医になる!!』(※1)と予言するのです。子犬は、獣医になったときの出世払い・10万円でハムテルに押し付けられてしまいました。教授は子犬とのなれそめをハムテルたちに語ります。子犬は友人の家の床下で生まれたが母犬が衰弱したために保護されたのです。その後、友人の頼みで、教授が乳飲み子の状態から肌身離さず世話をして、ここまで育ててきたのでした。『粗末にしたらバチがあたるんだからね』(※1)と言い残して、教授は去っていきます。

このエピソードからハムテルとハスキー犬チョビ、そして獣医学部の仲間たちとの物語が始まりました。主な登場キャラクターが登場し、続きはどうなるのかワクワクさせられる導入部として印象に残っています。また、ふざけたかっこうこそしていますが、漆原教授が獣医として深い人間性を持っていることを感じさせる内容でもあると感じました。命の大切さに加えて、獣医は実験動物の犠牲のもとに獣医になるのだということを、短いエピソードにしっかりと入れ込んでいるところが素晴らしいと思いました。

「動物のお医者さん」が大ヒットして以降、獣医学部を希望する学生が増えたといわれています。また、ハスキー犬ブームも起こり、安易に飼い始めたのは良いものの、持て余して捨てる飼い主も出たことが社会問題となりました。それを踏まえて第1話を読むと、佐々木倫子は娯楽作品として許される範囲で精一杯、大切なメッセージを発信していたのではないかと感じられるのです。

6巻・53話:漆原教授の「しるこ爆弾」事件

漆原教授のせいで起きた数あるトラブルの中でも伝説級の1つです。漆原教授は缶入りのしるこドリンクが大好きで、いつも、ストーブの上に乗せて温めてから飲むのが習慣でした。ある日、H大学付属家畜病院にあまり患畜がなくて学生たちが不景気なムードになってしまったため、漆原教授は景気づけにランチをおごってやろうと言い出します。大喜びして、いそいそと仕事を片付け始めた学生たち。しかし、午前中の診療時間が終わる10分前に急患がありました。マヨネーズのフタをのどに詰まらせて窒息しそうになっている犬が運び込まれてきたため、一同は急にてんやわんやの騒ぎとなったのです。気合が必要な治療において本領を発揮する漆原教授。

無事に患畜の処置が終了し、さあ、ランチに出かけようとしたそのとき、だれも予想しなかった悲劇が起きます。忙しくてしるこドリンクをストーブの上に放置していた漆原教授いわく、『缶は少しふくらんで見えた』『そしてリップに爪をかけた瞬間―』(※2)。過熱状態となった中身が一気に噴き出し、部屋中に飛び散ったのです。『とびちったあとのしるこは1/3に減っていたという』『漆原教授だけの責任ではない。しかしー』『かつてこれほど漆原教授の人気が落ちたことがあっただろうかー(けっこうあった)』『部屋の中のあらゆるものが、しるこに汚染され(専門用語でコンタミという)』(※2)。ランチをごちそうになる話がお流れとなっただけでなく、学生たちはしくしくと泣きながら、その掃除に長い時間を費やしたのでした。

このエピソードは「動物のお医者さん」ファンの中でも人気が高く、レビューにもよく登場します。「コンタミ(汚染・正確にはコンタミネーション contamination)」という専門用語が一般に広く知られるきっかけにもなりました。

10巻・第95話:漆原教授のアフリカ滞在記

ハムテルと二階堂に菱沼聖子が漆原教授の部屋を訪れると、置いてあった荷物がガラガラと崩れ落ちます。それは漆原教授の宝物であるアフリカンアートでした。中には古そうなものも混じっています。『なにかこういう古いものって毒がついてるような気がしてしまうんですけど~』(※3)という聖子に、漆原教授は平然と答えます。『ああ、ついてるかもしらんわ』『これは薬を入れておく容器なんだ。しかし、呪術用の毒薬もはいっていたかもしらん』(※3)。そして、20年前に2年間、アフリカに滞在したときの思い出を語るのでした。

アフリカの野生動物に感動すると同時に漆原教授の心を捉えたのは、プリミティブで力強い魅力を持つアフリカの伝統的な工芸品だったのです。コレクションしたいと思いましたが、『しかしたいていの美術品は儀礼用だ。簡単に売ってもらえるものでもない』(※3)。そんなある日、感電して失神していた人間をたまたま診たところ、患者は目を覚ましました。そこから、漆原教授がウィッチ・ドクター(魔術で治す医者・呪医)という評判が立ち、たくさんの人が診察を受けに集まるようになったのです。漆原教授は自分用に持参した薬を分けてあげて、お礼に美術品をもらうことにしました。

やがて、漆原教授は、ウィッチ・ドクターが病気を治す医者としての仕事をすると同時に、失せ物探しも請け負う職業であることを知ります。適当に答えたところ本当に失せ物が出たため、自分にもアフリカの魔力が身についたと調子に乗りました。しかし、憎い相手を呪い殺してほしいという依頼を受け、ウィッチ・ドクターはそこまでできると信じられていることを知ります。つまり、失せ物が出てきたのは漆原教授の魔力ではなく、盗んだ人間が呪われると恐れて返しに来ただけだったのです。自分の力ではなく、先人のウィッチ・ドクターの実績のおかげで失せ物が出たことを悟り、腹を立てました。そこで、本物のウィッチ・ドクターと勝負をすると言いだします。

2人の勝負は、漆原教授が勝てばウィッチ・ドクターしか持っていない薬壺をもらう、負ければ命を取られるという条件で行われました。勝負の内容は原因不明の病気にかかっているヤギを治療すること。ウィッチ・ドクターが治療してみても治らなかったため、漆原教授が治すことができれば勝ちにしてやるというのでした。ヤギのフンを採取して顕微鏡で見たところ、寄生虫が原因であることが判明。『チョロいぜ、私の勝ちだな』『こんなの、かたっぱしから薬を飲ましてー』(※3)と高笑いしたものの、そこでハッとします。

広大なサバンナに放牧されているヤギを『1頭ずつつかまえて薬を飲ませるわけである。この炎天下でー』(※3)。ウィッチ・ドクターはニッと笑い、漆原教授は1人で、1週間もかけて作業しなければならなかったのでした。そのかいあって、薬壺を手に入れることができたのです。それ以降も漆原教授はウィッチ・ドクターに何度も勝負を挑み、美術品を手に入れました。『主に医療の分野ででしょう?』『ずるい、勝つに決まってるのに~』(※3)と言う菱沼聖子に、漆原教授はこう答えるのでした。『おごってはいかん!アフリカには我々の知らない薬草や治療法があるんだ』(※3)

漆原教授のワイルドな魅力がよくわかるエピソードでした。また、アフリカの風景がリアルに描かれているところも興味深く感じたのです。アフリカンアートや野生動物、サバンナ風景に留まらず、現代に生きるアフリカ人の住居や服装なども現実に即して描かれていました。ケニア・タンザニアなど、サバンナの国に旅行したくなるエピソードです。

12巻(最終巻)・第112~113話:牧場のお手伝いに行ったハムテルたち

ハムテルとチョビ、二階堂は菱沼聖子の親兄弟や親せきが住む町へ、聖子が眠くなった場合の運転交替要員として向かいます。そこまでは札幌から車で5時間もかかるのです。聖子は入院中の叔母さんのお見舞いに行く用事があり、一緒に来てくれたお礼に自家製チーズとヨーグルトを食べさせてあげるという約束でした。ところが、聖子の叔父さんの牧場に到着してみると、叔父さんとイトコの智は乳牛の世話のやり方をめぐって口論の真っ最中。『あまやかすのとは違う。オヤジは牛をかわいがっていない。だから、牛がなつかないんだ』『オヤジは本当の牛飼いじゃない!!』(※4)。

自家製チーズとヨーグルトは食べさせてもらえたものの、居心地が悪いハムテルと二階堂なのでした。しかし、チョビは子牛にミルクを与える叔父さんに熱い視線を送り、叔父さんにミルクをもらいます。その代わり、放牧場の番犬をしろと言いつけられるのです。キツネが子牛を食い殺すこともあるという話も出ました。そして、翌朝は5時半に起きて搾乳とサイレージを手伝うように言われたハムテルと二階堂。『サイレージ…草地学で習ったような…』『サイロに草やデントコーンを詰めるやつだろ』『あれけっこう大変じゃないですか』。『考えてみりゃ、叔母さんの入院で人手がたりないんだよな、この家は』『予定の労働という気がしてきたぞ』(※4)。

その夜、牛を放牧していた場所の電気牧柵が切れていて、牛たちはぞろぞろと逃げ出します。いっしょうけんめいに番をしていたチョビはほえて知らせますが、みんなは疲れていて、だれも起きてきません。しかたなく、歩いていく牛たちについていくチョビ。翌朝、牛が1頭もいないことに驚いた一同に、通りかかったトラックの人が『おーい、おめえのとこの牛、十字街まで行ってるぞ』(※4)と知らせてくれました。駆けつけると牛の群れが車の流れをさえぎっており、ハムテルたちは歩いて牛を追いながら牧場に連れて帰ることになりました。

やれやれ一段落したかと思いきや、「ビーナス」という名の牛がいないことが判明します。父親が数の確認を怠ったことを責める智に、叔父さんは『おまえの言うとおりだ。オレもヤキがまわったよ』『ビーナスはおまえが捜してきてくれ』(※4)と言いました。しかし、智にはどこを探せば良いか見当がつかず、結局は父親の知恵を借りることになります。『十字街までの道沿いで飲み水のあるところだ』『もっていくのはロープの太いやつとスコップだ。智はトラクターで行け』(※4)。一方、チョビはビーナスと一緒にいました。ビーナスが逃亡中に出産したため、親子の牛を残して帰っても良いのかどうか迷っていたのです。そこへ、後産と子牛を狙ってキツネにカラス、猫がじりじりと寄ってきていました。

その光景を見てハムテルは冷や汗を流します。『身体はキツネよりでかいけど、チョビは本気でケンカしたことがないんだ。負けるー』(※4)。その状況を突破したのは、叔父さんの『こらあ、このやろ、あっちへ行け』(※4)という大声でした。『声の大きさーと言うよりも、牛飼いの気迫がキツネらを追い払ったのだろう』(※4)。期せずして牛飼いのキャリアを示す機会を得た叔父さん。しかし、『どうせオレは気が短いしデリカシーがないし、本当の牛飼いじゃないんだ』(※4)と、まだ息子に言われたことを根に持っています。さらに、『聖子のテンポなら牛とピッタリなのによ』(※4)と言ったため、聖子ともけんかすることになってしまったのでした。

牛の集団脱走事件により、予定していたサイレージは翌日に延期されます。その作業とは、黒いカッパを着てサイロの中に入り、上から投入する草を踏み固めるという黒魔術めいた光景なのです。内部の温度は30度を超え、聖子と同様に低体温の親戚メンバーはフラフラになっています。ハムテルたちも疲れていますが、サイレージは人手を必要とする作業のため、何軒かの家が力を合わせて順に行う習慣。翌日も翌々日も別の家でサイレージがあると当然のように言われて、げっそりとする2人です。おまけに、暑さで意識がもうろうとしていた人々のミスで、二階堂は生き埋めにされかけました。

『いいサイレージを作るためには手段は選んでいられないわ!!』(※4)と話す人々。それを聞いて人々が本当に黒魔術に手を染めていて二階堂をいけにえにしようとしたのかと思いましたが、続いて、そういう理由も語られました。25年前、少女時代の聖子が毒を盛ったために牛が病気になり、一族は夜逃げ寸前まで追い込まれたというのです。聖子としては、いろいろなものを食べさせた方が牛の栄養になると思ってしたことでしたが、一族は当時の苦労を思い出すと今でも笑えないのでした。

北海道の酪農家の生活や感情がとてもリアルに伝わってくるエピソードとして、この2話は印象に残っています。また、親族やご近所で助け合う精神が今も生きている点についても、さすがは開拓民の子孫である道産子だなと感じました。

登場人物

ハムテル

本名は西根公輝(にしねまさき)だが、友人たちが呼ぶニックネームが「ハムテル」である。祖母のタカからは「キミテル」と呼ばれている。漆原教授との運命の出会いによってチョビの飼い主となり、獣医を目指すことになった。物事に動じない老成した性格。両親はプロの音楽家でほとんど海外に行っており、大正時代に建てられた大きな屋敷に祖母のキミと住んでいる。チョビの先住ペットとして三毛猫のミケや白色レグホンのヒヨちゃんもおり、後にはスナネズミも飼うことになる。

チョビ

漆原教授がハムテルに押し付けたシベリアンハスキー犬のメス。シベリアンハスキーはシベリア原産の大型犬種で、そりをひく犬として知られている。チョビは漆原教授の友人宅の床下で生まれたが、母犬が衰弱して死んでしまったため漆原教授のもとへ持ち込まれ、漆原教授が苦労して育てていた。チョビとは「チビ」という意味。このように何のひねりもない名前になってしまったのは、小さいものはなんでも「チョビ」と呼ぶ二階堂が呼んだのが定着してしまったせいである。

漆原信

アフリカの民俗文化が大好きなH大学獣医学部教授。H大学付属家畜病院の獣医師として診察にも従事している。ハムテルと二階堂が4年生に進級する際は漆原教授の講座に入ったため、2人の指導教授にもなった。学生時代は勉強が嫌いで成績が悪かったのに、戦後のどさくさのおかげで獣医になれたという伝説を持つ。教授となった現在もわんぱく坊主の気質をそのまま残しており、自分の気分で周りを振り回しトラブルに巻き込む問題人物である。熱射病にかかった犬を冷水に漬ける、犬ののどにひっかかった異物をピンセットで取るなど、気合を必要とする治療が得意。話を聞かない飼い主とバトルを繰り広げることもある。

二階堂昭夫

親友のハムテルにつられて、なんとなくH大学獣医学部に進学してしまった。ネズミに恐怖心を持っており、ネズミを見ると気絶してしまう。いつも柄入りのシャツを着ている。家には幼い弟妹の奈緒・拓也・稔がおり、遊んでとせがまれるため、家では落ち着けないと思っている。ハムテルと一緒にいろいろなトラブルに巻き込まれる(主に漆原教授がらみ)。

菅原教授

H大学獣医学部の教授で公衆衛生学講座を担当しており、菱沼聖子の指導教官でもある。イギリス紳士を思わせる風貌とファッションをしており、動物の中でも特に馬を愛している。きちょうめんで厳格。対照的な性格の漆原教授とは学生時代からの腐れ縁で、ずっと迷惑をこうむってきた。

菱沼聖子

ハムテルたちの先輩。H大学獣医学部の博士課程・公衆衛生学講座に所属する大学院生だったが、就職がなかなか決まらなかったためオーバードクターになった。その後、丸大製薬に就職してからも大学で細菌の研究を続けており、よく獣医学部に現れる。痛覚が鈍く、盲腸炎が悪化して破裂寸前になるまで自覚症状がなかった。

西根タカ

ハムテルと同居している祖母で、ミケの飼い主。不愛想で、だれに対してもズケズケとものを言う。ハムテルに対しては放任主義。孫を「キミテル」と呼ぶ唯一の人物でもある。少女時代に飼っていた犬をめぐり、近所の個人動物病院の院長に恨みを抱いていた。ハムテルが博士課程に進級すると、自宅で二階堂と一緒に動物病院を開業させて繁盛すれば楽ができるという夢を抱く。

西根絹代

タカの娘でありハムテルの母で、オペラ歌手をしている。普段はピアニストの夫(ハムテルの父)・祥平とドイツで生活している。

ミケ

ハムテルの祖母・タカが飼っている三毛猫で、体は小さいがチョビのお姉さん格。野良猫の親子を西根家に連れてくるなど姉御肌でもある。狩り(近所の家や商店から食べ物を奪うこと)も得意。

ヒヨちゃん

西根家に君臨する白色レグホンのオンドリで、近づく者はみな蹴飛ばし、かみついて血祭りにあげるという暴君。ハムテルが小学生時代にヒヨコだったヒヨちゃんを60円で買ってきたが、当時は弱々しかったため、「特訓」を施したのが、ヒヨちゃんの凶暴性を培ったとされている。

スナネズミ

ハムテルが漆原教授からもらったネズミ。おっとりとした性質で、いつも幸せそうな顔をしている。原産地は砂漠や荒れ地など。

用語

H大学獣医学部

ハムテルや二階堂が通う大学である。実在する北海道大学獣医学部をモデルとしており、「動物のお医者さん」中でも札幌市にある総合大学の獣医学部と設定されている。校舎だけでなく、敷地内に実習用の豚・牛・馬などが飼育されているのが特徴だ。それから、講座ごとに使うことができる予算には格差がある。菱沼聖子が在籍する公衆衛生学講座では古い実験器具や機械を修理しながら使用しており、割れたピペットをくわえたせいで唇から流血することも珍しくない。一方、応用電気研究所のように最新鋭の機械をフル活用して研究を行い、美人秘書までいる講座もあるのだ。

西根家

ハムテルが祖母やチョビたちペットと暮らす家。大正時代に建てられたもので広いが、ボロボロのため、通行人に『わーっ、人が住んでいたんだわっ』(※1)と驚かれてしまう代物である。年末年始にはハムテルの両親が帰国し、家族マージャンをするのが習慣。庭には物置があるが、冬は引き戸のレールが凍結するため、中に入って戸を閉めると命に関わる場合もある。

西町家畜診療所

西根家の近所にある動物病院で、祖母タカが少女の頃から営業している。当時のタカが飼い犬のコロを連れて行ったときに院長の対応が雑だったことを、タカはいつまでも根に持っていた。漆原教授が二階堂の実習先として紹介した病院でもあるが、患畜にネズミが多かったため、二階堂はピンチに陥る。現在はタカと因縁のあった院長の孫が院長だが既に高齢であり、後継者がいないため、ハムテルたちが開業するときには機材を譲ってくれると言ってもらえた。

A山動物園

博士課程のときにハムテルと二階堂が実習に行った場所で、実在する旭川動物園をモデルにしているといわれている。A山動物園で2人は、H大学獣医学部の先輩である大田原さんが担当するゴマアザラシの赤ちゃん・デブリンのエサやりを指導された。

M山動物園

ハムテルと二階堂が春休み中に実習に行った場所である。M山動物園のモデルは、実在の動物園・札幌市丸山動物園だといわれている。また、動物の行動展示に成功した例で有名になった旭山動物園での実話も、M山動物園飼育係のキャラクターづくりに影響を及ぼしているかもしれない。『動物のお医者さん』の作中に、ハムテルと二階堂はチンパンジーやゴリラなど類人猿の世話を志願したが彼らは知能が高いだけに扱いが難しく、飼育員が担当動物を選ぶというより動物が飼育員を選ぶのだと言われたエピソードがある。それは映画『旭山動物園物語ペンギンが空をとぶ』に出てくるエピソードを連想させるものだ。

T市家畜衛生試験場

H大獣医学部の学生が夏休みに2泊3日で牧場実習をする場所。札幌から80kmほど離れた山の中にある牧場で、ヤギ数十頭とヒツジ数百頭が飼育されている。提供される食事の味がいまひとつであり、しかも量が少ない。

プルプルという名の体がひときわ大きく凶暴なヒツジがおり、油断すると後ろから頭突きをされたり、胸を前足で殴られたりする。通称『プルプルのチョキ』(※1)。学生たちは子ヒツジを抱えて走り、親ヒツジに追いつかれずにゴールできたら勝ちというゲームをして遊ぶが、プルプルの子どもに手を出してしまったハムテルは再び、『プルプルのチョキ』(※1)を食らうはめになった。しかし、その後の毛刈り実習ではプルプルの背に乗って近所を一周する。

北海道の人の合理性

先祖代々、北海道で生まれ育った人の特徴として、合理的であるとよくいわれている。『動物のお医者さん』の第2話にも、このような文章が登場するのだ。『西根の家は広いので、各自、自分の使うあたりしか掃除しないことになっている』『食事も各自食べたいときに作る。合理的』(※1)その他、北海道では結婚披露宴が会費制で開催されることも、よく知られている。ちなみに、北海道の離婚率は2019年2月20日時点で2.08%で、47都道府県ランキングでは第3位だが、ここにも合理的な精神が影響しているのかもしれない。

引用元:
(※1)白泉社文庫 佐々木倫子「動物のお医者さん」1巻(白泉社 1996年6月19日初版)(引用日 2019年3月11日)
(※2)白泉社文庫 佐々木倫子「動物のお医者さん」4巻(白泉社 1996年6月19日初版)(引用日 2019年3月11日)
(※3)白泉社文庫 佐々木倫子「動物のお医者さん」7巻(白泉社 1996年6月19日初版)(引用日 2019年3月11日)
(※3)白泉社文庫 佐々木倫子「動物のお医者さん」8巻(白泉社 1996年6月19日初版)(引用日 2019年3月11日)