漫画『進撃の巨人 Before the fall』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『進撃の巨人 Before the fall』とは

進撃の巨人 Before the fallは累計発行部数7600万部超えの人気作品「進撃の巨人」の外伝である。進撃の巨人 Before the fallは原作から70年前を舞台に描かれており、同じタイトルの小説版とは主人公が異なる。
進撃の巨人シリーズは外伝含めると全て講談社から出版されており、進撃の巨人 Before the fallも講談社出版の月刊少年シリウスで連載されている。

MEMO
『 進撃の巨人 Before the fall』はeBookJapanで1巻から最新巻である16巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月20日確認)

『進撃の巨人 Before the fall』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
壁の最果ての地、シガンシナ区で巨人が侵入するという事件が起こりました。きっかけは巨人を信仰する宗教による暴動。彼らにより壁の門は開けられ、たった1体の巨人の手により街は蹂躙されます。食べるだけ食べ、甚大な被害と食べた後の嘔吐物だけを残して去って行った巨人。この時の人類にはなす術もありませんでした。
巨人が残した嘔吐物の中に一人の妊婦がいました。巨人に食べられたにもかかわらず奇跡的に生まれた赤子。その赤子はのちに巨人の子と言われます。
そして13年の月日が流れ、舞台は壁の一番中央のエリア、ウォールシーナへ移ります。巨人の子と言われた赤子、キュクロは13歳になります。人買いの商品として過ごし、人として扱われなかったキュクロはろくに話すこともできず、まるで動物のようでした。しかし、キュクロを買った大富豪の娘シャルルから多くの事を教わり、彼女と接するうちに人間としての自我を取り戻していきます。
檻から出て巨人に会って自分が人間であることを確認したいと思うようになったキュクロは脱走を計画します。糸鋸では気づかれてしまう恐れがあったため2年かけて血や汗などで鎖を腐食する方法を続けました。
そして脱走の準備が整った時にシャルルから縁談の話を聞きます。行きたくないと泣くシャルル。そんな彼女にキュクロは一緒に逃げようと手を差し伸べます。

『進撃の巨人 Before the fall』2巻のあらすじ・見どころ

キュクロは二年かけて脱出計画の準備をしますが、計画実施当日イノセシオ家を悲劇が襲います。巨人の子を奪取しようとする巨人崇拝者達の襲撃を受け、ダリオを始めとした屋敷の者が大勢殺されてしまったのです。間一髪シャルルとシャビィを崇拝者の凶刃から救ったキュクロですが、シャビィは彼を一味と見なし右目を切り裂きます。痛手を負いながらもキュクロはシャルルを連れてウォール・シーナ内から脱出し、シガンシナ区を目指しました。シガンシナ区では折しも十五年ぶりに調査兵団が復活し壁外遠征が再開されようとしていました。巨人に会うことで自らを人間だと確かめたいキュクロはシャルルを残し調査兵団の幌馬車に潜り込んで遠征に密航します。彼の望みどおり調査兵団は巨人と遭遇しますが、目の当たりにした巨人はキュクロの想像を絶する怪物でした。ウォール・マリアを目指して退却する調査兵団の最後尾を走る幌馬車は瞬く間に破壊され、キュクロの御者を務めていた兵士は巨人の手に捕らわれてしまいます。

『進撃の巨人 Before the fall』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

キュクロ

巨人の嘔吐物の中にあった妊婦から生まれた少年。その誕生方法から巨人の子と言われる。父は調査兵団のヒース班長。母はエレナ。
13年間、人としての扱いを受けなかったので言葉を話すことができなかったが、シャルルにより人としての自我を取り戻す。自分は巨人の子であると思っていたが、シャルルの言葉をきっかけに人間であると強く思うようになった。そして巨人に会って自分は巨人ではないことを確認する為に脱走を試みる。

シャルル・イノセンシオ

キュクロを買った大富豪ダリオ・イノセンシオの娘。壁の上で生の巨人を見て以来、巨人に強い恐怖を抱くようになる。同じように巨人の子であるキュクロに恐怖を抱き、最初は殺そうとした。しかし、会ってみると人間にしか見えない彼に次第に恐怖心がなくなる。キュクロは人間であると最初に言った少女で、キュクロが人間としての自我を取り戻すきっかけにもなった。
読書家であり、外の世界を知るために書物を漁るほど外の世界に興味がある。

ダリオ・イノセンシオ

キュクロを買ったウォールシーナ在住の大富豪。シャルルとシャビィの父。シャビィを兵団のトップにすることを強く望んでおり、そのための投資として人買いからキュクロを買った。息子の為なら金も惜しまない。

シャビィ・イノセンシオ

ダリオ・イノセンシオの息子。わがままで自尊心が強い典型的なお坊ちゃん。巨人の子であるキュクロを屈服し続けた自信が強い指導力へと変わりつつある。キュクロが脱走をする時に訓練兵になることが決まる。

2巻

ホルヘ

調査兵団の元隊長。十五年前、休止命令を無視して無断で遠征した責任をとり隊長職を退りぞいた。その後、調査兵団は解散状態となり遠征活動はしばらく行なわれなくなった。

カルロ・ピケール

調査兵団の隊長。父である英雄ホルヘと共に、十五年前の遠征に調査兵として参加していた。当時の同期は全て死んでしまっているため数少ない遠征経験者。巨人の吐瀉物である遺体から生まれたキュクロの生誕を目の前で見ている。

『進撃の巨人 Before the fall』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

巨人

人類を捕食する人類の敵。生態はほとんど謎に包まれており、いつの間にかあらわれて瞬く間に人類の生存圏を奪っていった。
消化機能がほとんどないため、捕食した人間を嘔吐物として吐き出す。その嘔吐物はほとんどが原型を留めており、あまり消化されていないことからなぜ人間を捕食するのか不明である。

人類の生存圏。巨人から身を守るように円状の形をしている。3重の壁の中央からウォールシーナ、ウォールローゼ、ウォールマリアと3つに分かれている。ウォールシーナが最も安全なエリアで主に王族や貴族が住んでいる。シャルルが住んでいるのもウォールシーナである。

シガンシナ区

ウォールマリアにある最果ての街。一番外側の壁であるウォールマリアの南側の突出した区域にあたる。巨人は南から来ると言われており、シガンシナ区は最前線であり、門が開いたり壊された場合、巨人がすぐさま侵入してくるので最も危ないエリアでもある。
巨人侵入事件のあった街で、キュクロが生まれたのもここである。

2巻

調査兵団

壁の中で暮らしている人が結成した、壁外遠征を目的とした兵団。十五年前の惨劇が原因で解散状態だったが遠征をすべきだという世論が拡大し再結成された。十五年前はホルヘが隊長を務め、現在はその息子のカルロ・ピケールが隊長に就任している。隊員は厳しい訓練を重ねてきた精鋭だが、実践が初めての新兵ばかりで経験が浅く、初めて巨人を目の前にした時は統制がとれなくなっていた。

イノセンシオ家

巨人の子と噂されているキュクロを買ったダリオ・イノセンシオが当主を務める家系。巨人を崇拝する異端者達の手によって襲撃され、ダリオ・イノセンシオは死亡、シャルル・イノセンシオを失踪と一家離散状態になる。

バウマイスター家

保守派の急先鋒と言われている政治家ブルーノ・バイマイスターが当主を務める家系。跡取り息子とシャルル・イノセンシオを政略結婚させるために縁談を進めていたが今は失脚し鳴りを潜めている。

巨人崇拝者

イノセンシオ家を襲撃した者、人類の敵である巨人を崇拝するという異端な思考を持っている。巨人の子供と言われているキュクロを祭り上げるためにイノセンシオ家から奪還を試みる。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。