漫画『クロックワーク・プラネット』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『クロックワーク・プラネット』とは

「クロックワーク・プラネット」は、講談社の月間シリウスに掲載されている漫画で、その第1巻はKCシリウスからコミック化されて発売されている。原作は、榎宮祐と暇奈椿という二人の著者によるライトノベルである。

MEMO
『 クロックワーク・プラネット』はeBookJapanで1巻から最新巻である10巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2019年2月20日確認)

『クロックワーク・プラネット』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

クロックワーク・プラネットの舞台は、今をさかのぼること1000年前の地球です。ある日、突然地球の寿命が発表されることとなり、その通り100年後には死の星となってしまいました。しかしながら、そのような状況にあっても人類は生きながらえていたのです。その理由は、滅亡の時を迎える前に人々を歯車を使って再現するという画期的な技術が作り出されていたためだったのですが、それが故に変化を起こすことができなくなってしまい、延々と同じ歴史を繰り返すことになるのです。そのような中、本作の主人公である見浦ナオトが家で入浴中に、突然空から自動人形が降ってくるというアクシデントが発生します。ナオトによって修理された人形は、自らをリューズと名乗り、ナオトをマスターと認識して仕えるようになるのでした。

『クロックワーク・プラネット』2巻のあらすじ・見どころ

活動を停止していた地球に一人の天才時計技師が降り立ち、たった一人で無量大数もの歯車を使い、地球を復活させました。本作は彼が地球を復活させてから1000年たった日本が舞台となっています。糺ノ森高校に通う見浦ナオトは機械いじりが大好きな変わり者で、授業中も一心不乱に機械いじりを続けます。そのため教師からの評判も悪く、友達もいないためいじめの絶好の対象とされていました。そんな彼の生きがいはやはり機械いじり。オートマタと呼ばれる人形の機械人形を3年かけて作り上げ、もう少しで完成という所まで来ていたのです。機械いじりの前にまずはひとっ風呂浴びようと湯船に浸かるナオトですが、その時、何かがぶつかったような轟音が鳴り響きます。慌てて浴室から出るナオトが目にしたものは、半壊した自宅と、大きな長方形の鉄箱。恐る恐る中を覗いてみると、そこには少女の形をしたオートマタが眠っているのですが…。

『クロックワーク・プラネット』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

見浦ナオト

見浦ナオトは、この作品の主人公である。いわゆる機械オタクであり、突然空から降ってきた自動人形であるリューズの故障を一目見るなり、たちまち直してしまうほどの腕の持ち主である。もっとも、機械以外には全く関心を示さず、そのため女性関係も希薄で、学校でもいじめられるなど周囲からは浮いた存在であった。特殊な能力である異常聴覚を有しており、はるか遠くの物音などを聞き取ることができるのだが、そのために余計な音まで聞き取ってしまうことから普段はヘッドホンをしていることが多い。

リューズ

リューズは、この作品のヒロインである。時計人形であるため、正確には人間ではない。200年ほど前に故障し長らく眠りについていたのであるが、あるひひょんなことから主人公である見浦ナオトの家に落下したことをきっかけに、時計マニアであるナオトによって修理されることとなる。再起動者であるナオトのことをマスターとして認識し、以後は忠実に仕えることとなるが、生来が毒舌である故にナオトに対してもたびたび暴言を浴びせかけている。デュアル・タイムという能力を発動することで、高速で移動することが可能になり、それによって対峙する相手を一瞬で倒すことが可能である。

2巻

Y

瀕死の地球を歯車のみで復活させた天才時計技師。その技術力は非常に高く、「Initial-Yシリーズ」という高性能オートマタも彼の作品で、リューズはその壱号機である。

『クロックワーク・プラネット』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

クロックワーク・プラネット

作品名にもなっているクロックワーク・プラネットは、滅亡した後の地球である。正確には、滅亡後にYという一人の人間によって、あらゆるものが歯車によって制御されるように作り直された世界であり、歯車が組み込まれていない生身の人間は生存することすらできない環境である。

区画・京都

区画・京都は、主人公である見浦ナオトたちが暮らしている都市であり、もともとは日本を代表する観光地であった。そのため、クロックワーク・プラネットとなった後も、かつての観光スポットはそのままの形で残されている。

シリンダ・トレイン

円筒鉄道ともいい、隣接する都市の間をつないでいる鉄道である。1日の本数がそれほど多くなく、かつ一度に大量の物資や人を輸送するのが特徴であり、列車が到着すると駅は大混雑に陥ることが恒例となっている。

リング・レイル

環状鉄道とも言われ、都市を一周することができるようになっていることから、シリンダ・トレインと並ぶクロックワーク・プラネットにおける重要な移動手段である。

2巻

時計仕掛けの惑星

Yの手によって再構築された世界を指す。無量大数もの歯車を使い、地球を時計じかけの惑星として復活させたが、その設計図はもう残っていない。

パージ

区画ごとに分類された都市を意図的に分離することを指す。地球全体を構成する歯車は、都市単位で分離しても、その機能を他の歯車が補うように設計されているが、その関連性は非常に複雑であるため、1つの歯車の故障が、数千キロに渡って影響することもある。そのため、惑星全体の崩壊を防ぐ目的で行われる。パージを行うには政府・国際機関・周辺諸国の採択が必要となる。

区画

土地を分類しているひとまとまりの歯車を指し、日本の場合は都道府県単位で区画が分割されている。区画ごとの移動は非常に困難であるため、一生を1つの区画のみで過ごす人も少なくない。また、東京都に関してのみ、多重区画領域と呼ばれる1つの都市に複数の区画を有する構造となっている。

時計技師

歯車で構成される世界であるため、多くの人が目指す職種。時計仕掛けの惑星には2億人以上の時計技師が存在するとされ、3級、2級、1級といった等級により管理されている。すべての時計技師は3級のレアリングと呼ばれる階級からスタートし、2級のゲゼル、1級のマイスターと昇級していくが、1級のマイスターになるためには類稀なる才能と経験が必要なため、マイスターの称号を有している時計技師は世界でも一握りである。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。