漫画『旧約Marchen』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『旧約Marchen』とは

旧約Marchenは、講談社から発行している月刊少年シリウスで連載開始。作者はソガシイナ、漫画のジャンルはファンタジー。グリム童話の中に秘められた恨みの衝動を駆り立てる屍揮者メルヒェンが復讐に手を貸す。

MEMO
『 旧約Marchen』はeBookJapanで1巻から最新巻である2巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年11月5日確認)

『旧約Marchen』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

昔々ある森に一人の少年がいました。彼には仲の良い友達がいましたが二人は離れ離れにならなければいけませんでした。絶対に迎えに来るという約束をして友達に別れを告げた少年は、帰り道である男達の手によって井戸に落とされ一人寂しく死んでしまいます。死んだはずの少年は井戸の中で意識を取り戻しエリーゼという女性と友達になります。死んだ時に記憶も亡くした少年はメルヒェンという自分の名前を教えてもらい、本を渡されます。その本は死んだ人々の悲しい人生と物語の本でした。井戸の底には悲運の死を遂げた哀れな魂が彷徨っています。メルヒェンは悲しい結末を迎え恨みを持つ哀れな魂の復讐に手を貸す事を決意し、薄暗い井戸の底から抜け出します。

『旧約Marchen』2巻のあらすじ・見どころ

硝子の柩で眠る姫君の章では自分の美貌が一番大切な継母に雪白姫は何度も殺されそうになり、森の奥にある小人が住む家に逃げ込みますが結局命を落とすことになります。
花嫁を探す王子様は森の奥で硝子の柩で眠る雪白姫の死体を見つけ、それを持ち帰ろうとした時に雪白姫は生き返ります。
王子様を虜にした雪白姫は婚礼で王妃に焼けた靴を履かせて復讐を果たします。

生と死を別つ境界の古井戸の章では意地悪な継母に毎日仕事を押し付けられるセイレーネはある日ミスをしてしまい、井戸に飛び込むことになります。
死んだはずが不思議な世界に迷い込み、そこで出会ったホレおばさんの下で勤勉に働いたセイレーネですが家に帰ることを願い、黄金まみれで家に帰ります。
それを見た義妹も井戸に飛び込みますが、怠惰な義妹はセイレーネと違って黄金ではなく瀝青塗れで帰ることになります。

薔薇の塔で眠る姫君の章では姫の誕生を祝う宴に呼ばれなかったアルテローゼは姫に呪いをかけるも、他の賢女に邪魔されます。そのため死ぬのではなく眠ることになった姫は後に王子様の接吻で目覚め、王子様と結婚します。
気高き王女に呪いをかけたとしてアルテローゼは捕らえられ、アルテローゼは姫に新たな呪いをかけます。
呪いによって自分と同じように美しい娘を産んだ姫は娘を森に捨てます。アルテローゼに拾われた娘はラフレンツェと名付けられ、最後の黄泉の番人になったところで次巻へと続きます。

『旧約Marchen』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

メルヒェン

無残にも井戸に落とされて命を落とした少年。自分の人生の幕引きを変えたいと願った気持ちに、井戸の底で眠っていた本が呼応して、無残に死んでいった魂達の復讐を手伝う屍揮者となる。

エリーゼ

メルヒェンが井戸の底で死んだ事によってできた新しい友達。命だけではなく記憶すらも無くしてしまったメルヒェンに本を渡し、これから行なっていく事を伝えた。

ギフト

幼い頃、深い森の奥に母と二人で住んでいた。物心ついた時には既に父の消息は不明で、敬虔な母の横で毎日祭壇の十字架を前にして祈りを捧げる生活をしている。森に住んでいるというだけで近隣の住人にはイジメを受けている。ある日、大きな街に母と出かけた際に捨てられ街にある修道院に拾われる。修道院で生活し成長するも、他教徒の一掃活動により修道院を壊され居場所を無くしてしまう。住む場所を無くした事をきっかけに昔住んでいた森の奥にある生家を探し母と再会するが、母はギフトを娘だと認識できなかった。

ランダ

田舎の貧しい村に生まれ、いつも腹を空かしながら父と一緒に農作業をしていた。領主に対し不満を持っていた父や農奴は、領主に反旗を翻し領主に立ち向かうが返り討ちに合い斬首刑で命を落とし、残ったランダは奴隷として黒狐亭という宿に売られる。

王妃様

美しいものが愛されるという信念から、自分を美しく磨くのに夢中。
雪白姫の美しさを妬んでしまい雪白姫を殺害してしまう。

2巻

雪白姫

美しい姿を持つことから王妃である継母に疎まれている姫。
王妃の謀略によって何度も殺されそうになるものの、その度に奇跡的に復活し続ける。
王妃に愛されたかったがために一度毒林檎によって命を落とすが、後に復活して王妃に復讐を果たす。

王子様

花嫁を探して旅をするが森の奥で見つけた雪白姫の死体に一目惚れしてしまい、後に生き返った雪白姫と結婚することになる。

セイレーネ

航海士だった亡き父の言いつけを守り、継母に疎まれつつも毎日明るく生きる少女。
井戸の中でホレおばさんと出会い勤勉に働くことになるものの、やはり家に帰ることを希望して黄金塗れで帰郷することに。

ホレおばさん

井戸の中の世界でセイレーネとその義妹が出会った魔法使い。
勤勉に働いてくれたセイレーネを黄金塗れで帰し、逆に怠惰で働かなかった義妹は瀝青塗れにして帰すことに。

アルテローゼ

生と死を別つ冥府の賢女。
13人目の賢女であり宴に招かれなかったことにより生まれたばかりの姫に呪いをかける。
呪いは他の賢女に邪魔されてしまい姫は死ぬのではなく眠ることに。
野ばら姫によって捨てられた娘を拾って育てる。

野ばら姫

世界で誰よりも愛されるお姫様。
生まれたばかりの時にアルテローゼによって呪いをかけられ、15歳で城ごと野ばらに抱かれて眠りにつくことに。後に王子様の接吻によって目覚め、アルテローゼによって再び呪いをかけられる。
その結果、自分が愛されないことを恐れて娘を森に捨てることに。

ラフレンツェ

野ばら姫が自分が愛されないことを恐れて森に捨てた娘。
アルテローゼによって拾われた後に最後の黄泉の番人になる。

『旧約Marchen』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

黒狐亭

奴隷のランダを買い取った女将が夜な夜な暗躍している宿。食事処として温い麦酒とレバーコッヒェンを提供している。レバーコッヒェンに使用されている肝臓は自由や平等を掲げて死んでいった農奴の死体から摘出したもの。やがて死体のストックが底をつきレバーコッヒェンは提供できなくなってしまう。

逆十字

ギフトの居る修道院を襲ってきた他教徒が掲げている、ラテン十字を天地逆にした形状のもの。ギフトが森の奥の生家で母と再会した際に、母は周囲の村人に無理やり改宗させられ逆十字を祭壇に祭っていた。

童話・ヘンゼルとグレーテル

作中に登場するヘンゼルとグレーテルのモチーフになっている。作中で魔女はヘンゼルとグレーテルに対して善意しかないが、同じ結末を迎える。

斬首刑

ランダの父や農奴が領主に敗れ、今後同様の行為を繰り返す者が出ないように恐怖心を広く行き渡らせる為に処された刑罰。

レープクーヒェン

ギフトの母が森に迷い込み訪れたヘンゼルとグレーテルに持て成した焼き菓子。ギフトの母は娘に腹一杯食べさせるのが夢だった。

2巻

人々の悲しい人生と物語を求める一冊の本。哀しいだけの結末となんの救いもない物語が記されている。
この本から出現した指揮棒によってメルヒェンは哀れな魂たちの復習に手を貸す。
屍人達に唄わせそこに屍揮者であるメルヒェンが手を加えて復讐劇に仕立てることで物語を書き綴っている。
しかし、中にはすでに別の物語があるページもあるなどメルヒェンにもわからないことが多い不思議な本。
一度死んだはずのメルヒェンと契約をして屍揮者にしたのもこの本による力。

屍揮者

人に貶められ無残に死んでいった魂達の復讐を手伝うのを存在意義としている。
メルヒェンがこの屍揮者になって本より出現した指揮棒を振るうことで復讐劇は始まることになる。

衝動

人に貶められ無残に死んでいった魂達が復讐劇を起こす原因となった恨み。
作中では物語によってこの恨みは異なっており、嫉妬・怠惰・傲慢などそれぞれキリスト教の7つの大罪に当てはめられている。

賢女

国中に散らばる神通力を持つ女性。
王は姫誕生の祝いに黄金の皿が一枚足りないとして、人々から忌み嫌われていたアルテローゼを除く12人目までの賢女を招くことにした。

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。