漫画『ミル』の感想・無料試し読み

漫画を読むなら無料トライアルや試し読みサービスの利用がお勧め!
 
↓↓今ならU-NEXTで31日間無料トライアル実施中!↓↓
 
注意
ZIPやRARファイルの利用は、悪質なウィルスへの感染リスクが大きく、懲役や罰金に処せられる可能性もあるためあまりお勧めできません。 ※文化庁は静止画ダウンロードも違法行為の対象とする方針のためご注意を。

『ミル』とは

ミルとは、『月刊!スピリッツ』(小学館)にて、2009年10月号から2013年9月号にかけて連載された『手原和憲』による、ちょっと奇妙な、
ほんわかラブコメだ。今回はその第一巻を紹介する。どのように奇妙なのかと言えば…次のあらすじを読むと分かることである。

MEMO
『 ミル』はeBookJapanで1巻から最新巻である6巻までの全巻を無料で試し読みできます。(2018年11月28日確認)

『ミル』1巻のあらすじ・見どころ

ネタバレにご注意ください
あらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。
都会で一人暮らしをしている平凡な大学生、副島 アキの元に、ある日一人の(見た目は)女子高生が突然押し掛ける。
その少女の正体とは、なんと「化け猫」。アキが実家(佐賀県)で飼っていた、「ミル」というネコであったのです。
突如始まった主人公のアキとヒロインのミルの奇妙な共同生活が、コメディタッチに、時折しんみり、描かれています。
二人(一人と一匹)は本当の「飼い主」と「飼い猫」という関係を隠しつつ、ミルはアキの妹として仲良く暮らしながら、
時には誤解や衝突をしながら、正体がバレないかとヒヤヒヤしながらも、彼らの周囲の優しい人物とも関係を紡ぎつつ、
あたたかい時間の流れるハートフルストーリーなのです。ファンタジーな設定も世界観に溶け込み、読者に優しい時間を
届けてくれる、ネコ好きには特にお薦めしたい物語です。

『ミル』2巻のあらすじ・見どころ

都会で一人暮らしをする副島アキの部屋に突如押しかけでやってきたミルという名の女子高生。見た目は若い女の子ながらその実態は化け猫で、実家で副島家に飼われていたがアキを追いかけて上京してきました。アキとは色々有りながらもパートをしたり料理をしたりとアキの大学生活を優しくサポートしてくれています。そんなアキの大学では大学祭をやっており、アキが所属している猫好きサークルでは、最近見かけなくなった名物猫の「鼻ピンク」を探す捜索イベントをやることに。しかしその「鼻ピンク」は実は化け猫になっており、人の姿で人間社会に馴染もうとしている最中なのでした。鼻ピンクは自分の化け猫としての境遇は人に知られるべきではなく、人として生きていく決意を決めています。そのためアキから「サークルの人たちに無事なネコ姿を見せて欲しい」と頼まれても断ります。結局サークルの捜索イベント中も鼻ピンクは現れませんでしたが、最後に特に鼻ピンクを探し続けていた中澤ハルオミの前に人としての姿で現れて「鼻ピンクは元気にしている」と告げて去っていきます。それを聞いてまた再会できる事を思い安心するハルオミ。その一方でアキとミルも二人きりで花火を見つつ絆を深めるのでした。

『ミル』の登場人物

ネタバレにご注意ください
登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

副島 アキ

本作の主人公であり、東京で一人暮らしをする佐賀県出身の大学生。坊主頭で眼鏡で彼女なしの、ちょっと生活に寂しさを感じる男子。
急に眼の前に現れたミルに戸惑いながらも、漫画のような出来事を信じる寛容さを持つ。腐れ縁の友人、中澤 ハルオミと特に仲が良い。
本人は覚えていないが、ミルが彼の飼い猫になった(なりたがった)ことは、少年時代のアキの発言がキッカケとなっている。
最初は不安に感じていた共同生活も、段々と慣れていきながら、彼はミルの上京してきた理由、秘めた思いを知ることになる。

『ウソだと言ってェエエエ』
『よォし分かった、テメーは確かにミルだァ!!』
『どうなるんだろうな…俺たち。』

ミル

本作のヒロインであり、人間の姿に化けることのできる「化け猫」。普段は人間で言うところの16歳の女子高生の姿形に化けている。
実際は86歳のお婆さんネコであるため、趣味はことごとくお婆さんの価値観を持つ。大正生まれ、作る料理は何かと「黒系」になる。
しかし少女漫画を好むという「少女らしい」といえる一面も持ち合わせ、アキはそのギャップに「バァさん」なの?「女子高生」なの?
どちらで扱ったら良いのかと悩むこともある。アキを追いかけてきた理由としては、最初は実家の隣に引っ越してきた人物が猫嫌いな為、
住めなくなったというものであったが、どうやら彼女には別の本心がある模様である。
人間と猫への「変身」は自由自在。ただし人前での変化はご法度なため、アキはいつもヒヤヒヤしっぱなしだ。

『あ、アキちゃん。久しぶりね!!』
『いやいや、人生は往々にしてベタなもんよ。そんなわけで私はいわゆる化けネコで…』
『アキちゃんならきっと…受け止めてくれると思うたからばい。』

2巻

中澤ハルオミ

副島アキの大学の友人。カンの鋭い人物で早い内からミルに普通とは違う何かを感じ取って試すような事をしていた。しかし好奇心よりも友情や人情を大切としており、ある程度察してからは余計な詮索や意地悪はせず遠回しにアキのことを励ます言葉を投げかけた。鼻ピンクには人一倍思い入れがあり、大学祭中はずっと捜索し続けていたがサークルの捜索イベントでは結局見つからず仕舞いだった。この際手伝ってくれたアキとミルへ埋め合わせとして締まりかけの屋台に片っ端から声をかけて、屋台を回る余裕のなかった二人に渡すようにと支払いと手回しをした。またそののちに桃野花から鼻ピンクの無事を告げられており、そのことに安堵する。

桃野花

生協で働く女の子。その正体は15歳で化け猫になった黒猫で、大学の名物ネコだった「鼻ピンク」。ただの猫だった頃から人の言葉を理解しており、その聡明な性格ゆえか化け猫になった後は「ずっと同じ姿で生き続ける猫は気味悪がられる」として、猫の姿では人前に現れない決意をしていた。ハルオミに「鼻ピンクは元気にしている」と伝えたことから鼻ピンクの飼い主として認識されており、これ移行は飼い主として猫好きサークルに顔をだすようになる。なお猫の姿の時は図書館で本を読んだり寝泊まりをしており、本から得た知識で食べられる野草などに詳しくなっており、高いサバイバル能力を持つ。

部長

猫好きサークル「中鋒大学キャットサークル」の部長。金髪オールバックで眉毛が無いと恐ろしい風貌をしているせいか猫に嫌われているがそれでも猫が好きという信念が曲がらない。鼻ピンク捜索では服がズタズタになって片袖が破けるほどにあちこちを探している。

『ミル』の世界

ネタバレにご注意ください
用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

1巻

化けネコ

この漫画のヒロインの正体である。そんな彼女が主人公の元を訪れることから物語は始まる。
化けネコであることを、彼女自身が気にする場面は多々あるようで…

『化けネコってもんはヒトに化けられるようになった時の年齢で見た目が決まるらしいんよ。
私は16の時、化けネコになったけん、ずっとこの姿で……』

惣菜屋 もりの

ミルのアルバイト先の近所の惣菜屋。おかみが一人で経営している。おかみはミルのことは「怪しい」と思いつつ、
客に(特に老人層に)好かれる姿を見て喜びながらも、やはり胡散臭いと考えている様子。
面倒には巻き込まれたくないと彼女を辞めさせようと画策するが…

少女マンガ

ミルの(女子高生的な)趣味の一つである。コンビニで購入するのはいつもコレ。

『なんとも………刺激的ばい。』
『あの雑誌…小中学生向けじゃないの?』
『そうたい…何かおかしかと?』

アンリ

ミルの以前の飼い主である。アキはこの飼い主の次の主人なのである。
ミルがアキに懐いているのは彼女が理由…?

『さあやるわよ!!』
『そこには、あなたがいればいいわよね。』
『でもあなた以外に、泣いてる所なんて………』

2巻

てるてるねこ

アキの大学が行う学園祭の日に晴れることを祈ってミルが作ったてるてる坊主の猫版。耳が取り付け立ったりひげが描いてあったりと猫らしい意匠が凝らしてある。のちにおかみさんが作った物は目つきが悪く耳が鬼の角のようになっていたり、アキが作ったものは眼鏡をかけていたりと作った人間の個性を受け継いだ特徴を備えている。

中鋒大学キャットサークル

略してCCC。猫好きが集まった猫を愛でるためのサークル。アキは実家でミルを飼っていた実績からアキオミに引きずりこまれて所属することになる。大学構内の猫の情報収集を主な活動としており、日夜猫たちの写真を撮ったりじゃれ付いたり猫グッズの自慢をしあったりしている。

下着

本来当たり前のように身につける物だが、ミルやハナなどの化け猫は必要性をあまり感じておらず、アキから着けるように言われるまでは率先して身につけることがなかった。曰く「外から見えないからあってもなくても良い」とのこと。

ばあちゃんの味のおにぎり

ミルが働いている「惣菜屋もりの」が、アキの学園祭に出店した際に売っていたおにぎり。非常に評判が良く、売り切れるたびにダッシュで店の在庫を取りに戻っていた。

スーパーウーパールーパー

後夜祭にゲスト出演するバンド。ウーパールーパーをもしたぬいぐるみを顔にかぶっており、見た目はマヌケだがなぜか熱狂的なファンが多く、このバンドのライブチケットを景品にした鼻ピンク捜索イベントは驚異的な人数を動員して行われる事となった。

『ミル』の感想・評価

ネタバレにご注意ください
感想・評価にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。

とても良い

ネコ好きな人には、ぜひとも読んで欲しいような、切なくなるから、読ませちゃいけないような…もっと広くみんなに読まれて欲しい。
名無しさん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
ウルっと来るところが時々あります、全体にはほんわかする話が多くて好きです。私もミルちゃんを飼いたい。
にゃんこんぶさん(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)
こんな風にペットが人間の姿になったらどんな感じかと想像してしまいました。すごく好きです。
とらさん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
想像していた以上に良い作品で、かなりおすすめです。
モップさん(40代/男性/個人事業主/独身)
購入しました。私も猫を飼っていてミルみたいになってくれたらいいなと思って読んでいました。ペット飼っている人は共感できるとこが多いですよ。楽しく読めますよ。
りんさん(30代/男性/正社員/独身)

良い

以前飼っていた猫が女子高生に化けて主人公の大学生の元に押しかけるという奇想天外な話ですが、以降の話の展開は至極まとも。主人公と化け猫女子高生との周囲の人達との交流などペーソスに富んでいて楽しめました。
Bouchanさん(70代/男性/パート・アルバイト/独身)
化け猫との奇妙な同居生活というありがちな設定だが、ほのぼのしていてほっこりした。意外とはまります。
ななみさん(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
飼っていた猫が少女の姿に変身して目の前に訪れたというファンタジーな設定が、とてもよかったです。安心してほのぼのと読むことができるマンガだと思います。
マガラブさん(30代/女性/パート・アルバイト/独身)
ミルが頼れるのはアキちゃんしかいないという一途さがうらやましくて、見てて心が洗われるストーリーでした。
ことりさん(20代/男性/学生/独身)
彼女のいないアキと化け猫ミルの同棲生活という奇妙な設定ですが、ネコ界の総大将マツの出現やミルの失踪など猫と飼い主が故の心温まる感情の通い合いがあって、なかなか感動しました。
マンガロマンさん(40代/男性/正社員/既婚)

普通

ストーリー的には面白かったです。個人的には絵がもう少し綺麗だったらよかったんですけど。
あーとさん(20代/男性/正社員/独身)
動物が好きなので、惹かれて読んでみました。ストーリーとしてはありがちな展開から始まるのですが、ごちゃごちゃしている感じが、ちょっと。でも、作者の素直さがなんとなく表れている不思議な漫画でした。うーん。展開がもう少しありきたりな始まりでなければ面白いのと、少し、読みにくい、ごちゃごちゃ感が残念でしたが、そこそこ面白かったです。
kumakuamさん(40代/女性/正社員/独身)
実家で暮らしていた猫が女子高生の姿で現れて、ちっぴり不思議な物語です。
名無しさん(40代/女性/正社員/既婚)
嫌いなテーマではありません。むしろ好きです。だけど、もうちょっとインパクトが強いといいな。
ミサトさん(50代/女性/個人事業主/既婚)
設定が面白かったので気になり読みました。飼い猫が化け猫で、見た目は人間のJKで中身はお年よりって…すごい詰め込んでるなぁって思ったのに、異種設定なのにわりとサクサク読めたのが良かったです。
若菜さん(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

悪い

猫が女子高生になるという設定に共感できませんでした。
メイコさん(40代/男性/正社員/独身)
奇妙すぎてストーリーが分かりにくいでした
ぱんちさん(30代/男性/正社員/既婚)
猫が人間の女の子に化け、主人公の男の子とドタバタを繰り広げます。設定としてはありきたりで目新しいものはありません。尚且つ女の子が可愛く描けていないと、長所を探すのが難しくなってしまいます。
森田さん(30代/男性/個人事業主/独身)
【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年11月09日~2018年11月19日
■有効回答数:100サンプル

ZIP・RAR・漫画村をおすすめしない理由

違法サイトに注意!
動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。